トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

国際ガンダム研究会

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

国際ガンダム研究会

  • [関連用語]

 説明

 国際ガンダム研究会は,「ガンダム」シリーズにおいて提起されている「未来都市」への展望と,その都市の諸問題といった観点と,同シリーズが20年に渡って人気を博しているだけでなく,国際的に評価されている文化産業論の観点という2つの側面から研究を進めるというもので,すでに存在する金沢工業大学をはじめとした工学的観点から「ガンダム」をモチーフとした学会とは異なり,人文学的,社会学的あるいは経済学的観点から,未来都市の姿を想定した研究を行うもの。

目的

 1979年から放送され,数多くのシリーズが製作されている『機動戦士ガンダム』(MOBILE SUIT GUNDAM)をモチーフとして,未来都市の諸問題を研究するものである。

 同シリーズは,1979年,日本サンライズが制作し名古屋テレビをキー局として放送されたロボットアニメーションであり,人口増加により宇宙に移民する時代「宇宙世紀」を舞台に,人の革新,そして地球と宇宙の人類の対立を描いている。これまでのロボットアニメに,戦場を舞台としたリアリティに富んだ人間ドラマと,ロボットを「モビルスーツ」とよばれる一種の兵器として扱う設定とを導入したことでその変革の先駆けとなり,後に「リアルロボット」と称される大きな潮流を作った作品である。

 本研究会は,大きく‘吋轡蝓璽困砲いて提起されている「未来都市」への展望とその都市の諸問題からの観点,同シリーズが20年に渡って人気を博し,また,国際的に評価されている文化産業論の観点の二つの側面より,研究を進めるものである。

 また,国際的に共認された『ガンダム』というアニメーション作品をモチーフとすることで,広く国際的なアピールに寄与するものであると考える。

 なお,現状,金沢工業大学をはじめ,工学的観点から『ガンダム』をモチーフとした学会(ガンダム創出学,ミノフスキー学会)は存在する。本研究会は,人文学的,社会学的あるいは経済学的観点から,未来都市の姿を想定した研究を行うものとする。

研究テーマ案

  • 宇宙世紀の実現性(人口増加による宇宙移民の可能性)
  • 地球と宇宙の人類の対立構造(エリート主義に関する歴史学的観点からの考察)
  • 宇宙人類(スペースノイド)の社会心理学(ニュータイプの現出)
  • 地球愛と故郷愛に関する考察(故郷不在の都市における行動学)
  • ジオン革命に関する考察(ファシズムの恒久性について)
  • テクノクラート(地球連邦)の政治学
  • 戦場における人の意識の革新可能性
  • 『ガンダム』の国際的普及動向と経済効果

 関連項目


 編集者


最終更新時間:2014年10月18日 18時40分17秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注