トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

森永ミニモデル・リスト

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

森永ミニモデル・リスト

  • [参考]

 概要

 森永から発売された,チョコスナック,ミルクキャラメル等に付属していたミニモデルのリストである。
 ここでは,カード等のリストでは無く,ミニプラモやフィギュアといった森永製菓製の食玩のおまけリストをまとめている。

 元々,ガンダムの放映当時に食玩の販売権を持っていたのはカバヤで,カバヤでは当時からこうした模型のおまけのついた菓子を販売していたが,ガンダムではそうした商品はでていない。
 番組が打ち切られると,カバヤは販売権を手放しており,これを取得したのが森永製菓であった。ただし,この際に森永製菓が取得できたのはキャラメル[1]であったが,担当者がチョコレート菓子の販売権を獲得していたバンダイ[2]と交渉し,商品そのものは森永が販売し,おまけの玩具はバンダイに発注することとなった。

 このおまけに小型とはいえ,プラモデルが選択されたのは,ガンプラがヒットの兆しをみせていたためで,これに合わせた展開[3]であったという点もヒットの後押しとなっている。
 また,キャラメルは小型のボックスであったため小型のランナーが2枚しか入らないため,MAや様々なメカを製品化し,小型ランナー3枚が入るチョコスナックでは,精度を上げたMSのキットをラインナップすることとしたこともヒットのひとつの要素となった。
 チョコスナックは,ボックスサイズがたまたま1/300スケールに合致したためで,これがガンプラのスケール表示と相まって訴求力を生み出したのである。

 実際の販売実績は,当初は目立った売れ行きではなく,MSVが投入されたパート4から大幅に伸びたとされ,販売ペースの関係もあって,バンダイが製品化したガンプラのラインナップを超えてしまい,バンダイ側で展開していたMSVのラインナップすら先取りする形で展開している[4]

 残念ながら,手持ちのリストでは不完全であり,情報不足である。
 いくつかの書籍や,ウェブで確認できた情報のうち,精度が高いと考えられるものなどを参考に編集しているため,100%確実なデータでは無い。
 現物を含め,情報をお持ちの方は,項目投稿専用掲示板に情報提供をお願いしたい。

 おまけのミニプラモデルは,その性質上,接着剤を使った製作ができないため,当初からスナップフィットで,ランナーから切り離すためのニッパーこそ必要[5]だが,特にツールが必要では無く,低年齢層にも優しい「プラモデル」であったとも言うことができる。
 その割には,極めてクオリティは高く,当時の同価格帯のプラモデルと比較しても完成度は高いといっていいと思われる。

森永チョコスナック

 1982年に発売を開始した食玩。価格100円。
 パート3までは,ガンプラの後追いの小型モデル,といったあんばいであったが,パート4のMSV製品化から急激に売り上げが伸びたと言われる。
 特筆すべきは,パート3の武器セットで,単体で完結すべき食玩でのオプションパーツのみの製品化というのは,当時としてはほとんど例の無い事例であった。

 なお,ラインナップ名は当時のものと思われるものを記述[6]しているが,同じ機体でも装備品が異なる場合があり,その場合は,装備品まで記述している。

弾数発売機体名備考
Part.11982年7月ガンダム(ビームライフル装備)[7]
ジム(シールド装備)
ザク(マシンガン装備)
グフ(シールド装備)
ドム(バズーカ装備)
ズゴック
ゲルググ(ビームライフル装備)
ギャン(シールド装備)
Part.21982年12月ガンキャノン[8]
アッガイ
アッグ
旧型ザク(ヒートホーク装備)
アッグガイ
シャアゲルググ(シールド装備)
ゾック
ジュアッグ
Part.31983年3月リアルタイプガンダム(ビームサーベル装備)
ゾゴック
武器セット
ゴッグ
ガンタンク
ジオング
量産ザク(バズーカ装備)
リックドム(ヒートソード装備)
Part.41983年7月ゲルググ(ビームナギナタ装備)[9] [10]
ジム(ビームスプレーガン装備)
プロトタイプドム
グフ(ヒートサーベル装備)
ガンダム(バズーカ装備)
ザクキャノン
ザク
ギャン(ビームサーベル装備)
Part.51983年11月プロトタイプガンダム
ジムキャノン
ザクデザート
ガンダムフルアーマー
ゲルググキャノン
ザク強行偵察型
水中型ザク
グフ飛行試験型
Part.61984年2月レッドドルフィン[11] [12] [13]
ザクタンク
YMS-08A
MS-07C-5
トロピカルドム
フリッパー
カスタムグフ
ジムスナイパー
Part.71984年7月パーフェクトガンダム[14] [15] [16]
ジョニーライデン
高速機動型ザク
ガンキャノン重装型
ヨーロッパ戦線用グフ
ジムトレーナー
MS-06Z
ザクマインレイヤー

森永ガンダムミルクコーヒーキャラメル

 1982年に発売を開始した食玩。価格100円。
 チョコスナックよりも先行して投入されており,当時の「おまけ付き菓子」におけるキャラメルの印象の強さがうかがえる。
 なお,インタビュー等では,1982年3月にPart.1が発売されたという記述であり,書籍等の記録と一致しているが,森永製菓のかつてのサイト「客楽多屋」のデータでは,「1983年1月に発売」となっている。しかしながら,客楽多屋のデータでは,Part.4とPart.3の発売時期が逆転していたり,商品名にミスがあったりと,安定していないため,発売時期については,一部類推を含んだものとなっている。このため,詳細が確認できる情報があれば,提供を願いたい[17]

 おまけキットは,チョコスナックのモビルスーツとは異なり,完全な箱スケールで,商品によってスケールはバラバラであり,単に並べると統一感のないものとなる。(宇宙戦艦ヤマトのメカコレシリーズのコスモタイガーとヤマトを並べるようなものと言えば判るだろうか?)
 なお,一部の小型機や小型車両は,1/120〜1/150程度となっており,1/144スケールのディオラマなどに用いられる事例もあった。

 基本的には8種だが,前シリーズまでの製品が入っていたものが存在する模様。(16種,20種,24種の表記がなされた箱が存在する。)

弾数発売機体名備考
Part.11982年3月ガンダム&ザクレロ[18]
ゲルググ&ララー専用MA
ザク&ビグザム
ドム&ビグロ
ギャン&グラブロ
グフ&ドダイ
ジム&コアブースター
ガンキャノン&Gアーマー
Part.21982年7月マゼラアタック[19]
ガウ攻撃空母
ジオング
ガンタンク
ホワイトベース
ボール
ゴッグ
ゾゴック
Part.31983年1月ビグザム[20]
コアファイター
シャアムサイ
Gスカイ
ガンペリー
グワジン
Gブル
ザンジバル
Part.41983年7月ドダイYS[21]
ドップ
ビグロ
アッザム
グラブロ
ミデア
ララァ専用アーマー
61式戦車
Part.51984年1月ザクタンク[22]
Gアーマー
パプア
ギャロップ
コアブースター
マッドアングラー
フライマンタ
ルッグン
Part.61984年9月セーバーフィッシュ[23] [24]
パーフェクトジオング
ザクレロ
ファンファン
パブリク
コミュ
TINコッド
シーランス
ファットアンクル
RMV-1
フライダーツ
キュイ

森永チョコスナック ガンダムスーパーコレクション1

 1984年に発売されたもの。価格は100円。
 Part.7まで発売されたチョコスナックのセレクト再販商品といったもので,これまでの製品の中から30種がラインナップされている。

 発売時期ははっきりしていないが,Ζガンダムの決定が年末にあったことから,チョコスナックPart.7の発売から,年末までのわずかな期間に行われたものと考えられ,その点からも,実質的には,Part.7にこれまでの再販品を加えたセットといったものとなっており,人気が集中していたPart.2〜4までのミニキットがセレクトされている。
 また,本ラインナップのミニキットは,MSVキットにも取り入れられていた梨地加工が施されている。

 なお,このシリーズ名からも場合によっては,第2弾が予定されていたとも考えられ,この点についての詳細が明らかになった場合,修正を行う。

弾数発売機体名備考
第1弾1984年旧型ザク[25] [26]
ガンキャノン
シャア専用ゲルググ
アッグ
アッガイ
アッグガイ
ゾック
ジュアッグ
リアルタイプ・ガンダム
量産型ザク
リックドム
ゾゴック
ガンタンク
ジオング
ガンダム※
プロトタイプドム
グフ※
ザクキャノン
ザク
ジム※
ギャン※
ゲルググ※
パーフェクトガンダム
ジョニー・ライデン
ヨーロッパ戦線用グフ
MS-06Z
ガンキャノン重装型
ザクマインレイヤー
高速機動型ザク
ジムトレイナー

森永チョコスナック 機動戦士Ζガンダム

 1985年に発売された食玩。価格は100円。
 前年まで販売されていたガンダムチョコシリーズの順当なバージョンアップといえるような商品となっており,従来は肩が回る程度の動きしかなかったキットが,膝や肘などに可動部が存在(すべてのキットが双方可動するわけではない))するようになっている。
 その一方で,片面成型になり,肉抜き穴が多く存在するようになってしまっている。

 この商品も発売時期とラインナップに不明点があり,第1弾から第4弾まで各4種ずつとする資料もあるが,当初8種に4種+4種というラインナップの記述もある(本Wikiでは初弾4種の箱を見たことがないため,後者としている)。
 また,ラインナップも追加式で,前ラインナップに追加する形で販売されている。

 なお,Ζガンダムでは大型の可変機が登場したことから,第2弾から1/300スケールの表記が無くなっており,完全な箱スケールとなっている。

弾数発売機体名備考
第1弾不明ガンダムマーク
ハイザック
リックディアス
ガルバルディβ
ゼータガンダム
マラサイ
100式
ジム
第2弾不明ギャプラン[27]
ネモ
アッシマー
メッサーラ
第3弾不明サイコガンダム
メタス
ハンブラビ
ガブスレイ

森永Ζガンダムキャラメル

 1985年に発売されたもので,菓子については基本的にガンダムの時と同様のもの。価格も同じく100円。
 しかしながら,投入されたミニキットは大幅に変化し,モビルアーマーや小型機ではなく,デフォルメされたモビルスーツになっている。

 この当時,100円売りのガシャポン(まだこの当時は厳密にはガチャポン)で,デフォルメされたミニキットが販売されていたものの,本格的なSDガンダムブームは到来前で,いわゆる「スーパーディフォルメ」タイプとは異なったアレンジとなっている。
 ガシャポンのディフォルメキットは,エルガイムやバイファムといった他作品も投入されており,一定の数が存在し,本商品もそうしたラインのディフォルメになっている。(なお,プラモデルとしては,同時期には「ロボチェンマン」や「カワルドスーツ」といったラインが存在しており,この後に,BB戦士が投入されている。)

弾数発売機体名備考
Part.11985年7月ガンダムマーク
ハイザック
リックディアス
ガルバルディβ
ジム
100式
ゼータガンダム
マラサイ
Part.21985年12月サイコガンダム
ネモ
アッシマー
ギャプラン
ハンブラビ
メッサーラ
ガブスレイ
メタス

森永チョコスナック 機動戦士ガンダムΖΖ

 1986年発売の食玩。価格は100円。
 Ζガンダムの時と同様のフォーマットで製品化されており,展開もほぼ同等となっている。
 また,ガンダムΖΖの放映時の状況からか,意外にも新MSが少なく,Ζガンダムが初出の機体も多く商品化されている。

 ラインナップは,第1弾8種に,第2弾は8種が加えられる形となっており,第2弾発売時には16種のラインナップになっていたことになる。
 特徴的な点としては,プラモデルでは発売されていないMSがかなりの割合で製品化されており,後年「2分で作るガンダム名鑑」においても製品化で話題となった「ゲゼ」が含まれている。

弾数発売機体名備考
Part.1不明ガンダムZZ[28]
ハンマ・ハンマ
ガルスJ
ガザD
キュベレイ
パラス・アテネ
ディジェ
バーザム
Part.2不明ズサ
バウ
R・ジャジャ
ガ・ゾウム
カプール
ゲゼ
ドワッジ
ドライセン

森永ガンダムΖΖキャラメル

 1986年に発売されたもの。内容については,Ζガンダムのものと同じで,封入されたおまけキットもディフォルメされたもの。
 従来とは異なり,ブラインドでは無く,封入キットが表記されたため,ダブりの心配はなくなっている。
 また,ガンダムΖΖの放映時の状況からか,意外にも新MSが少なく,Ζガンダムが初出の機体も多く商品化されている。

 実は,ラインナップがはっきりしておらず,Part.1とPart.2の2種があるという記録もある[29]

弾数発売機体名備考
1986年7月R・ジャジャ
ガ・ゾウム
ガルスJ
ズサ
ガンダムZZ
ハンマ・ハンマ
バウ
ガザD
ネモ
メッサーラ
アッシマー
ギャプラン
サイコガンダム
メタス
ガブスレイ
ハンブラビ

 備考

 機動戦士ガンダム編,MSV編のデータについては,ガンダムエイジを参照し,その他のデータではカセクシスさんのコキュートスを参照しています。

 また,森永製菓では,多数のラインナップが存在しており,SDガンダムを始め様々なおまけキットが存在します。
 これらのデータは調査中であり,情報提供を求めています。

 編集者


[参考]


最終更新時間:2018年05月15日 06時54分25秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]現在でこそ食玩といえばガムやラムネが主流となっているが,当時はやはりグリコのキャラメルのイメージが強かったためか,おまけ付きキャラメルが多かった。
  • [2]この当時から食玩部門の設立をバンダイは考えていたが,実際にこれが実現したのは80年代後半。
  • [3]このため,ヒットのためガンプラを購入できない層にとっての福音ともなった。
  • [4]なお,ガンダムチョコとキャラメルだけで総数では2億を超える販売実績をだしたとされており,これをガンプラとしてカウントするとしたら,現在のガンプラの売り上げ総数は桁違いに跳ね上がることとなる。
  • [5]当時は,多くは爪切りで代用していたのではないかと思われるが(笑)
  • [6]ミスがあったら指摘していただきたい。
  • [7]ザクの標記だが,実際には角付で,シャア専用ザクと思われる。資料によっては,「シャアザク」標記も。
  • [8]時期的にほぼ最新キットであったため,これらの未登場機が投入されたと思われる。
  • [9]Part.2/3の16種が加えられたバージョンもあったとされる。
  • [10]「ザク供廚蓮ぅ廛薀皀妊詁瑛諭MS-06Rの商品表記。
  • [11]レッドドルフィンは,水中型ザクのバージョン違い。
  • [12]YMS-08A(高機動型試作機),MS-07C-5(グフ試作実験機)は,MSVでも未キット化商品。機体名ではなく,型式で封入。
  • [13]カスタムグフとは,「マ・クベ専用機」の商品名。
  • [14]ジョニーライデン表記は,MS-06R-2 ライデン専用ザクのこと。
  • [15]高速機動型ザクは,「MSN-01」のこと。逆に,Zタイプザクは,単に型式で表記されている。
  • [16]ヨーロッパ戦戦用グフ(MS-07C),ジムトレーナーは,MSVでも未キット化商品。
  • [17]客楽多屋は現在閲覧不能だが,インターネットアーカイブ等で確認することができる。キャラメルについては,ガンダムからガンダムΖΖまで取り扱っており,この際に「83年から86年にかけて販売された」との資料があることが触れられている。一方で,参照したガンダムエイジなどの資料でも明らかにおかしな点もあり,チョコスナックとは異なり,わからない点も多い。
  • [18]発売年月はインタビュー等より。森永ウェブでは,1983/4。
  • [19]発売年月は推測。森永ウェブでは,1983/7。
  • [20]発売年月は推測。森永ウェブでは,1983/7。
  • [21]発売年月は推測。森永ウェブでは,1983/5。
  • [22]発売年月は推測。森永ウェブの発売年月。
  • [23]RMV-1は,当初「量産型ガンタンク」と紹介されたが,RMV-1として封入。
  • [24]パーフェクトジオングは,資料によっては単に「ジオング」とされる足つきのもの。
  • [25]基本的には旧来の再販に相当する。表面に梨地加工が施されている。商品名からすると第2弾が予定されていた可能性もある。
  • [26]※印がついているMSは,チョコスナックPert.4のもの。なお,機体名については,チョコスナックの注釈を参照。
  • [27]大型可変モビルアーマーの投入に伴い,1/300の標記が消えている。
  • [28]ゼータガンダム登場機が導入されている。
  • [29]前出の客楽多屋の記録では,Part.1が行方不明で,Part.2が4種写真あり,4種が不明という状況で,Part.2は,ダブルゼータ,ズサ,ハンマハンマ,ガルスJ,ガザD,Rジャジャ,ガ・ゾウム,バウの8種とされている。ただし,発売時期が86年7月とされており,この時期には,後半の機体であるバウは模型情報などでも試作公開された段階であるため,微妙と言えば微妙である。また,この状況だと,Part.1は,Ζガンダム初出機のみで,主役となるガンダムチームの機体が含まれておらず,アンバランスでもある。キャラメルの場合,前弾までのキットが封入されることもあったため,このあたりの情報が明らかとなった場合に修正したい。