トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

エアーズ攻防戦

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

エアーズ攻防戦


 説明

 [U.C.0088/03/17〜03/28](一説には,U.C.0088/03/31〜04/01)

 ペズン事件として知られる地球連邦軍教導団(ニューディサイズ)の反乱事件における事実上最後の大規模な戦闘行為のことで,月面自治都市エアーズ市の制圧を巡って行われた戦いであるため,このように呼ばれる。

 0088年3月13日の月面上における戦闘で,多くの戦力を失ったα任務部隊は,地球本星艦隊との合流後に討伐艦隊本隊を再編,さらに降下作戦として「イーグル・フォール」を立案する。この間に,MS部隊の再編や修理などが行われ,3月17日にイーグル・フォール作戦は実行に移された。

 α任務部隊所属のMS部隊は,降下部隊として月面降下を実施し,これをペガサス所属のガンダムチームが援護,さらに本星艦隊から分遣されたβ任務部隊が,降下中のα任務部隊を援護にあたった。
 この際,FA-010A FAZZ部隊がニューディサイズ首領ブレイブ・コッドの駆るORX-013 ガンダムMk-垢砲茲辰堂滅させられるなどの大きな被害を出しながらも,MS部隊は,徐々にエアーズ市の勢力を削いでいくことに成功する。
 続いて降下した第二波の降下部隊によって橋頭堡が築かれるとエアーズ市の防衛戦は徐々にその戦力を失っていくこととなる。

 3月24日にフォン・ブラウン市から出た連邦への経済制裁勧告のみという「抗議はするが味方をしない」という宣言を以て,エアーズ市の味方となる月面都市は皆無となったことから,ニューディサイズの脱出作戦が実施されることとなった。
 これ以降の3日間で慌ただしく準備が進められ,同月28日,ニューディサイズ兵は,マス・ドライバーを利用してMSを軌道上に射出,パイロットはシャトルによる強行離脱を実施した。皮肉にも,この当日ネオ・ジオン軍から援助の申し出があったが,エアーズ市市長カイザー・パインフィールドは,これを拒否しながらもニューディサイズの兵の支援を依頼し,自らは執務室で命を絶った。
 同日,エアーズ市は武装解除され,一連の攻防戦は終結した。

 備考

 作戦期日などは,モデルグラフィックス別冊GUNDAM SENTINEL本誌からの算出による。
 なお,プラモデルシリーズに掲載されたものやモデルグラフィックス本誌連載時,また,GUNDAM OFFICIALSなどの年表とは異なる場合があるので注意が必要である。

 関連項目


 編集者


[用語]
[用語・UC]


最終更新時間:2014年11月23日 11時06分06秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注