トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ニューディサイズ討伐艦隊

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ニューディサイズ討伐艦隊

  • [用語]
  • 分類:部隊
  • 区分:宇宙世紀
  • 出典:GUNDAM SENTINEL

 説明

 ペズン事件の際に臨時編成された,ニューディサイズの反乱鎮圧部隊のこと。本来は,地球本星艦隊を動かす余裕がなかったことと,ニューディサイズ側の投降を期待する上層部の考え方から,新設されたα任務部隊のみが先行して派遣された。
 この際,軍の本音としては恣意行動のみで,教導隊とことを構えるつもりはなかったのだが,実際に戦端が開かれた結果,2隻が撃沈されるという事実上の敗北を喫したため,急遽サイド2の駐留艦隊からα任務部隊へ補充艦をあてがい,さらに本星艦隊X分遣艦隊を派遣し,これによって討伐艦隊を再編するはずであった。

 この陣営となったのは,この期に及んでも「ニューディサイズの投降」という甘い考え方を持つ上層部のためであり,X分遣艦隊の司令にエイノー提督があてがわれたのも,教導団などに彼の支持者が多かったためであった。

 しかし,エイノー提督は,当初からニューディサイズと手を組む腹づもりでこの司令を拝命しており,X分遣艦隊そのものが,彼の小飼の部下達によって編成されたものであった。このため,X分遣艦隊による討伐艦隊編成という構想も頓挫し,急遽他の本星艦隊をも巻き込んだ形で討伐艦隊が再編されることとなった。

 こうして再編された討伐艦隊であったが,ニューディサイズ側の戦略に振り回されることとなり,エアーズ市上空での攻防戦で敵陣営の多くを撃破するものの,補給が途絶え,彼らの追撃が不可能となったため,最後はα任務部隊旗艦「ペガサス」単艦による追撃戦を展開,ようやくこの事件を終結させることができた。

討伐艦隊の編成

 エイノー艦隊の離反により,討伐艦隊は急遽再編されることとなった。
 この際派遣された艦隊が,Y分遣艦隊か,Z分遣艦隊であるかについての資料は現在存在していないが,陣容を見る限り,その双方からかなりの艦が派遣されたものと思われる。
 総旗艦となったのは,マゼラン改級ナガトであり,この下部に独立機動部隊として「α任務部隊」と討伐艦隊本隊(ほぼ,1分遣艦隊に相当する戦力)が配されている。
 また,討伐艦隊本隊は,イーグル・フォール作戦において,再編され降下部隊の支援のため,β〜δ任務部隊として配されている。
 なお,イーグルフォール作戦時の艦隊編成は以下の通りである。

討伐艦隊の部隊構成'

  • ナガト(総旗艦/マゼラン改級)
    • α任務部隊(先遣部隊)
    • 討伐艦隊本隊
      • β任務部隊
      • γ任務部隊
      • δ任務部隊

討伐艦隊の配属艦'


α任務部隊(タスクフォース・α)

 ニューディサイズの反乱に際し連邦軍が編成した討伐部隊の先遣部隊。艦隊司令はペガサス郡歪好ぁ璽肇鵝Ε辧璽好蹈少佐。実戦試験をかねて新型MSを多数配備しているのが特徴となっている。(実質的にニューディサイズに恣意行動を兼ねた艦隊であるため,これら新型MSは「強力な機体を投入したので投降しろ」という意味合いが強い物となっている。)
 艦隊は,旗艦がアーガマ級ペガサス靴蚤召縫汽薀潺慌級4隻で編成されている。いずれもバイコヌール基地より打ち上げられた。これは,本来地球本星艦隊が討伐艦隊として編成されるはずであったが,アクシズ勢力が台頭していたこの時期,戦力を割くわけにもいかず,ニューディサイズへの対応を新造艦による新規艦隊で対応しようとした結果,このような編成になってしまったのである。
 すなわち,α任務部隊は外見は精鋭部隊でありながら,その実体は新任の艦長に指揮された実戦未経験艦と,不採用になったMSを寄せ集めた張子の虎なのである。

 当初編成は,ペガサス靴魎艦とし,サラミス改級宇宙巡洋艦レパルス,スティキスホルム,ロングビーチ,タカオの5隻編成であったが,ペンタにおける緒戦で,衛生ミサイルによる攻撃によってタカオとロングビーチが撃破されたため,サイド5駐留艦隊より同級のユリシーズ,カンバーランドが合流した。
 その後,ニューディサイズ討伐艦隊を編成するため本星艦隊X分遣艦隊と合流することとなったが,肝心のX分遣艦隊がニューディサイズ側に寝返るというハプニングから,他の本星艦隊と合流し,正式にニューディサイズ討伐艦隊を編成,旗艦ナガト指揮下の「α任務部隊」と改められ,ニューディサイズ追撃に従事するが,エアーズ市での攻防戦の後は,ペガサス靴事実上単艦で残った残党の追撃を行い,これを撃破,任務を完了している。

分遣隊編成

β任務部隊(タスクフォース・β)

 ニューディサイズの反乱の際に臨時編成された部隊のひとつ。
 エアーズ攻防戦において,討伐艦隊本隊である地球本星艦隊より抽出・編成された戦隊で,エクゼターを旗艦とした,キャンベラ,アトランタ,プリンツ・オイゲンの4隻のサラミス改からなる。
 降下作戦を展開するα任務部隊を援護にあたる事が決定された。

分遣隊編成

γ任務部隊(タスクフォース・γ)

 ニューディサイズの反乱の際に臨時編成された部隊のひとつ。
 エアーズ攻防戦において,討伐艦隊本隊である地球本星艦隊より抽出・編成された戦隊で,モガミを旗艦とした,アストリア,ヨーク,トリエステの4隻のサラミス改からなる。
 降下作戦を展開するα任務部隊を援護にあたる事が決定された。

分遣隊編成

δ任務部隊(タスクフォース・δ)

 ニューディサイズの反乱の際に臨時編成された部隊のひとつ。
 エアーズ攻防戦において,討伐艦隊本隊である地球本星艦隊より抽出・編成された戦隊で,ストラスブールを旗艦とした,ポートランド,サセックス,シェフィールドの4隻のサラミス改からなる。
 降下作戦を展開するα任務部隊を援護にあたる事が決定された。

分遣隊編成

 関連項目



 編集者


[用語]
[用語・UC]


最終更新時間:2014年11月24日 07時50分59秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注