トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ガンダムチーム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ガンダムチーム

  • [用語]
  • 分類:部隊(俗称)
  • 区分:宇宙世紀(1),アフター・コロニー(2)
  • 出典:機動戦士ガンダムΖΖ,新機動戦記ガンダムW

 説明

1.アーガマ所属のモビルスーツ部隊のこと

 第1次ネオ・ジオン戦争におけるアーガマ(その後はネェルアーガマ)のモビルスーツ部隊のこと。正式名称というよりは,あくまでも俗称である。
 U.C.0088年8月のネオ・ジオン軍によるダカール制圧に対して,アーガマ隊とモビルスーツ部隊との2隊に部隊を分割し,2方から(厳密にはこれにサポート部隊も加わっている)進撃した際に,モビルスーツ隊をこのように呼称したことから始まっている。
 当時,アーガマに搭載されていたモビルスーツは,全てガンダムタイプと呼ばれるモビルスーツであったため,このようなネーミングとなった。

2.ガンダムWにおける5機のMSのこと

 実際にチームを組んでいたわけではなく,単なる通称である。
 オペレーション・メテオにおいて地球へと降下した5機のガンダムは,当初こそバラバラで互いに対立することもあったが,後に様々な状況で共闘することとなる。
 こうした状況と,5機のガンダムに対するパイロットがそれぞれ乗り換えるなどの状況が発生したため,機体そのものを指すコードとしてではなく,全体を指す呼称として用いられたもの。

 備考

 ガンダムΖΖという作品は,当初,その方向性をΖガンダムと大きく変えることで物語が展開している。このことは,登場するモビルスーツにも現れており,既にΖガンダム劇中で登場していたMk-供ど桓亜うΕンダムの3機もΖΖガンダムを頂点としたチーム型に編成されたことで,いわば戦隊モノのようなフォーマットになったのである。
 既に,Ζガンダム以降,ガンダム作品の商品(ガンプラ)売り上げが下降線をたどっていたのは決定的であったため,様々なてこ入れが行われており,そうしたものの一つであったと思われる。(ただし,これ以上ガンダムタイプを登場させると混乱するという判断もあったようである[1]。)
 しかし,結果的にガンダムタイプの売り上げのみ伸びるという現象はこの当時からあり,0083でのガンダムVSガンダムが好評だったこともあり,Vガンダムの失敗からその次作として製作されたGガンダムが「敵も味方もガンダム」というコンセプトとなったのである。
 ガンダムWの場合は,このGガンダムにおけるシャッフル同盟のコンセプトをガンダムチームという形で継承したものである。

 関連項目

 編集者


[用語]
[用語・UC]
[用語・W]


最終更新時間:2015年01月24日 08時31分27秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]Ζプラスの登場見送りの理由がこれである。