トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

CRTディスプレイボード

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

CRTディスプレイボード

  • [用語]
  • 分類:機材
  • 区分:宇宙世紀
  • 出典:機動戦士Ζガンダム

 説明

 グリプス戦役期にモビルスーツのコクピットとして標準化した360度全周スクリーンとリニアシートによるコクピットブロックでは,従来のモビルスーツ用コクピットから各部が大幅に進化している。
 例えば,従来のコクピットでは,座席はモビルスーツ本体に直付といっても間違いではなく,各種減圧装置や耐衝撃設備はコクピットの構造体に依存していたが,リニアシートの採用によってそうした問題点は大幅に改善されている。

 CRTディスプレイボードは,全周モニターによる恩恵のひとつで,戦闘モードや照準を表示するために用いられた機材である。
 これは,コクピットのタイプによって若干の違いがあり,サイドハッチ型のリック・ディアスやディジェなどは全周モニター正面に設置されていた。一方で,ガンダムMk-兇覆廟橘魅皀縫拭爾ハッチとなっている機体では,サイドパネルから引き出す,リニアシート前部に設置されている物を引き出す,といった扱いであった。
 これだけでも旧来の連邦軍の照準器のような手間は軽減されているが,グリプス戦役後期から第1次ネオ・ジオン戦争に至ると,さらに進化し,これらの情報は全てモニターに投影されるようになっていく。

 関連項目


 編集者


[用語]
[用語・UC]


最終更新時間:2016年08月16日 20時58分36秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注