トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔型式不明〕コア・ランダー(ゴッドガンダム)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔型式不明〕コア・ランダー]]
!!!コア・ランダー(ゴッドガンダム)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,型式不明
,兵器区分,MF搭乗用サポートデバイス
,所属,ネオ・ジャパン
,パイロット,ドモン・カッシュ
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男
,初出作品,機動武闘伝Gガンダム
,参考文献,1/100MG ゴッドガンダム インストラクションほか
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,Unknown
,本体重量,Unknown
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
!エネルギー発生装置
 MFドッキング時に展開する翼に当たる部分で,それぞれ"幻","夢","影","泡","電","露"の名称が付けられている。
!!武装
 特になし
!!概要
 コア・ランダーとは,ガンダムファイターがモビルファイターに搭乗する際やサバイバル・イレブン期間中の移動などに用いる小型ビークルの総称である。特に車両である必要(および規制)がないことから,ほとんどの場合,浮遊システムを持つフローティングビークルとなっている。

 ガンダムファイトにはガンダムファイト国際条約に基づいて各種レギュレーションが設定されており,モビルファイターの設計においてもこれは適用されている。しかしながら,これらレギュレーションのなかにコア・ランダーの装備について義務づけられていないため,これを有しない機体も多い。
 特に,コア・ランダーを採用した場合,コア・ランダーのコクピットからモビルファイターのコクピット(バーチャルコクピット)への移動の問題や構造的干渉を如何にしてクリアするかという設計上の問題が発生するため,コロニー国家としての技術力・工業力の問題から採用を見送る場合も多い。(もちろん,モビルファイターそのものの設計コンセプトに見合わさないと見なされた場合,あえて採用を見送る場合もあり得る{{fn 明言されていないが,クーロンガンダムやマスターガンダムの場合は,そうした状況では無いかと考えられる。}}。)

 本機は,第13回ガンダムファイトにおいて,ネオ・ジャパンの決勝大会用モビルファイターとして投入された,GF13-017NJ供團乾奪疋ンダム》に搭載されているコア・ランダーである。
 多くのコア・ランダーが移動用ビークルとしての意匠が強く打ち出されているのに対して,本機はまるで小型の航空機とも言うべき意匠となっている。これは,ゴッドガンダム独自機能のひとつであるハイパーモード時のフィールド発生のための発生装置を兼ね備えたフィンが,まるで翼のように見えるためである。もちろん,実際に翼として機能する部分もあり,さらに発生したフィールド(場)を機体下面に対して展開することで,高い浮遊能力を発揮しているのである。
!!引用
!1/144HGFC ゴッドガンダム インストラクション
 GFがMFに乗り込む際に使用する小型ビークル。GFの移動手段としても使用される。本機のこのは事実上小型の航空機としてのスペックを持つ。
!!備考

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・不明}}
{{category モビルスーツ・G}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。