トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ブライアン・エイノー

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ブライアン・エイノー

  • [キャラ]

 データ

パーソナルデータ
所属連邦軍→ニューディサイズ
階級中将
異名猛将
ハゲタカ提督
主な搭乗機ブル・ラン(艦隊司令)
誕生年UC0022
家族構成妻:不明
息子:一年戦争時に戦死
製作データ
登場世界宇宙世紀
声優大林隆之介

 解説

 一年戦争に参戦した歴戦の士官。それだけに,猛将とも呼ばれる人材。
 また,味方将兵たちからは,その容貌と行動に親しみを込めて爛魯殴織提督瓩箸いΕ縫奪ネームで呼ばれていた。
 一年戦争後は,地球連邦軍高等士官学校の校長に任じられ,実戦部隊を退いていたのだが,連邦政府の思惑から,ニューディサイズの反乱事件に際して再び実戦部隊の司令官として任ぜられた。
 実のところ,人望はあるものの政府には「思い通りにならない司令官」として,あまり評判は良くない人物であったが,連邦軍内部の事情から,討伐艦隊として編成された,地球本星艦隊X分遣艦隊の抜擢された。これは,ペズン制圧において,連邦軍内部には,教導団を穏便に投降させようとする意見も根強く,将兵からの人望の厚いエイノーを司令官に据えることで最後まで交渉を試みようと判断したという事情があった。
 だが,提督は彼自身の主義として地球至上主義を掲げており,既にこの編成時には,ニューディサイズに協力することを心の中で決めていたと見られる。

 こうして,討伐艦隊として出撃したX分遣艦隊は,出撃後旗艦ブル・ランから行われたエイノー提督の演説により,連邦政府に反旗を翻すこととなった。

 その後,ニューディサイズとともにエアーズ攻防戦,ペンタ制圧戦を戦い抜くが,ペンタで討伐艦隊に投降する。

 登場作品

/公式・準公式作品/

GUNDAM SENTINEL

/非公式作品/

 関連キャラ


 関連項目

 編集者


[キャラクタ・ふ]
[キャラクタ・SENTINEL]


最終更新時間:2011年01月01日 14時26分44秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注