トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

動力パイプ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

動力パイプ / 動力伝達パイプ

 説明

 ジオン系モビルスーツが機体各部を駆動させるために採用した動力伝達装備の通称を動力パイプという。
 ジェネレータで発生するエネルギーを流体パルスに変換し,機体各部に伝達するための装備で,これを受けて流体パルスモーターが駆動することで,モビルスーツの間接部などが可動する。

 当初から,流体パルスによる駆動方式を採用していたジオン系モビルスーツであるが,MS-05ザクまでは,基本的に機体内に動力パイプを装備していた。そのため機体容積に余裕がなく取り回しも複雑なため,メインテナンスや性能向上が困難だった。
 MS-06ザク兇任蓮い海料備をあえて威出させることで,(被弾する可能性は高まったが)機体各部の容積の増加や,メンテナンス性の向上など,基本性能の底上げに成功することとなった。

 なお,一年戦争後に公国軍と連邦軍のモビルスーツ技術が融合していくことで,従来の流体パルスによる駆動方式よりもフィールドモーター系技術に移行していくこととなるが,動力や各種エネルギー伝達装備として動力パイプに類する装備が現れることとなった。これらは,「エネルギーサプライケーブル」と総称され,制御系などの伝達系が敷設されるなどの複数の規格が登場するに至った。

 関連項目


 編集者


[用語]
[用語・UC]


最終更新時間:2012年11月02日 22時22分28秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注