トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕ダークチャンプ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ダークチャンプ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号型式不明
兵器区分特殊用途用モビルファイター
所属ネオブラジリア闇ガンダムファイトチャンプ機
パイロットダークチャンプ(閃光のクァズマ)
製作データ
デザイナーイラスト:おとといきたろう(?) / 模型作例(製作:)
初出作品MFVヒストリー
機動武闘伝外伝
参考文献コミックボンボン 1996/02 他

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

 必殺技

ダークネスクロー

スパークリングクロー

 概要

 戦うためには,5人抜きの条件が必要な闇ガンダムファイトのチャンピオン。
 闇のガンダムファイトでは,照明器具を使用するのは禁止であるため,その姿が明らかになる事はなかった。

 しかし,ガンダムシーフ改との戦いにおいて,巨大投光器によって初めてその姿が現れる。
 その姿は,白色のマスターガンダムだった。
 機体は,マスターガンダムの外観とほぼ同一で,マントがない軽装高機動型とも言うべき姿であった。

 しかし,ライジング兄弟とモヒカンガンダムによって,さらにその正体が明かされる事となる。
 その正体こそ,閃光のクァズマの駆る白色のシャイニングニンジャだった。
 シャイニングニンジャ2号機(シャイニングニンジャ・ホワイト)は,DG細胞制御装置によってコントロールしたDG細胞によって,その姿を変化させていたのである。
 元々は,DG細胞制御装置のテストのため闇ガンダムファイトに参戦していた2号機だが,想定以上にDG細胞の相性が良く,また,その能力に取り込まれたクァズマの実力と相まって“ダークチャンプ”の名を欲しいままにしていたのだった。

 引用


 備考

 マントがない軽装タイプの高機動型マスターガンダムといった姿。
 ボディが白で,所々に赤いパターンが入る。

 コミックボンボンで機動武闘伝Gガンダム放映当時に連載されたフォトストーリーである,「機動武闘伝外伝」およびその続編である「機動武闘伝外伝供廚謀仂譴靴慎‖痢
 また,各モビルファイターの開発経緯などを解説する「MFVヒストリー」に登場した機体も含まれている。

 なお,連載当時の記事を元に作成しているため,厳密な掲載号と作品区別が曖昧な部分もあるため,初出作品枠については,上記3作をそのまま掲載している。
 詳細が判別できる資料を保有している方は,掲示板にて情報を提供いただきたい。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・不明]
[モビルファイター・機動武闘伝外伝]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2018年12月27日 08時18分08秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注