トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

Gの影忍

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

Gの影忍

  • [コミック]

 データ

作品データ
掲載誌サイバーコミックス
発行元バンダイ
Gの影忍 機動戦士ガンダム外伝
刊行形態ピュアサイバーコミックス
発行日1990/02/20
価格880円(税込み/当時)
ISBNISBN4-89189-460-1
刊行元バンダイ
Gの影忍 [完璧版]
刊行形態MXコミックス
発行日1994/12/25日
価格980円(税込み/当時)
ISBNISBN4-07-302238-5
刊行元主婦の友社(現メディアワークス)
Gの影忍
刊行形態電撃コミックス
発行日2005/04/15
価格651円(税込み)
ISBNISBN4-8402-3017-X
刊行元メディアワークス
著者こやま基夫

 概要

 サイバーコミックスに連載された作品。

作者はこやま基夫氏。(代表作はおざなりダンジョン)
第1話は完全な読み切りで,機動戦士ガンダムの裏世界を扱ったパロディであったが,これが好評を博した為,続編が制作されることとなった。ちなみに,この最初読み切りで後から話を追加した関係上,実はこの第1話と続く話では整合性が取れていない部分が存在するのだが,この作品に関してはそんなことは些細なことである(笑)

続編では,やっていることは既存の忍者もののパロディでありながら,Z時代以降の裏世界を巧みに作品化しており,これによってより一層の支持を受けることになったのである。(これは,ひとえにこやま氏の技量のなせる技であり,そういった意味では長谷川裕一氏に匹敵すると思っている。)
作品は,最終的に逆襲のシャアの時代にまで及ぶのであるが,また,その幕引きが見事である。
一見イロモノであるため,取っつきにくい人も多いかと思われるが,機動武闘伝Gガンダムのノリが理解できる人ならば,この作品は必見である。

 ストーリー

UC0079,歴史の裏で暗躍する者がいた。彼らを機動忍者(モビル忍者)という。
その中にGと呼ばれる忍者がいた。一年戦争で,ア・バオア・クーの見取り図を連邦へと届けた彼は,いつしか最強の忍として認められるようになっていた,様々な戦いを経た彼は,地球外の異生命体の撃破を任務とする「百鬼夜行」へと参加する。
そして,最強の敵,バイオガンダムを倒した彼の行方は知れない・・・

キャラクタ・G影

モビルスーツ・G影

艦艇・G影

用語・Gの影忍

 サブタイトル

No.サブタイトル初出備考
1虚空の章サイバーコミックス 002[1]
2修羅の章サイバーコミックス 004[2]
3龍虎の章サイバーコミックス 006[3]
4百騎夜行 第一夜サイバーコミックス 008[4]
5百騎夜行 第二夜サイバーコミックス 009 
6百騎夜行 第三夜サイバーコミックス 010 
7百騎夜行 最終夜サイバーコミックス 011[5]
8装甲街道サイバーコミックス 013[6]
9犬吼哀歌サイバーコミックス 019[7]
10傀儡の章電撃大王 創刊号[8]

※蛇足ながら,サイバーコミックス 012では,Gの影忍完結記念の小特集がくまれている。

 編集者


最終更新時間:2018年02月01日 21時26分29秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1] 元来,読み切りであった物。故に,不整合部分も多い。
  • [2] 同じく,読み切りとして掲載された物。しかし,すでにメッセージ性を盛り込み始め,後の連作に繋がる下地ができあがっている。
  • [3] 百騎夜行の前哨戦ともいうべき短編。
  • [4] 人気を決定づけた一連の連載。これまで以上にメッセージ性が強くなっている。
  • [5] Gの影忍最終話。・・・だったのだが・・・
  • [6] あまりの人気に投入された外伝。Gの影忍前史となっている。
  • [7] 人気が続いていることもあり,再び投入された外伝となっている。
  • [8] バンダイから出版課がなくなり,ガンダム関連の作品がメディアワークスへと移行した時に描かれた外伝。