トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

絶版

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

絶版

  • [模型用語]

 説明

 書籍,単行本などの生産を打ち切ること。
 書店などに注文しても入手できない為,これが転じて生産が中止や終了となり,入手困難になることを「絶版」というようになった。

 本の場合,原則として,絶版となる場合には出版社側は著作者側に原稿を返却(印刷マスターが完成した時点で原稿は返却される場合も多い)し,出版社側の持つ著作権を放棄する。
 この場合,著者は自由に出版社を選び,再契約することで出版することが可能となる。コミックなどで出版社が変更され刊行される場合があるが,それらもこうした例に従っている。
 逆に言えば,出版社側の都合で絶版は決定してしまう為,出版社が倒産した場合は,その時点で絶版が決定する為,著作者は原稿が返却されずにトラブルとなる場合もある。(文筆の場合,元データが存在すればいいのだが,漫画などの場合,こうしたトラブルは後々まで影響する。債権を引き継いだ会社が継続して出版する場合もあるが,多くはその時点で流通からも消えるのである。)

 通常,雑誌,書籍などは1度生産したら2度目の生産を行うことはない。従って,ほとんどの「本」が初回生産=最終生産であり,即絶版である。特に雑誌は再版がかかること事態が希であるため,再版がかかった場合ニュースになるほどである。

 これに対して,人気作品は繰り返し生産されるため,徐々にそのマスター(版)が消耗していき,それ以上生産できない状況となる。このようなときに新たにマスターを作成することを増版といい,本の内容が時代に即さなくなったため該当部分を変更した新しいマスターを作成することを改訂版という。しかし,いずれも版を作り直す点では同じで,用語的にはあまり区別しないで用いられている。
 実のところ,重版という言葉は,最初に作った版を繰り返し用いることであり,厳密に言えば「初版」のままなのである。文庫本等に見られるが,「初版10刷」,「3版5刷」という表記は,前者が「最初に作られた版で,10回目の印刷を行った」という意味であり,後者が「3回目に作られた版で,5回目の印刷を行った」という意味になる。

 しかしながら,現在はこうした版を作り直すこともほとんど無くなっており,生産された回数を「版」という言葉で示すことが多くなっている。ちなみに,書籍等に付属するISBNコードであるが,同じ版を使っている間は,基本的に同じであり,版が変わると変更されるという特徴がある。
 このため,漫画単行本などがリニューアル刊行される場合,ISBNに注視してみると面白い事例が存在することもある。(同一出版社なのに,ISBNの事業者コードが異なるなど。)

 プラモデルの場合,基本的に版とは生産回数を示す形で用いられることがほとんどである。そのため,「初回出荷限定」,「初版限定」といった表現は,模型では基本的に同じような意味として用いられる。
 プラモデルの場合は,基本的に金型で生産され,同じ金型を複数作ることは希である。(同一の金型というものは,基本的に作ることができないため。)このため,出版社でいうところの「初版」が,いつまでもマスターとして用いられるのである。しかし,金型が疲労し,新たに成型することが不可能な状態になることや,何らかの自由で金型そのものが失われてしまうこともある。
 こうした状態を,プラモデルの絶版というのである。
 そのため,金型が存在しているが,基本的に生産する予定がない商品は「生産休止品」として扱われる。(書籍の「品切れ重版未定」と同じである。)
 このため,こうした入手困難な商品に対しても絶版という言葉を用いる場合があるが,金型が存在している限り,生産される可能性はゼロではない。こうした商品が再び生産されることを「再版」というが,これも出版業界の再版・重版と同じ意味である。(無論,価格が変更される場合も多い。)
 対して,メーカーが倒産などで金型が他メーカーに移った場合や,金型が一部改修されて再び生産された場合は,「再販(再販売・再発売)」という言葉を使うこともある。(ただし,一般的には元々「再販」という略語が混乱を呼びやすいこともあって,「再版」でごっちゃになっているのが実情である。)
 また,メーカー倒産による金型買収でメーカーが変更された場合に,旧メーカーが発売していた時の商品状態を再現して販売することを「復刻」という。

 備考

 模型に関する用語の集約の為,ガンダムに関連しないもの,関連しないメーカーも含まれています。

 関連項目


 編集者


[模型用語]


最終更新時間:2011年02月17日 18時02分25秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注