トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔F90P〕ガンダムF90競廛薀鵐

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムF90競廛薀鵐

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号F90P
兵器区分装備換装型モビルスーツ大気圏突入仕様
所属サナリィ,(地球連邦軍)
パイロット不明
製作データ
デザイナー大河原邦男[1]
初出作品機動戦士ガンダムF90
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

60mmバルカン

ビームキャノン

中距離用のバルカン砲

ビームライフル

ビームサーベル

 概要

 ガンダムF90のオプションアーマメントのひとつPタイプを装備した状態が,F90P《ガンダムF90プランジ》である。Pタイプは,「Plunge」の略称で,モビルスーツによる大気圏突入を主目的とした仕様である。
 この機体の開発コンセプトは,グリプス戦役時にMSZ-006《Ζガンダム》に実装された可変による大気圏突入能力の小型モビルスーツへの付与であるが,実質的には,かつて一年戦争当時,RX-78《ガンダム》が為しえた大気圏突入をF90によって再現する,といった方向性であったと考えられる。

 一見すると,とても大気圏突入用のショックウェーブを形成できるか疑問が生じるほど小型のパーツ群であるが,形成されるショックウェーブは,胴体部を保護するには十分であるとされ,実際,第2次オールズモビル動乱の際,戦闘中にやむを得ず大気圏突入が行われたが,無事に帰還している。
 また,各パーツ及びF90本体は,強化された部材が用いられているため,突入時の高熱にも耐えられるとされている。

 本装備は,ロールアウト時の状況としては,あくまでもテスト用装備としての域をでておらず,ロールアウト後の改良も続けられていた。実際に完成したかは不明であるが,空間戦闘時に下半身に設置したオプションの大推力を利用したモビルアーマー的な運用を行う構想や,腕部に設置するシールド兼突入用フライングアーマーの改良(追加ハードポイントなどの設置)が進められていたとされている。

 このタイプは,早々と公開されたことから一般的に有名となったA/D/Sタイプとは異なる部分が存在する。それが,バックパックを換装するという点である。背部ランドセルを丸ごとホバーユニットに換装しているのである。このため,武装からビーム・サーベルが取り除かれている。(なお,以後のオプションには,こうした換装型装備も多数存在しているため,こうした換装型のオプションはF90のオプションアーマーメントの中では第2シリーズといってもいいだろう。)

 引用


 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・F]
[モビルスーツ・F90]


最終更新時間:2015年08月06日 15時20分32秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]厳密には画稿無し。