トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕エプシィガンダム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

エプシィガンダム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号無し(未登録,開発ナンバーは不明)
兵器区分
所属エゥーゴ
パイロット
製作データ
デザイナー永野護(ラフ)
(模型制作:小田雅弘)
初出作品Project Z,MissionZZ,GUNDAM SENTINEL
参考文献

 スペック

項目内容
全高32.2m
頭頂高22m
本体重量125t
全備重量155t
ジェネレータ出力3340kw
スラスタ推力155500kg
センサ有効半径27600m
装甲材質ガンダリウムε

 武装

ビームライフル x 2

クレイバズーカ x 1

ビームサーベル x 1

 概要

 Ζ計画における試作モビルスーツの一種。(とはいえ,厳密に言えばΖ計画の機体ではないことに注意して頂きたい。)
 この機体は,エゥーゴが開発を行った機体の一つであるが,いくつかの情報が断片的に漏れ伝わっているが,詳細な部分とそうでない部分が入り混じり,実際のところ明らかになっていない部分が多い機体である。明らかになっている情報を簡単にまとめると,本機は「リックディアス以降に開発されたエゥーゴの機体であり,実際に建造されたが,制式採用には至らなかった」機体だということになる。

 本機は,エゥーゴがリック・ディアス以降に開発した2番目のMSとされているが,実際に機体が完成した順序で言えば,それ以降ということになるが,実際には完成していないともいえる機体であり,あくまで実験機の域を出ていない。
 リック・ディアスの次世代の機体として開発が進んだもので,次世代MSの基礎フレームから発展した機体である。可変機構は有しないが,背部バインダーに搭載された新型推進装置,「ブラッサム」によって,非常に高い機動性を誇ったとされている。(このブラッサムは,核融合パルスシステムによる推進法だとされ,その構造から理論的には,後のミノフスキードライブに繋がる可能性も考えられる。)
 しかしながら,この推進法は,当時としては技術面の問題の方が大きく,いわば机上の空論的なものであり,実際の機体では稼動したかどうか確認が取れないところが実際のところである。
 また,本機にはガンダリウムガンマ合金の発展した合金「ガンダリウムエプシロン合金」を使用しているという記録が残っているが,こうした新合金の情報が他の機体に関しても残っていない点など,実機と計画との差異があったのではないかと思われる。

 本機は,宇宙世紀0087年に実機を用いた実験が行われたが失敗しており,継続した開発は中断したとされている。しかし,エゥーゴからは即戦力となる機体を要求されており,ブラッサムを除いた本体部分を別な開発班にまわし,その後完成したのが百式だと伝えられる。

 引用

ProjectΖ(抜粋)

 リックディアスの装甲を形成する,ガンダリウムガンマ合金を,さらに改良したガンダリウムエプシロン合金を使用している事から,この名で呼ばれる。背部にはシュツルムディアスに使用されたグライバインダーの発展型(ウェポンラックを兼ねる)を装備し,最大の特徴として,中距離飛行用の核融合パルス推進システム"ブラッサム"を搭載している。

 備考

設定について

 MissionΖΖには,「即戦力になるMSを要求されたためブラッサムを除いた本体を別の開発班に回している。それが後のデルタガンダム(百式)である」との記述があり,本体がある程度完成していたことはわかる。
 また,同誌の年表から実験の失敗時期が,百式の完成時期よりも後ということもあり,早い段階で本体の開発中止が決定し,本体の開発プランが別系統に移っていることがわかる。
 これらの点から,「エプシィガンダム」というプランは,早い段階で中止され,ブラッサムの開発プランと百式の開発プランに分岐しており,ブラッサムを搭載して行われた実機実験は,(1)中止になった段階のエプシィ本体,(2)全くの別機体,と考えられる。
 つまり,「実験が失敗したから百式に回された」のではない,ということになる。

 なお,この機体は,MG別冊ガンダムセンチネルにおけるアナハイムガンダムの系譜の機体(=基は小田雅弘氏作のスクラッチ版エプシィガンダム=MissionZZにおける明貴美加氏作のイラスト)を想定している。

 元々は,Ζガンダムのデザイン作業における初期のデザインのひとつで,ガンダムMk-兇箸龍ズ邉,箸靴討琉靴い世辰燭,設定変更の上,没となり,百式が誕生することとなった。
 この一連の流れは,まさに百式の開発経緯そのものであり,他の機体も含めて,これら没デザインのデザイン経緯が設定に取り込まれていったのが特徴である。
 小説版他で永野護氏が記述や発言している機体については,別項目を参照。

 現在の基本設定は,モデルグラフィックス誌上で制作された小田雅弘氏の模型に加えられた独自設定が基本となっている。この時点で,「核パルス推進の試作機」という設定が追加されている。
 この模型は,講談社版「機動戦士Ζガンダム」の表紙に描かれていたイラストに着想を得て,スクラッチされた物である。

本Wikiでの位置づけ

 基本的にモデルグラフィックス系の機体については,ガンダムセンチネル系の機体以外は,非公式として扱っているが,この機体はガンダムΖΖ放映当時にニュータイプ誌上でイラスト化されるなど,誌面の枠を超えて展開した上,センチネル系の考察に於いても取り込まれることが多いため,準公式と同様の位置づけとしている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・不明]
[モビルスーツ・MG誌]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年03月13日 20時17分40秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注