トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

1/144 百式(Ζガンダムシリーズ)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!1/144 百式
*[レビュー]
//{{layout cols,width:78%
//----------
{{layout cols,width:43%
!!データ
,キットデータ{COLS:2},
,発売日,1985年9月
,価格,600円(税抜)
,ボックスアート,石橋謙一
}}
//----------
{{layout cols,width:43%
!!BOX ART
(img:579.jpg)
//バリエーションが有ればそれも掲載
//※現在画像無し
*[[掲載画像に関する注意書き]]
}}
//----------
//}}
{{ilayout clear}}
!!解説
 ガンプラ(あるいは玩具)に関するショートレビューです。
 訪問した皆さんの意見も反映できるようにコメントボックスも用意されています。
 ただし,他人の意見を否定するだけの意見や荒らし,単なる宣伝行為などが行われた場合,これらは予告無く削除します。また,荒らしなどに対処する意見も必要有りませんので,記入は避けてください。(巻き添えで削除せざるを得ないことが多いですので。)
 また,写真等を含む詳細レビューを投稿なさりたい方は,掲示板でご報告いただけると幸いです。

 (red:なお,URIの記述は(編集ユーザーが行った記述以外)全面的に禁止します。)
 (red:他のレビューサイトなどの情報は,URIの精査をいちいち行えるほどの時間的余裕が無い為です。)
 (red:URIの記述があった場合,確認せずに削除しますのでご了承下さい。)
!!レビュー(Wiki編集/管理ユーザー)

!概要
 「機動戦士Zガンダム」シリーズの第20弾として発売されたキット。
 リック・ディアスを失ったクワトロ大尉が乗り換えた機体である百式をキット化したもの。設定上百式はガンダムタイプに通じる機体であり,キットもガンダム型モビルスーツに近いバランスで設計されている。
 1/144スケールというガンダムシリーズの中心的なスケールでキット化したもので,最大の特徴は,MSVシリーズの一部で採用されていたポリキャップを全面的に採用した構造で,関節部のへたり等の防止に大きな効果があった。
!キット
 キットは,ガンプラのスタンダードである1/144スケールで発売されたものだが,設計時のアプローチはガンダムMk-兇汎韻犬茲Δ淵廛蹈檗璽轡腑鵑悗覆気譴討り,がっしりとしたガンダム体型になっている。しかし,Mk-兇脛部が比較的太いパーツで構成されていたため,安定感があるのに対して,百式はフレーム剥き出しで細い構成である為,微妙にアンバランス感がある。また,全体的に見てプロポーションが硬く,ぱっと見の印象は劇中のスリムな機体とは異なっている。
 しかし,各部のバランスを小改造することで格段に良好なプロポーションとなることは当時の作例などでも実証されており,こういった面でのユーザー側からのアプローチが楽しいキットでもある。(これは塗装に関しても同様であり,個々人でそれぞれの「金色」にトライするのも面白い。)
 キットで最大の難点とされていたのが,実は塗装で,当時は如何にしてきれいな金色で塗装するかで様々なアプローチがなされた。また,後にメッキされたキットも販売されており,「金色」を求めていた層が多かったことを示している。

 キットそのもののプロポーション等は優れたものではあるが,残念ながら現在の目で見るとさすがに見劣りするため,完成品が欲しいだけであれば,HGUC版を購入することを勧める。特にHGUC版にはメガ・バズーカ・ランチャーがセットされた非メッキ版と通常のメッキ版の双方が存在する為,ユーザー側の求める百式が作りやすい環境にある。
>>■あさぎり
!!レビュー(訪問者)

{{mcomment}}

!!機体概要
*[[〔MSN-00100〕百式]]
!!購入案内
*[ホビーショップ だっちん堂 (1/144 百式)|http://dutchindou.jp/]
※商品が品切れの場合は,ご容赦下さい。
----
{{category ガンプラレビュー/Ζガンダム}}