トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

機動新世紀ガンダムX

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。

機動新世紀ガンダムX

  • [TVアニメ]

 データ

作品データ
放映期間1996/04/05〜1996/12/28,全39話
放映系列テレビ朝日系列
放映時間金曜 17:00〜17:30(〜26話まで),土曜06:00〜06:30
VIDEO発売日//(全10巻)
価格
LD発売日//(全10巻)
価格
DVD発売日2005/01//(全10巻)
価格各込6300円
DVD-BOX発売日2005/01/--
価格63000円
発売元バンダイビジュアル
CD発売日1996//(SIDE 1)・1996//(SIDE 2)・1997//(SIDE 3)
1999//(SIDE 1/再販)・1999//(SIDE 2/再販)・1999//(SIDE 3/再販)
価格
発売元キングレコード(スターチャイルド)

 概要

「ぼくらは,ニュータイプという幻想でつながった世代なのだから…」

1996年放映のTVシリーズ。
女性人気のでた新機動戦記ガンダムWの後番組として放映された作品であるが,その方向性としてはガンダムWとは全く異なっているといえる作品である。

Gガンダムの未来世紀,ガンダムWのアフター・コロニーに続く新たな宇宙歴「アフター・ウォー」(以下,AW)を設定し,劇中の年号はAW15としている。
このAW15は,作中ではニュータイプ同士による決着により地球,コロニーとも大規模な被害を被った第7次宇宙戦争から15年後を意味しているが,企画意図としては,1981年に劇場版機動戦士ガンダムの公開に合わせて行われた「アニメ新世紀宣言」から15年後の放映という点も意図されている。(※)
「機動戦士ガンダム」は,その続編展開により,様々な派生作品を生み出していったが,作品そのものというよりもその世界観の複雑化から袋小路に陥っており,既に1993年放映の機動戦士Vガンダムでは,シリーズそのものの存続の危機にまで陥っていた。しかし,翌1994年放映の機動武闘伝Gガンダムでは,思い切った世界観の刷新(それまで行われてきた,宇宙世紀の時間軸を先に進めるという形の刷新ではなく,全く異なった作品世界を構築するという方法が採られた)により,再び新たなファンの獲得によってシリーズの存続がなされたのである。

本作は,諸事情よりガンダムWの後半部の監督を引き継いだ高松信司氏が監督となり,企画作業を行ったのだが,氏は当時サンライズが制作していたアニメシリーズ,黄金勇者ゴルドランの監督も行っており,非常に時間的余裕のない状態で立ち上がっている。
しかし,ガンダムWの問題点をばっさり切り捨てた上,高松氏のガンダムシリーズに対する考え方が強く投入されたことと,シリーズ構成を担当した川崎ヒロユキ氏が脚本も全て担当したことから,非常に統一感のある作品世界となっている。

キャラクタの描写などが細かくなったが,その反面ストーリー展開などがゆったりとした物となり,なおかつ派手なMS戦などの描写がどちらかといえば抑えられたため,(前作がどちらかといえば派手目であったこともあり)地味な作品と受け取られてしまうこととなった。
その上,放映局であるテレビ朝日の局内事情がからみ,放映時間がキー局およびその直接の系列局は土曜日早朝6時という時間帯に変更され,番組改編期に合わせてうち切りを強いられる結果となった。(一部テレビ朝日系列では,放映すら行われなかった。)
これらの結果から,非常に認知度の低い作品となってしまったが,作品評価そのものは現在ではそれほど低いとは言えない状況である。

本作品の構成において,最大の特徴はそのエンディングであろう。
エンディングのイントロから曲調を抑え,次回予告を行い,予告後にエンディングを流しながら次回映像を流し,そして最後で次回のキーとなるセリフとその人物をサブタイトルと同時に流す(つまり,ガンダムXのサブタイトルは,登場人物のセリフである)という非常に印象的な構成となっている。
似たような構成を行った作品に蒼き流星SPTレイズナーのオープニング(こちらはその回に登場する印象的なシーンをカットインさせる)があるが,実に効果的な構成だと思われる。

本作には,他にも既存の作品との関係を意図したキーワードがちりばめられている。
第7次宇宙戦争とはテレビシリーズ7作目であるガンダムXという作品そのものを表しており,AWという時代は,本作の終了後の「ガンダムという作品」を象徴するかのようである。
また,逆襲のシャア以降,意識的に使用されるのを避けていった「ニュータイプ」という用語を作品世界の象徴とした点も既存の作品を意識付けしたキーワードであろう。
本作に登場するニュータイプは,戦争における決戦兵器として扱われ,機動戦士ガンダム以降ニュータイプ=モビルスーツ適性があるパイロット(ガンダムF91におけるセリフ)といった当初の理念的なものではなくなってしまった「ニュータイプ」そのものである。
さらに,赤い2連星という「ニュータイプの騙り」を登場させることで,そのニュータイプに対する人々の理想というか,思いこみを作中で描写したのである。
このことは,上記した本作のコピーにも現れているだろう。
最終的にニュータイプとは,ちょっと(というと語弊はあるが)「特殊な能力を持った普通の人間である」,という形で作品が締めくくられており,ここで再び赤い2連星を登場させることで,以後もニュータイプの幻想にとらわれた人々は存在し続けるのだ,という以後のガンダム作品に対する監督の思いすら描写されているように思える。(この描写は結果的に事実であり,後に∀ガンダムで富野監督本人が世界観をぶち壊してもガンダム作品は,継続していくことになる。)

当初,機動戦士ガンダムで提示されたニュータイプは,「人と分かり合える人」であった。しかし,実際の作中におけるオールドタイプから見たニュータイプは,極論すれば超能力者に過ぎない。これはガンダムXにおける描写そのものであり,オールドタイプがニュータイプを意識しなければ同じ人間であるし,逆もまたしかりなのだ。(実際,最終話におけるD.O.M.E.の声優にアムロ・レイ役古谷徹氏の起用案がありながら,変更になった点からしてもこのあたりは意識的に行われていたことがわかる。)
これは,ガンダム・ジ・オリジンでのニュータイプの描写がやはり超能力者としての描写であることを考えると,ガンダムXとは登場してしかるべき作品であったのだろう。

 ストーリー

第7次宇宙戦争終結から15年後のAW0015・・。ジャンク屋を営む少年ガロード・ランは,ある日,謎の紳士ライク・アントから1人の少女の救出を依頼される。ガロードはその少女ティファ・アディールをバルチャーの陸上戦艦フリーデンから救出するが,ティファはアントを見て怯え出す。事情を察したガロードは,ティファをつれて逃走。アントのMS部隊に追われ,旧連邦地下工場に逃げ込む。
そしてガロードはそこで大戦前のMSガンダムを発見する…。

 モビルスーツ

※項目の肥大化に伴い,分割された。


 キャラクタ

※項目の肥大化に伴い,分割された。


 艦艇等


 用語

※項目の肥大化に伴い,分割された。


 サブタイトル

No.タイトル脚本演出コンテ作画監督放映
01月は出ているか?川崎ヒロユキ森邦宏高松信司西村誠芳1996.04.05
02あなたに,力を…川崎ヒロユキ渡邊哲哉高松信司佐久間信一,藁谷均1996.04.12
03私の愛馬は凶暴です川崎ヒロユキ原田奈奈湊屋夢吉西村誠芳1996.04.19
04作戦は一刻を争う!川崎ヒロユキ吉本毅吉本毅佐久間信一,藁谷均1996.04.26
05銃爪はお前が引け川崎ヒロユキ森邦宏高松信司西村誠芳1996.05.03
06不愉快だわ…川崎ヒロユキ南康宏西森章佐久間信一,藁谷均1996.05.10
07ガンダム,売るよ!川崎ヒロユキ原田奈奈日高政光西村誠芳1996.05.17
08あの子,許さない!川崎ヒロユキ吉本毅西森章佐久間信一,藁谷均1996.05.24
09巷に雨の降るごとく川崎ヒロユキ森邦宏湊屋夢吉西村誠芳1996.05.31
10僕がニュータイプだ川崎ヒロユキ渡邊哲哉日高政光佐久間信一,藁谷均1996.06.07
11何も考えずに走れ!川崎ヒロユキ原田奈奈千明孝一西村誠芳1996.06.14
12私の最高傑作です川崎ヒロユキ南康宏西澤晋佐久間信一,藁谷均1996.06.21
13愚かな僕を撃て!川崎ヒロユキ森邦宏森邦宏西村誠芳1996.06.28
14俺の声が聞こえるか!川崎ヒロユキ渡邊哲哉高松信司佐久間信一,藁谷均1996.07.05
15天国なんてあるのかな川崎ヒロユキ原田奈奈西森章筱雅律1996.07.12
16私も人間だから川崎ヒロユキ南康宏西森章西村誠芳1996.07.19
17あなた自身が確かめて川崎ヒロユキ森邦宏西森章佐久間信一,藁谷均1996.07.26
18Loreleiの海川崎ヒロユキ谷口悟朗谷口悟朗西村誠芳1996.08.02
19まるで夢を見てるみたい川崎ヒロユキ日高政光日高政光筱雅律1996.08.09
20…また逢えたわね川崎ヒロユキ渡邊哲哉渡邊哲哉佐久間信一,藁谷均1996.08.16
21死んだ女房の口癖だ川崎ヒロユキ南康宏西森章西村誠芳1996.08.23
2215年目の亡霊川崎ヒロユキ森邦宏森邦宏佐久間信一,藁谷均1996.08.30
23私の夢は現実です川崎ヒロユキ原田奈奈湊屋夢吉西村誠芳1996.09.06
24ダブルエックス起動!川崎ヒロユキ渡邊哲哉高松信司筱雅律1996.09.13
25君達は希望の星だ川崎ヒロユキ南康宏南康宏佐久間信一,藁谷均1996.09.20
26何も喋るな川崎ヒロユキ岡本英樹西森章西村誠芳1996.09.27
27おさらばで御座います川崎ヒロユキ森邦宏東海林真一佐久間信一,藁谷均1996.10.05
28撃つしかないのか!川崎ヒロユキ越智浩仁湊屋夢吉西村誠芳1996.10.12
29私を見て川崎ヒロユキ渡邊哲哉西森章佐久間信一,藁谷均1996.10.19
30もう逢えない気がして川崎ヒロユキ原田奈奈東海林真一西村誠芳1996.10.26
31飛べ,ガロード!川崎ヒロユキ南康宏西森章佐久間信一,藁谷均1996.11.02
32あれはGファルコン!川崎ヒロユキ岡本英樹日高政光西村誠芳1996.11.09
33どうして俺を知っている!?川崎ヒロユキ越智浩仁越智浩仁佐久間信一,藁谷均1996.11.16
34月が見えた!川崎ヒロユキ森邦宏森邦宏西村誠芳1996.11.23
35希望の灯は消さない川崎ヒロユキ渡邊哲哉渡邊哲哉佐久間信一,藁谷均1996.11.30
36僕らが求めた戦争だ川崎ヒロユキ南康宏高松信司西村誠芳1996.12.07
37フリーデン発進せよ川崎ヒロユキ原田奈奈東海林真一佐久間信一,藁谷均1996.12.14
38私はD.O.M.E…かつてニュータイプと呼ばれた者川崎ヒロユキ越智浩仁越智浩仁西村誠芳1996.12.21
39月はいつもそこにある川崎ヒロユキ森邦宏高松信司佐久間信一,藁谷均1996.12.28

 スタッフ

原作:矢立肇,富野由悠季
監督:高松信司
シリーズ構成:川崎ヒロユキ
企画:サンライズ
キャラデザイン:西村誠芳
メカデザイン:大河原邦男,石垣純哉
音楽:樋口康雄

オープニングテーマ:「DREAMS」(#1〜#26)
  作詞・作曲・編曲・歌:ROMANTIC MODE
オープニングテーマ2:「Resolution」(#27〜#39)
  作詞:西脇唯
  作曲:ジョー・リノイエ
  編曲:ジョー・リノイエ/鈴川真樹
  歌:ROMANTIC MODE
エンディングテーマ:「HUMAN TOUCH」(#1〜#13)
  作詞:Susanne Marie Edgre
  作曲・編曲:Tom Keane
  歌:Warren Wiebe
エンディングテーマ2:「HUMAN TOUCH(日本語版)」(#14〜#26)
  作詞:Susanne Marie Edgre/許瑛子
  作曲:Tom Keane
  編曲:須藤賢一
  歌:re-kiss
エンディングテーマ3:「銀色Horizon」(#27〜#39)
  作詞:小室みつ子
  作曲:濱田金吾
  編曲:Tom Keane
  歌:中瀬聡美

美術監督:佐藤勝
撮影監督:大神洋一
音楽:樋口康雄
音響監督:浦上靖夫
編集:辺見俊夫
音響制作:オーディオ・プランニング・ユー
録音:APUスタジオ
編集:山森重之(ジェイフィルム)
色彩設定:前林文恵
色指定:佐藤美由紀,橋本朋美(エムアイ)
特殊効果:長谷川敏生(マリックス)
企画担当:泉勝洋
設定制作:竹内祟
設定協力:=長谷川裕一=,カトキハジメ
文芸:高橋哲子
製作協力:電通,創通エージェンシー
プロデューサー:梶淳(テレビ朝日),岩本太郎(テレビ朝日),木村純一(テレビ朝日),富岡秀行(サンライズ)
制作:テレビ朝日,サンライズ
※長谷川裕一氏に関してはミスらしい。



 備考

ガンダムコレクションコンプレックス解説文

1996.4.5〜1996.12.27放送。全39話。宇宙世紀でのキーワードの1つであった「ニュータイプ」を新たな観点で巡る物語。戦争が最悪の形で終わった世界で,かつてニュータイプであったジャミル,ニュータイプとなってしまったティファ,そして主人公のガロードの三人を軸に,「ニュータイプと人類の革新」というテーマを追い求める。


 編集者


機動新世紀ガンダムX

  • [コミック]

 データ

作品データ
掲載期間1996/05〜1997/04
掲載誌コミックボンボン
刊行形態KCボンボン
発行日1996/10/05(1)
1997/01/08(2)
1997/04/04(3)
価格400円(1),(2)
410円(3)
ISBNISBN4-06-321784-1(1)
ISBN4-06-321795-7(2)
ISBN4-06-321803-1(3)
発売元講談社
刊行形態KCボンボンDX 超KCビュン
発行日1996/06/--
価格280円
ISBN4-06-334004-X
刊行元講談社
刊行形態プラチナKC
発行日2003/05/21(1)
2003/05/21(2)
価格350円
ISBN4-06-353059-0(1)
4-06-353060-4(2)
刊行元講談社
刊行形態Gレジェンドコミックス
発行日2005/06/30(1)
2005/07/23(2)
2005/08/23(3)
価格530円
ISBN4-06-372029-2(1)
4-06-372043-8(2)
4-06-372054-3(3)
刊行元講談社
著者ときた洸一

※KCビュンは,増刊号扱いの大判(B5サイズ)。

 概要


 ストーリー


 サブタイトル

No.サブタイトル掲載号
第1巻
PROLOGUE〜少女の夢〜1996/05
EPISODE 1月明かりの少女1996/05
EPISODE 2宿敵!フロスト兄弟1996/06
EPISODE 3北の国のニュータイプ1996/07
EPISODE 4ローレライの歌1996/08
-がんばれドモンくん ガンダムパーティー?
第2巻
EPISODE 5甦ったガンダム!!1996/09
EPISODE 6新連邦政府樹立宣言1996/10
EPISODE 7ダブルエックス宇宙へ!!1996/11
EPISODE 8宇宙革命軍の陰謀1996/12
-がんばれドモンくん ガンダムパーティー?
第3巻
EPISODE 9D・O・M・E1997/01
EPISODE 10新たなる世界へ1997/02
外伝ニュータイプ戦士ジャミルニート(前編)1997/03
外伝ニュータイプ戦士ジャミルニート(後編)1997/04
-がんばれドモンくん ガンダムパーティー?

 編集者


最終更新時間:2010年12月15日 19時19分08秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注