トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ガンダムタイプMS

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ガンダムタイプMS

  • [用語]
  • 分類:俗語
  • 区分:宇宙世紀
  • 出典:機動戦士Zガンダムほか

 説明

 地球連邦軍におけるRX-78から始まるモビルスーツの系譜の俗称。
 一般的には「ガンダム顔」のMSを指す。

 一年戦争におけるRX-78-2の戦果にあやかり,「ガンダム」と呼ばれるモビルスーツが数多く誕生することとなった。これらには,純然たる「ガンダムの後継機」として「ガンダムの名」を与えられた機体も存在するが,その多くは「ガンダムの名に肖った機体」であり,モビルスーツの開発経緯として「ガンダム」とは接点を持たない(無論,技術的な面での接点はMS開発においては発生するものではあるが…)機体である。

 一年戦争当時に開発された「ガンダム」は,いわゆるRX-78タイプとこれをベースに開発が進められた機体に与えられた名称であり,後継機とまでは言えずとも開発系譜上の「関連する機体」と見なすことはできる。これには,いわゆる「セカンドロット機(RX-78-4〜8号機)」や「派生機(NT型,E型,XX型など)」が含まれる。
 また,一年戦争当時に後継機としての開発が進められていたのが,「RX-81」タイプであるが,これは「ガンダム」の完全量産を目指した機体であり,機体名としては「ガンダム」を継承しなかった。

 一方,戦後開発された機体で最初に「ガンダム」の名を冠したのは,RX-78GPシリーズ,いわゆる「ガンダム開発計画機」である。この計画では,4種(一説には5種)の機体が開発を進められており,そのうちの試作1号機は開発コンセプト的にも「RX-78ガンダム」の純粋なる後継機と考えても差し支えないだろう。(ただし,開発元がアナハイム・エレクトロニクスであり,デラーズ動乱に関係した記録抹消のため,日の目をみるに長い時間がかかっている。)
 その後,数多くの「ガンダム」が開発されているが,ほとんど全てが「ガンダム」に肖って命名された機体である。(これは,MSZ系列も同様である。)唯一,明確に後継機として位置づけられるのは,ティターンズが開発したRX-178ガンダムMk-兇世韻世噺世辰討盍岼磴い任鰐気ぁ

 一年戦争後のMS開発が,当時のコンセプトによる独自の機体にフラッグシップたる思いを込めて「ガンダム」と命名する場合は多かったが,コンセプトを含め「ガンダムの復活」を掲げた機体もいくつか存在する。
 例えば,RX-93νガンダムは,サイコミュこそ導入されているが,アムロ・レイ自らが設計を行った「プレーンなMS」として完成しており,彼の求める機体,つまりU.C.0093年における「ガンダム」が復活しているのである。
 また,サナリィによって開発が進められたF90(ガンダムF90)も同様である。かつてホワイトベースのクルーであったメンバーを含む開発陣は,15m級モビルスーツのプレーンな素体として「ガンダムの復活」を掲げていた。F90は,オプションにより多種多様なMSへと姿を変えることができるが,これはRX-78ガンダムの持っていた極限まで高い汎用性を別の手段で再現したもの,ということもできる。

 関連項目


 編集者


[用語]
[用語・UC]


最終更新時間:2014年08月14日 19時35分42秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注