トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

プラモデルリスト・Zガンダム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

プラモデルリスト・Zガンダム

  • [参考]

 説明


 リスト

No.Scale商品名価格発売日BOX ART備考
011/144ガンダムMk-5001985/04/石橋謙一#1
021/144ハイザック5001985/04/石橋謙一#2
031/100ガンダムMk-12001985/05/石橋謙一
041/144リック・ディアス7001985/05/石橋謙一#3
051/144ガルバルディβ5001985/05/Unknown#4#13
061/100ハイザック12001985/06/石橋謙一
071/100ガルバルディβ10001985/06/石橋謙一#14
081/100リック・ディアス12001985/08/石橋謙一#14
091/144ザクキャノン5001985/07/長谷川政幸#5
101/144グフ飛行試験型5001985/07/長谷川政幸#5
111/144ザクタンク6001985/07/長谷川政幸#5
121/144マラサイ5001985/07/石橋謙一#15
131/144Ζガンダム5001985/08/石橋謙一#6
141/144ジム4001985/08/長谷川政幸
151/144ザク強行偵察型5001985/08/長谷川政幸#5
161/144ジムキャノン4001985/08/長谷川政幸#5
171/144マリンハイザック5001985/08/長谷川政幸#5
181/144ネモ5001985/08/石橋謙一#16
191/144武器セット3001985/08/長谷川政幸
201/144百式6001985/09/石橋謙一#16
211/220メッサーラ4001985/09/石橋謙一
221/144ジムスナイパーカスタム4001985/09/Unknown#5
231/100百式12001985/10/石橋謙一
241/2200アーガマ3001985/10/長谷川政幸
251/100Ζガンダム20001985/10/石橋謙一#7
261/144ギャプラン7001985/10/長谷川政幸#17
271/144Gディフェンサー7001985/10/長谷川政幸#8#17
281/220アッシマー3001985/11/長谷川政幸#9
291/300サイコガンダム6001985/11/Unknown
301/60Ζガンダム35001985/11/石橋謙一
311/144ガブスレイ7001985/12/長谷川政幸
321/144メタス7001985/12/石橋謙一
331/144ハンブラビ6001985/12/石橋謙一
341/220ガンダムMk-3001985/12/長谷川政幸
351/220リック・ディアス3001985/12/石橋謙一
361/220Ζガンダム3001985/12/長谷川政幸
371/144パラス・アテネ7001986/01/石橋謙一
381/220マラサイ3001986/01/長谷川政幸
391/220百式3001986/01/長谷川政幸
401/144ディジェ7001986/02/石橋謙一#10#18
411/220キュベレイ4001986/03/石橋謙一
421/220バイアラン4001986/04/石橋謙一#19
431/300サイコガンダムMk-6001986/04/石橋謙一
-1/144Ζガンダム非売品1986/07/None#11
-1/144百式10001988/11/石橋謙一#12
-1/100百式15001988/11/石橋謙一#12
-1/100マラサイ-1985/07/None#20

#1:第1弾キット。当時としての水準点は,十分クリアしているが,臑部のデザインの関係上,元の設定と異なるアレンジが施されている。個人的感想であるが,バックパックの形状は,後のHGよりも格段にいい。
#2:ザクタイプのデザインラインを残したキット。クオリティは,当時の水準を十分クリアしているのだが,デザイン上の問題点である,腕部の動力パイプの再現が非常にバランスが悪い。(これについては,HGUC版では,デザイン変更で対処している。)
#3:ボリューム満点のキット。意匠的には,ノーマルシリーズのドムに近いため,似たアプローチがとられている。脚部のデザインの解釈に誤りがあり,その点の改造が定番化した。
#4:名作。非常にクオリティが高いキットで,くみ上げるだけで,たいした改造もなく,しっかりとしたガルバルディになる。再販時には残りがちなキットの一つであるが,是非とも購入してくんでみることを奨める。
#5:Zガンダム本編への登場に伴って販売された,MSVの成形色換商品。再生産は,絶望的と思われていたが,2006/3にまさかの復刻版(文字がボックスに追加)という形で再生産された。
#6:プロポーションモデルとして発売された物。そのため,プロポーションに関しては,後のHG版よりもいいとさえいえる。ただ,フロントスカートが大腿部に取り付ける形になっているため,非常に組みにくく,また,可動範囲も狭い。
#7:完全変形を実現したキット。当時としては,これ以上ないクオリティを誇る。しかしながら,変形機構上の制約で,変形できる物の,プロポーションは,劇中とは異なるという結果になった。(とはいえ,当時としては,非常に両形態ともまとまっているといえる。)
#8:Mk-供HGも)とドッキング可能
#9:1/550のMA形態付属
#10:名作。Zシリーズでは,最もクオリティが高いといえる。必作の一品である。
#11:限定品。夏キャンペーンプレゼント品。金メッキ。
#12:限定品。ガンダム10周年記念キット。金メッキ版
#13:日本模型新聞における発売リストでは,1985/06発売
#14:日本模型新聞における発売リストでは,1985/07発売
#15:日本模型新聞における発売リストでは,1985/08発売
#16:日本模型新聞における発売リストでは,1985/05発売
#17:日本模型新聞における発売リストでは,1985/11発売
#18:日本模型新聞における発売リストでは,ガンダムに登場した航空機ディッシュと誤植されている。
#19:日本模型新聞における発売リストでは,1986/03発売
#20:日本模型新聞における発売リストにて確認出来るが,未発売商品である。予価が未定なのは,極めて早い段階で発売中止が決定したためと思われる。

 編集者


[参考]


最終更新時間:2009年03月23日 18時59分06秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

特に限定版,発売月修正などの情報は積極的にお願いします。

脚注