トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

考察:Laboratory Report/第2章 宇宙世紀の技術(4-1)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

第2章 宇宙世紀の技術

 宇宙世紀の概要については,前章で簡単に説明を行った。本章では,これら時代時代に応じた技術的な面を概要と詳細の形でまとめていきたい。また,各陣営ごと,開発メーカーごとのMS開発に関する技術系譜等も本章で扱う。
 特に,宇宙世紀初期と記録の残る終盤である,200年代ではその世界環境が大きく異なるため,これらも含めて技術論という形でまとめておく。

 なお,各モビルスーツの詳細データ等,個別考察については第4章以降にまとめているので,そちらを参照してほしい。

 2-4 モビルスーツの開発メーカー


 本項では,ジオン公国軍及び地球連邦軍におけるMSの開発メーカーについてその概要と詳細をまとめている。また,関連してMSの爆発的な進化が続いたグリプス戦役期頃までのMSの開発に関わった企業や組織等についてもまとめている。(企業ではなく,軍主導で開発が進められた機体群も存在するため,こういった表現になっている。)
 この時代,MSという機動兵器の基礎フォーマットが確立した時期ともいえ,以降のMS開発はこの成熟が続いていった時代と区別することが可能であり,それだけに様々なメーカーがその技術を競った時代だとも言えるのである。また,メーカーの違いはMSのコンセプトの違いとも言える時期であり,こうした時代を経て,MSという兵器は完成度が高められていったのであろう。そのため,この時代のMSは,初期にMSという兵器が登場した時期から,様々な用途別,機種別分類が確立するまで,非常に短期間で成熟しており,(一般的には兵器の成熟には非常に長時間がかかるものであるのだが)わずか20年ほどで第1〜第5世代まで急速に発展している。(ただし,基礎的フォーマットの確立は第2世代でなされており,以後の機種は多くがこの第2世代MSをベースとしているのは注目すべき点である。)

 第1節から第7節までは,これら一年戦争前後から第2次ネオ・ジオン戦争というMSが急速に発展した時代のMS開発メーカー,組織を重点的に解説している。また,宇宙世紀100年以降に登場したMS開発メーカーに関する概要や詳細については,代表的なものを第8節以降にまとめている。


(1) ZEONIC / ジオニック社


 ジオニック社は,史上初のMS「MS-01クラブマン」(*1)を開発し,名機MS-06ザク兇鮴犬濬个靴心覿箸任△襦その名が示すとおり,ジオン公国において中心的な役割を果たした企業である。元々大手の複合企業であり(国営企業であった可能性も否定できない),様々な分野で研究開発を行っていた。
 特に軍需関連では,一年戦争の開戦前から,ジオン公国の新兵器開発計画でMIP社と共にプラン提出を行っており,行われたコンペティションで勝利したZi-XA3が後のMSに発展している。
 MSの採用後もMS開発の主たるメーカーとして,様々な機種を誕生させている。

ジオニック社が開発したMS

 ジオニック社のMSとして最も有名な機種は,先に示したMS-06ザク兇任△襦0貲戦争を通じて,4000機とも8000機ともされる生産数を誇るザクは,以後の歴史を通じて最も生産数の多いMSとなっており,それだけにジオニック社がMS史に残した功績は大きい。
 ジオン公国軍の運用したMSの基礎は,ほぼジオニック社によって確立されたといって間違いではなく,極論すれば,地球連邦軍やそれ以降に誕生するMSの基礎もジオニック製MSにあるといえるのである。

 ジオニック社のMSは,MIP社との新兵器開発コンペティションに勝利したZi-XA3がMS-01クラブマンとして採用されたことでその系譜がスタートしたことは先に述べた。

 まずは,ジオニック社が開発,生産したMSを以下に列挙してみよう。

 ・MS-01クラブマン
 ・MS-02
 ・MS-03
 ・MS-04プロトタイプザク
 ・MS-05ザク系
 ・MS-06ザク況
 ・MS-07グフ系
 ・MS-14ゲルググ系
 ・MSM-01水中型ザク(*1)
 ・MSM-04アッガイ系(*2)

 また,次に上げる機種はジオニック社の開発関与の可能性が高い機体である。

 ・MS-11アクトザク(*3)
 ・MS-17ガルバルディ(*4)
 ・MSN-02ジオング

 ご覧のようにジオニック社が開発したMSは,ジオン公国軍の中心的な役割を果たした機種であり,ジオニック社こそが事実上のジオン公国軍主幹メーカーであったことがわかる。また,一覧を見ると,ジオニック社の開発したMSは,基本的に汎用性の高いベーシックな機体であることがわかる。逆に言えばジオニック社がMS開発の主たるメーカーであることを証明しているのである。(*5)

ジオニック社系MS開発の経緯

 元々ジオニック社は,宇宙開発における様々な機材や宇宙機動機を開発していたメーカーであり,ジオン公国でも屈指の大手であった。この技術をベースに公国軍が行った新兵器開発コンペティションに参加したのである。ここで提示されたZi-XA3が後のMS-01クラブマンであることは何度も繰り返しているが,こういった新たな技術を考案することが可能な土壌がジオニック社には既にあったということなのである。MS-02,MS-03という機種は,MS-01を実用化に向けてブラッシュアップしていったものであり,事実上の機構試作機ではある。
 しかし,その次に開発されたMS-04は,設計時点でほぼ実用化に目処はたっており,事実上,「実用化のための調整」がメインであったと言える機体となっている(*6)。ジオニック社の社内コンペティションによって設計プランの詰めが行われたMS-04は,量産化に向けた様々な調整が施された後,量産モデルとしてのMS-05の設計に移行した。

 史上初めて量産されたMSであるMS-05ザク(後にザク機砲蓮ぅ献ニック社の総力を挙げて設計され,MS-04よりもさらに洗練された機体となった。また,MS-05は生産開始時から既にOEM生産が内定しており,ツィマット社やMIP社の生産もほぼ同時にスタートしている。すなわち,この時点で公国軍の戦略構想がMS戦にシフトしていたことがわかるのである。

 ジオニック社では,MS-05の完成以後も設計案の見直しを進め,様々な機材強化やシステム面のアップデートなどを進めており,改良案の設計プランも進められていった。このプランは宇宙世紀77年にMS-06として日の目を見ることとなった。
 設計の完了したMS-06は,基本設計や量産設備はMS-05からの移行が可能であったため,MS-05に代わり直ちに量産に入り,宇宙世紀78年には中心的量産モデルとなるF型の生産へと移行している。また,MS-06は,様々な派生型を生み出してはいるが,そのほとんどが生産ラインに大きく手を加える必要のないものであった。逆に言えば,MS-06の完成度はそれだけ高かった,ということであろう。
 こうして,一年戦争開戦前には実働部隊の多くはMS-06へと機種転換が終了しており,開戦時の公国軍の戦果のほとんどを支えることとなったのである。

 一年戦争に於いて,当初公国軍は,短期決戦を前提とした布陣を組んだ。これは,ブリティッシュ作戦によって地球連邦軍の本部であるジャブローに致命的打撃を与えることを前提としており,既に設計が行われていた局地戦用MSに関してもそれほど重要視している訳ではなかった。
 だが,短期決戦のもくろみは外れ,地球侵攻作戦が立案されてからは,様々な局地戦用MSが投入されていくこととなったのである。当然ながら,これらのベースになったのもMS-06であり,ジオニック社では様々なプランの検討,設計が行われていたのであった。

 一方,来るべく地球連邦軍の新型MS投入を前提とした新型主力MSの開発も行われていた。この計画がMS-11計画である。
 比較的早い段階で,MS-06への対抗兵器が登場することは公国軍でも想定されており,「次世代のザク」の開発は,早くからスタートしていたのである。元々MS-06開発後から,様々な「高性能機」の開発トライは行われており,MS-06SやMS-06RといったMS-06でありながら,MS-06とは一線を画した機体は登場していたのである。しかしながら,こういった機体は,MS-06という機体そのものキャパシティの限界から更なる発展は乏しいと結論づけられた。(そのため,MS-09Rの暫定的主力MS採用があったのである。)

 公国軍が目指す次世代MSは,ザク以上の機体であり,ザクが主目的とした対艦戦ではなく,対MS戦闘を前提とした機体であった。
 特に連邦軍のMSが搭載してくるであろうビーム兵器の搭載は必須であるとされ,これを稼働するに必要なジェネレータの搭載も求められていた。だが,この新型ジェネレータとビーム兵器の搭載という条件によって開発の難易度が高くなり,開発は難航する。
 結果的にMS-11計画は先送りとなり,暫定的にMS-09Rが採用され,完成した機体にはMS-14のナンバーが与えられることとなるのである。完成したMS-14ゲルググは,連邦軍のRX-78に匹敵する完成度の機体となった。しかし,時既に遅く,連邦によって「星一号作戦」が進行しており,投入されたMS-14は戦果をほとんど上げることはできなかった。(特に,一年戦争最後の決戦となったア・バオア・クー攻防戦では,MS-14の多くに学徒動員兵が搭乗したため,その真価を発揮することはできなかった。)
 しかしながら,MS-14の完成度の高さは,両軍共に認めるものであり,量産機としてこうした高い完成度の機体を完成させることのできたジオニック社の高い技術力は評価されたのである。

戦後のジオニック社

 ジオニック社は,事実上一年戦争を牽引してきた兵器企業として,一年戦争終戦後に解体されている。しかし,その技術力は連邦軍だけではなく,当時の民間企業からも高く評価され,分割された施設や設備などは他の企業や連邦軍に吸収されている。
 特に技術者は,アクシズなどに逃れた人材を除き,ほとんどがアナハイム・エレクトロニクスや連邦軍の各研究所に移っており,戦後のMS技術の発展に寄与することとなった。

 戦後,様々なMS技術は,ジオン系がその主流を担うこととなる(*7)。
 その中でもやはりジオニック社系技術者の関与した部分は非常に大きかったのではないだろうか。戦後連邦軍の復興計画の多くも,アナハイム・エレクトロニクスが吸収したジオニック系工廠などで行われており,「10年は遅れている」と言われていた連邦軍のMS技術が急速に発展するためには,どうしてもジオニック社系技術者の協力が必要であったと思われるのである。


 註釈

 本文中の注釈である。
 記述スタンスは,基本的に「執筆者の視点」ではなく,「(我々)編集者/閲覧者の視点」で行われている。

(*1)

 MSM-01水中型ザクは,MS-06Mの開発コードで開発が行われたが,ここでは水中型MSの開発における開発コードの明示を行いたいため,あえてここに提示している。
 なお,機体解説に関してはWiki項目を参照のこと。

(*2)

 MSM-04に関しては,複数の開発メーカー説が存在する。
 この点に関しては,次節のスゥイネン社の部分で取り扱う。

(*3)

 MS-11アクトザクは,ペズン計画機であり,実際には複数メーカーの共同開発である。(ただし,主開発はジオニック社だと想定される。)

(*4)

 MS-17ガルバルディもMS-11アクトザク同様ペズン計画機であり,実際には複数メーカーの共同開発である。(ただし,ガルバルディに関しては,MS-14とMS-15の折衷機とされる記述が多いため,両者の共同開発機だと想定される。)

(*5)

 なぜベーシックな機体が多いと主たるメーカーだと言えるかというと,一般的に「スタンダードな商品(ベーシックな商品)」というのは「デファクトスタンダードとしてシェアを得た商品」だからであう。
 通常,明確に要件が規定された商品(例えばコンピュータにおけるUSB接続器具の接続規格など)以外は,市場で主流となった商品に追従した製品が登場し,事実上の規格化がなされることになる。これがデファクトスタンダードであり,どんなに突飛な製品でも,市場で主流となれば,それが「ベーシックな商品」になるのである。

 具体例を挙げれば,SONYが売り出したウォークマンがある。
 ウォークマンは,発売当初携帯用のカセットテープ再生機として売り出されたが,当時の常識は「再生専用機」は売れないというものであった。しかし,「携帯用」という付加価値のほうが大きく,爆発的なヒットとなり,以後こういった携帯用音楽再生機は「ウォークマン」と通称されるにまで至ったのである。
 同様になものに任天堂のファミコン(現在でも高年齢層にはゲーム機のことをファミコンと通称することで,理解されやすいという一面がある)や,パソコン(元来,1メーカーの独自規格だった物が,世界的標準になってしまったのが,現在のWindows系パソコンの真相である)などがある。前者は,家庭用ゲーム機のビジネスモデルのスタンダードとなり,後者は個人向けコンピュータのスタンダードとなっている。いずれも発売当初は,常識的な商品とは言い難いものだったのは事実である。
 つまり,市場シェアで中心的なものであり,主たるシェアを占めるメーカーの製品であるためである。
 逆に言えば,こういった商品群に割り込むメーカーは,スタンダードな機体にプラスアルファして突出した部分が無いと割り込みができないからである。
 先のウォークマンの例で言えば,録音機能やマイク機能を搭載したのは,いわゆる後追いメーカーである(ただし,ブランドイメージ面で「ウォークマン」になかなか勝利出来なかった)。

 MSについても同様で,「MSの代表機といえばザク」というイメージがあるようにジオニック=ザクというイメージもある。この点が,ジオニックがMSの主たるメーカーであることを示しているのである。

(*6)

 デベロッパーズにおける描写では,設計プランの調整というよりは,建造時の細部の詰めや調整といった部分に力が注がれているように見えるため,こういった形で表現した。

(*7)

 後述するが,実際には主流となったのは「連邦系技術」である。
 ジオン系が主流となったのは,その生産システムや,開発形態といった部分である。
 とはいえ,ハイザックに代表される,ジオン系技術のMSが一時期連邦軍でも大きく利用されていたことを考えれば,ジオン系技術を連邦系技術が飲み込んだ,と考えた方が正しいのだろう。

 資料

  • 資料[4]:Developers

 ナビゲーション


 編集者


最終更新時間:2011年08月15日 17時25分00秒

脚注