トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕1/2ガンダム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

1/2ガンダム(ハーフガンダム)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号型式不明
兵器区分実証試験用レプリカモビルスーツ
所属ティターンズ
パイロットカン・ウー
製作データ
デザイナー長谷川裕一
初出作品機動戦士ガンダム1/2 vs ガンダムMk-
参考文献ZガンダムエースVol.1

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装


 概要

 ティターンズがRX-178《ガンダムMk-供佞粒発を行う際,RX-78を徹底的に再解析するために作られたレプリカ機が本機《1/2ガンダム(ハーフガンダム)》である。
 一年戦争時のガンダムタイプの補給用パーツを約52%流用,不足分は現用機のパーツ(主にRMS-179《ジム供佞隼廚錣譴襦砲琶笋ぁぅ◆Ε丱ア・クー攻防戦のRX-78-3と同等のスペックに調製されている。
 機体そのものは,ほとんどRX-78を再現しているが,流用できるパーツの問題であったためか,頭部カメラアイが,RX-78の黄色に対して,RX-178同様の緑色となっている。これは,RX-178に用いるために選別したパーツを流用したと考えられるが,詳細は判っていない。
 また,胸部にはジム尭瑛佑離札鵐機爾設置されていることから,ボディパーツのほとんどは,ジム兇らの流用ではないかと考えられる。さらに脚部アンクルガードは,RX-78-1タイプのものであり,こういったいわばまぜこぜの機体であり,原型機からの流用率がほぼ半分であることから,「1/2(ハーフ)ガンダム」の愛称で呼ばれることとなった。
 ガンダムMk-兇離蹇璽襯▲Ε噺紊蓮Mk-競謄好藩僂離▲哀譽奪機宍,箸靴同人僂気譴討い襦実際の性能は当時の最新のGMに比べても低く,所謂「張子の虎」であったらしい。

 引用

ガンダムエース 2009/10付録 ガンダムエースコミックス MS COLLECTION

 RX-78ガンダムのレプリカ。オリジナルのパーツ含有率が約52%であることから,1/2ガンダムと呼ばれる。ガンダムMk-兇紡个掘さ‖寮能は明らかに劣る機体だったが,カンの卓越したパイロット技術によりガンダムMk-兇魄掬櫃垢襦

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・不明]
[モビルスーツ・ゼータ1/2]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年02月21日 21時09分56秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注