トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

BB戦士三国伝

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

BB戦士三国伝

  • [模型]

 データ

作品データ
展開期間2007/06 〜

 概要

BB戦士の発売20周年記念作品として企画された作品。
作品のフォーマットそのものは,従来のSDオリジナル作品という形態を継承しているが,従来あった「武者」や「外伝」という枠にとらわれた形ではなく,「三国志演義」をモチーフにした「演劇」的なフォーマットとなっている。(その為か,モチーフのMSは,「演者」と表現されている。)

ただし,展開されているデザインラインは基本的に従来の「武者」シリーズのものをベースとしたようなものであり,軽装状態に鎧を装着した姿が,基本ラインとなっている。

三国志をイメージベースとしている為,その舞台も新たな地名として「三璃紗(みりしゃ)」が設定されており,従来のシリーズと一線を画したものとして表現されている。
しかし,それらの詳細な設定の中には,地名として従来の武者シリーズの地名が設定されていたり,歴代皇帝の名の中に「白龍大帝」の名前があるなど,関連性も窺える。(が,詳細は未だ明らかではない。)

プラモデルは,近年のBB戦士シリーズでは,かなり好評であり,既に主役級以外のキャラクタの商品化も始まっている。
また,国外でも展開されており,国内では発売が決定していないような商品も海外向けに展開が決定している。

 ストーリー


三国伝・キャラ


 用語


 サブタイトル

No.タイトルキット名
風雲豪傑編
#1劉備,三璃紗に起つ!!劉備ガンダム
#2激突,董卓軍関羽ガンダム
#3桃園の誓い張飛ガンダム
#4司馬懿サザビー
#5紅蓮の覇将軍,曹操!曹操ガンダム
#6孫権ガンダム
#7戦慄の暴将!呂布!呂布トールギス
英雄激突編
#8夏侯惇ギロス
#9三顧の礼孔明リ・ガズィ
#10夏侯淵ダラス
#11若き鬼武将,関平立つ!関平ガンダム
#12趙雲ガンダム・飛影閃
#13江東強襲水軍
#14張遼ゲルググ
#15周瑜ヒャクシキ
#16周倉ドーベンウルフ
#17陸遜ゼータプラス
#18張ごうザク群(#1)

#1

「ごう」は,Unicode U+90C3。「合」に「おおざと」を加えたもの。

 スタッフ


 編集者


BB戦士三国伝 風雲豪傑編

  • [漫画]

 データ

作品データ
連載期間2007/07〜2007/12
掲載誌コミックボンボン
刊行形態Gレジェンドコミックス
発行日2007/11/16(1)
2008/05/16(2)
価格560円
ISBN978-4-06-372391-5(1)
978-4-06-375502-2(2)
刊行元講談社
著者ときた洸一

 概要

BB戦士の発売20周年記念作品である,三国伝のコミカライズ。
三国志演義をモチーフとして展開されている。
作品は,コミックボンボンの休刊に伴い,急速に展開することとなり,董卓打倒までが描かれ,一つの山場を持って終了している。
なお,続編は,矢野健太郎氏によってケロケロエースVol.2から連載されている。

 ストーリー


 サブタイトル

No.タイトル掲載号
第1話「龍帝を継ぐ者 劉備立つ!」の巻2007/07
第2話「関羽・張飛!宿命の出会い」の巻2007/08
第3話「桃園結義 生まれた時は違えども!」の巻2007/09
第4話「その名は曹操 紅蓮の覇将軍!」の巻2007/10
第5話「静かなる猛虎 孫権出陣!」の巻2007/11
第6話「終わりなき死闘の果て!」の巻2007/12
特別編「江東の弓腰姫 孫尚香!」の巻描き下ろし

 編集者


BB戦士三国伝 英雄激突編

  • [漫画]

 データ

作品データ
連載期間2008/01〜
掲載誌ケロケロエース
発売元角川書店
刊行形態角川コミックエース
発行日2008/09/26(1)
2008/12/26(2)
価格588円
ISBN978-4-04-715110-9(1)
(2)
発売元角川書店
著者矢野健太郎

 概要

BB戦士三国伝のコミカライズ第2弾。
コミックボンボンの休刊に伴い,実質的な掲載場所を失った三国伝をケロケロエースで展開した物。
とはいえ,直接的な作品という形ではなく,前作(董卓打倒)の7年後,三璃紗暦の399年からを描いている。
登場人物,ストーリーラインは,前作同様三国志演義であり,その点からも時代設定が変わったのは,掲載誌変更による影響が考えられる。

なお,著者が矢野健太郎氏というのを見て,ちょっと驚いたのは私だけではあるまい(^^;

 ストーリー


 サブタイトル

No.タイトル掲載号
1ケロケロエースVol.2
2ケロケロエースVol.3
3ケロケロエースVol.4
4ケロケロエースVol.5
5ケロケロエースVol.6
6ケロケロエースVol.7
7ケロケロエースVol.8
8ケロケロエースVol.9
9ケロケロエースVol.10

 編集者


最終更新時間:2009年03月16日 17時29分29秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注