トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

BBS-質問掲示板/24の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!![[ザク兇魯潺離侫好ー粒子を散布できるのか?|BBS-質問掲示板/24]] - アイソレイト (2015年11月29日 22時38分04秒)
初めまして。とある掲示板でちょっと論争になってたんで、こちらの皆様の意見も聞きたく投稿いたしました。

私は長らくザク兇砲魯潺離侫好ー粒子の散布なんてできないと思っていたのですが、ある人が散布できるという意見を出されました。
ザク兇散布する場面なんてみたこともなかったですし、できないのはみんなの共通認識だと思っていたのですが、その人はかなり強く主張されてました。

その人の主張は「VガンダムやGレコでMSが散布する場面があるんだからザク兇盪局曚任る」「劇中ではザク兇散布できないなんて言ってないから散布できる」とかなり無茶な意見を言っていて、正直信憑性はかなり怪しいのですが、明確に否定するソースが実は中々見つかりません。

ちなみに、ミノフスキー粒子散布用ザクの存在を出して、これだけのユニットが散布には必要だから普通のザク兇砲鰐詰だという意見も出たのですが、「非公式作品を持ち出されても根拠にならない」と一蹴されてました。

果たしてザク兇六局曚任るのかできないのかどっちなんでしょう?

また、できないのであれば、明確にできないことを証明する、公式または公式に非常に近いソースをどなたかご存知ないでしょうか?


ちなみに私は当然散布できないと思っています。
*申し訳ないのですが,ガンダム関連は幅が広がりすぎて,ものによっては公式でも相反する記述が見られたりします。{{br}}どういった解釈のものと議論なのか,詳しく知りたいのですが,できれば議論元が閲覧可能でしたらアドレスを教えて頂きたいのですが。{{br}}どのアタリの資料を中心とした議論なのか,興味があります。 - あさぎり (2015年11月30日 07時17分35秒)
*アドレスはhttp://gundamlog.com/archives/46107280.html?1448550095#comment-formです。 元は「現実の最新鋭戦車とザク兇呂匹舛蕕強いか?」という議題でしたが、中ほどから同時並行で「ザク兇魯潺離侫好ー粒子が散布できるか否か?」の議論も発生しています。  資料を基に議論・・・といった高尚なものではないです。  長いスレッドですので要約すると、 ・散布できる派は「VガンダムやGレコの劇中ではMSが散布する描写があるためザク兇盪局曚任るはず」「初代1話で、ザク驚影箸妊汽ぅ7に侵入しているのに散布されている前提の戦闘描写があるのでザク兇六局曚任る」 ・散布できない派は「ザク兇散布できるという設定資料が存在しない」「劇中においてもザク兇散布している描写がない」「(非公式に近いとはいえ)ミノフスキー粒子散布ザクを見ると、散布装置が巨大で通常のザク兇砲倭備不能」 といったところです。  散布できるにしろできないにしろ、それが明言されている資料などはないものでしょうか? - アイソレイト (2015年11月30日 22時41分15秒)
*元記事の紹介ありがとうございました。{{br}} う〜ん,困った(^^;{{br}} 長くなりますが,お付き合いください。{{br}} {{br}} 実際の所,正直に申し上げて,どう説明すべきかで判断に迷うところです。{{br}} 元々の論争である戦車とザクIIの問題も,それぞれで基準としている部分が異なるため,意見としてまとめようが無い部分ですので,どっちの言い分にも「理」はあるんですよね(^^;{{br}} {{br}} 放映当時の技術力を基準にすれば,ミノフスキー粒子散布かでのザクは有利(絶対有利ではない)ですし,現代戦を基準にしてしまうと,戦車が有利になります。{{br}} 以前,別の掲示板で話題になりましたが,MS IGLOO2での61式戦車の描写は,現代戦車に近づけてしまったために,逆に元々の61式戦車のイメージとは異なる描写になってしまっていますので,これをファースト劇中に適用しても違和感が残りますよね。{{br}} こうした「設定の修正」が積み重なってしまっているので,どの時点を基準に話題にするのかという点で,非常にややこしいのです。{{br}} {{br}} さて,一年戦争当時のMSによるミノフスキー粒子散布ですが,結論から言うと,「公式設定では不明」としか言いようがないのです。{{br}} (少なくとも私が確認した範囲では,)できるとも,できないとも言われていないのです。{{br}} {{br}} もちろん,劇中でそういった描写を行うかというと,作劇上の都合で行われないことがほとんどですし,そもそも劇中視点だけで,「まける」とも「まけない」とも断定することは拙いです。(描写が設定全てだとは限らないためです。){{br}} こうした,作劇上必要の無い描写は省く,というのは富野作品では当たり前の様に行われていますが,VガンダムやGレコでの描写は,逆に必要性があったから,と考えることもできます。(故に断定が難しいのです。特にファーストは,群像劇に焦点が置かれていて,MS描写はいい加減な部分が結構ありますので…。){{br}} {{br}} 一方,公式資料のなかで,これを言及した資料があるか,というと,やはり「どちらも存在しない」のです。{{br}} {{br}} 例としてあげられたMS-05HSは,サイバーコミックスに掲載されたミノフスキー博士物語に登場する機体ですが,この作品自体非公式ですし,そもそも明確な解説文自体も存在しません。{{br}} この機体の解説文で明確なものは,MS大全集の旧版に記載されたものなど限られたものだけで,これには「戦艦にしか搭載できなかった」という限定的な記述はありません。{{br}} 「ミノフスキー粒子を散布できる」,「外見的特徴からミスタードーナッツ」と呼ばれた,という2点が中心なのです。{{br}} {{br}} また,ガンダム0080の展開当時に模型情報(バンダイの刊行していた雑誌)で展開されたF.M.S.と呼ばれる記事では,ジムスパルタンという「M粒子散布ポッド」を装備する機体が登場します。このポッドは,ミノフスキー粒子を発生させるのではなく,母艦でチャージし,これを散布するものです。(これは明確に記述が存在します。){{br}} この機体は,後にソフトバンクから刊行された「マスターアーカイブ・ジム」に掲載されていますが,扱いとしては非公式ですし,やはり取扱は微妙です。{{br}} {{br}} このため,本Wikiでの項目「ミノフスキー粒子散布装置」では,「一般的に艦艇に搭載されていることが多いが,運用上必要とされたMSへの搭載例も見ることが出来る。」と記述しています。{{br}} 他の記述と矛盾している部分もあるのですが,どちらともとれるためなのです。{{br}} {{br}} 玉虫色の結論ですが,ガンダムで考察する場合,前提論を限定しないと,どうしてもこのような曖昧な結論しか出せなくなっちゃうんですよね。{{br}} 申し訳ないのですが,この辺りでご理解頂けませんでしょうか。 - あさぎり (2015年12月01日 19時42分57秒)
*詳しい解説ありがとうございます。 - アイソレイト (2015年12月04日 22時32分55秒)
{{comment}}