トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

考察:Laboratory Report/第2章 宇宙世紀の技術(4-8)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

第2章 宇宙世紀の技術

 宇宙世紀の概要については,前章で簡単に説明を行った。本章では,これら時代時代に応じた技術的な面を概要と詳細の形でまとめていきたい。また,各陣営ごと,開発メーカーごとのMS開発に関する技術系譜等も本章で扱う。
 特に,宇宙世紀初期と記録の残る終盤である,200年代ではその世界環境が大きく異なるため,これらも含めて技術論という形でまとめておく。

 なお,各モビルスーツの詳細データ等,個別考察については第4章以降にまとめているので,そちらを参照してほしい。

 2-4 モビルスーツの開発メーカー


 本項では,ジオン公国軍及び地球連邦軍におけるMSの開発メーカーについてその概要と詳細をまとめている。また,関連してMSの爆発的な進化が続いたグリプス戦役期頃までのMSの開発に関わった企業や組織等についてもまとめている。(企業ではなく,軍主導で開発が進められた機体群も存在するため,こういった表現になっている。)
 この時代,MSという機動兵器の基礎フォーマットが確立した時期ともいえ,以降のMS開発はこの成熟が続いていった時代と区別することが可能であり,それだけに様々なメーカーがその技術を競った時代だとも言えるのである。また,メーカーの違いはMSのコンセプトの違いとも言える時期であり,こうした時代を経て,MSという兵器は完成度が高められていったのであろう。そのため,この時代のMSは,初期にMSという兵器が登場した時期から,様々な用途別,機種別分類が確立するまで,非常に短期間で成熟しており,(一般的には兵器の成熟には非常に長時間がかかるものであるのだが)わずか20年ほどで第1〜第5世代まで急速に発展している。(ただし,基礎的フォーマットの確立は第2世代でなされており,以後の機種は多くがこの第2世代MSをベースとしているのは注目すべき点である。)

 第1節から第7節までは,これら一年戦争前後から第2次ネオ・ジオン戦争というMSが急速に発展した時代のMS開発メーカー,組織を重点的に解説している。また,宇宙世紀100年以降に登場したMS開発メーカーに関する概要や詳細については,代表的なものを第8節以降にまとめている。


 2-4-(8) S.N.R.I.


 S.N.R.I(以下サナリィ)とは,[Strategic Navalre Sea Rchinstitute / 戦略海軍研究所]の略である。
 宇宙世紀100年代にはいると,連邦軍に対抗できる大きな軍事的抵抗もほとんど無くなっており,連邦軍としては,その巨大になりすぎた軍備が維持費という形でのしかかってきていた。特に第1次ネオ・ジオン戦争から第2次ネオ・ジオン戦争にかけて運用されたMSは,高出力ジェネレータの搭載や複雑な可変機構,更にはニュータイプ(以下NTとする)対応型のデバイスが搭載されるなどMSの巨大化は歯止めがかからなかった。
 第2次ネオ・ジオン戦争時には一般向けの標準的な量産MSですら20mに届きつつあり,エース向けや特殊用途向けの機体では,20mを軽く超えている有様だった。また,宇宙世紀105年に起こったマフティの叛乱では,使用された「ガンダム」は,既に30mにも届こうかという超大型(1年戦争時の機体と比較して)の機体が登場していた。これはMSを運用するための設備・艦艇も大型化するということであり,軍備維持費を肥大化させた要因の一つであったのである。
 こうした状況の中,連邦軍に対して「MSの小型化」を提言したのがサナリィである。サナリィが提言したのは,MSの性能を維持したままの小型化で,設備を従前のものを更新しながら維持費を減少させようとするものだった。
 また,同時にサナリィはこれまでアナハイム・エレクトロニクス社が事実上独占していたMS開発に自らが乗り出したのである。

 サナリィは,元々コロニー開発などを行っていた民間企業が連邦政府によって諮問機関としての戦略戦術研究所に公営化されたものが,戦略海軍研究所に再編され成立した半公半民の企業として再び独自活動を行った企業である。
 サナリィが提唱したMSの小型化は,フォーミュラ計画と位置づけられ「開発当初のモビルスーツの概念に回帰しよう」という理念の下,進められた。このサナリィの提言は,連邦軍に採用されMSの小型化計画がスタートしたのである。無論,アナハイム・エレクトロニクス社にも同様の提言は成され,宇宙世紀109年には早くもその初号機となるRGM-109ヘビーガンがロールアウトしている。だが,これもサナリィにとっては納得のいくレベルの機体ではなく,宇宙世紀111年には小型化されたMSの素体ともいうべき「F90」をロールアウトしている。
 サナリィが開発したF90は,伝説のMSであるRX-78を模した「ガンダムタイプ」MSであり,RX-78同様のプレーンな機体として完成していた。その全高は15mを切るほど小型化されており,自らが提言した条件をクリアしており,なおかつ従前の機体を大きく凌駕する高い性能を達成していた。さらにF90は,次世代機の実験機としての側面を持っており,26種(一説には27種)におよぶミッションパックを換装することで単一の機体が全く異なった用途のMSに変貌するという特徴を持っていた。
 無論,F90のままで量産するにしてはそのコスト面などは改善されるものではなく,あくまで原型でしかないのではあるが,このプランは連邦軍にも評価され,F71という形で量産配備がおこなわれた。

 その後も高い性能の機体を開発しているが,元々生産設備を保有していないサナリィでは,これらの量産に関して結果的にアナハイム・エレクトロニクス社の手を借りるしかなかった。そのため,どうしてもサナリィの技術は各所に流出してしまうことになってしまっている。また,各所に研究施設を持っていたため,広域に幅広い人材を持っていたが,逆に言えば各所を分断されやすい状況にあったとも言えるのである。

 実際,宇宙世紀123年のコスモバビロニア建国戦争では,サイド4の支社が分断された形になり,新鋭機であるF91の搬出に苦労したり,施設のデータを持ち出すためにF90靴投入されるなど,サナリィ側の動きもあわただしいものとなったのである。同様に,宇宙世紀140年代の宇宙戦国時代には,それぞれのコロニーが国家的側面を持ってしまったため,コロニー内のサナリィ施設が接収されることになってしまった。こうして接収された施設が,ザンスカール戦争においてはベスパのMS開発拠点になったとされている。(一方,月面のサナリィ施設は,アナハイムと協力してリガ・ミリティア向けのフラッグシップ機を提供したとも言われており,この点で言えばサナリィ開発者同士の戦いだったともいえる。)

 こうしてサナリィという企業は,半公半民であったが故に連邦政府の弱体化の影響を受けている。結果的に,宇宙戦国時代に各コロニー国家の思惑によって分断され,消えていったのである。


 註釈

 本文中の注釈である。
 記述スタンスは,基本的に「執筆者の視点」ではなく,「(我々)編集者/閲覧者の視点」で行われている。

 ナビゲーション


 編集者


最終更新時間:2011年08月15日 17時32分07秒

脚注