トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

機動戦士Zガンダムの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!機動戦士Zガンダム
*[TVアニメ]
!!データ
,作品データ{COLS:2},
,放映期間,1985/03/02〜1986/02/22,全50話
,放映系列,名古屋テレビ系
,放映時間,土曜17:30〜18:00
,VIDEO発売日,1994/--/--(1)〜1995/--/--(12)
,価格,
,DVD発売日,2001/--/--
,価格,3990円(1){{br}}6300円(2)〜(13)
,収録時間,49分(1){{br}}97分(2)〜(12){{br}}102分(13)
,収録内容,1〜2話(1){{br}}各4話ずつ(2)〜(12){{br}}47〜50話+映像特典(13)
,DVD-BOX発売日,
,価格,
,収録時間,
,収録内容,
,発売元,バンダイビジュアル
,LP発売日,1985/--/--(BGM 1){{br}}1985/--/--(BGM 2){{br}}1986/--/--(BGM 3)
,価格,
,発売元,キングレコード
,CD発売日,1991/--/--(BGM 1〜3)・1999/--/--(BGM 1〜3/再販){{br}}1994/--/--(SPECIAL)・1999/--/--(SPECIAL/再販)
,価格,
,発売元,キングレコード
,発売日(Blu-ray),2008/12/19(BOX1){{br}}2009/01/23(BOX2)
,価格,36750円(税込/BOX1・BOX2)
,仕様,収録話数:25話{{br}}収録時間:625分{{br}}2層BD5枚{{br}}4:3 1080p MPEG4{{br}}リニアPCM(モノラル){{br}}60P ライナーノーツ同梱
,発売元,バンダイビジュアル

!!概要
1985年放映。ガンダム人気がMSVなどで持続していた84年,MSVですら商品化についてその限界が見えてきており,MSXという新しいカテゴリーでの商品化が行われようとしていたが,テレビ局側とスポンサー側の思惑が一致し,ガンダムの続編が制作されることとなったのである。続編を制作させる要因の一つとなったのがシャアの生死であったが,これは本作の仮タイトルが「逆襲のシャア・ガンダム」であったことからもわかるだろう。
作品は,「重戦機エルガイム」の後番組として放映され好評をはくした。しかし,その難解なストーリーが災いし,賛否両論巻き起こしたのも,又事実である。なお,「戦闘メカ ザブングル」以降定番となった主役メカ交代までZガンダムが登場しないという異色作でもあった。

!!ストーリー
一年戦争が終結して7年余りの宇宙世紀0087年。地球圏は再び不穏な空気に包まれていた。
戦後処理の一環として,未だ抵抗をやめない一部のジオン軍の残党狩りの為に結成されたティターンズは,その強大な力によって,ジオン軍残党だけではなく,反連邦思想/活動家まで弾圧を行っていた。
戦後の再建は進んでいたが,地球にすむ人々は宇宙を顧みることもなく,また,自分たちの足下である地球の汚染を進めていた。スペースノイドにくすぶっていた反地球連邦思想は,ティターンズの結成以後大きく盛り上がり,反地球連邦組織,エゥーゴを結成するに至った。そして,そのティターンズとエゥーゴの緊張状態が極限まで高まったとき,30バンチ事件が起こったのである。
かつて,シャア・アズナブルと呼ばれた男は,クワトロ・バジーナと名を変え,エゥーゴに参加していた。そして,彼は,ティターンズの開発した新型ガンダムを奪取すべく,かつてのサイド7へと潜入を試みていた。

サイド7グリーンノア1の少年,カミーユは,ティターンズのジェリド・メサ少尉に女と言われたことが原因で殴りかかり,ティターンズとトラブルを起こしてしまう。その成り行きでガンダムMK2に搭乗したそのままエゥーゴへと身を投じてしまう。その行動が原因でカミーユの両親は死亡してしまい,また,幼なじみのファもコロニーを追われてしまう。
流されるままに戦うカミーユであるが,30バンチ,ジャブロー,アムロとの出会い,そして香港でのフォウとの出会いを経て成長していく。
宇宙へ帰ったカミーユは,名実ともにエゥーゴのエースへと成長していく。そしてクワトロとともに再度地球へと降下し,キリマンジャロでのフォウとの別れを経験した事により,人間的にも大きく成長していく。
戦局は,クワトロのダカール演説以降,ティターンズが反乱軍とされ,さらにシロッコの裏切りで混沌とする。その上,帰還したアクシズが参戦した為に三つ巴の混戦になってしまう。そんな中で,ティターンズとの最後の戦いが行われ,クワトロはハマーンと,カミーユはシロッコとの一騎打ちに望む。そして,クワトロは行方不明,カミーユは勝利するもののその精神は失われてしまった。

!!キャラクタ
※項目の肥大化に伴い分割された。
*[[機動戦士Zガンダムに登場するキャラクタ]]

!!モビルスーツ
※項目の肥大化に伴い分割された。
*[[機動戦士Zガンダムに登場するMS/MA]]

{{category_list 艦艇・Z}}

!!用語
※項目の肥大化に伴い,分割された。
*[[機動戦士Zガンダムに関係する用語|宇宙世紀に関係する用語]]

!!サブタイトル
,No.,タイトル,脚本,コンテ,演出,作画監督,放映
,01,黒いガンダム,大野木寛,斧谷稔,今川泰宏,今川泰宏,北爪宏幸,1985.03.02
,02,旅立ち,鈴木裕美子,斧谷稔,滝沢敏文,関田修,小林利充,1985.03.09
,03,カプセルの中,川崎知子,斧谷稔,横山広行,横山広行,兵藤敬,1985.03.16
,04,エマの脱走,丸尾みほ,斧谷稔,川瀬敏文,川瀬敏文,山田きさらか,1985.03.23
,05,父と子と…,大野木寛,斧谷稔,杉島邦久,杉島邦久,金山昭博,1985.03.03
,06,地球圏ヘ,鈴木裕美子,斧谷稔,井内秀治,関田修,北爪宏幸,1985.04.06
,07,サイド1の脱出,丸尾みほ,斧谷稔,知吹愛弓,横山広行,小林利充,1985.04.13
,08,月の裏側,大野木寛,斧谷稔,川瀬敏文,川瀬敏文,兵藤敬,1985.04.20
,09,新しい絆,丸尾みほ,斧谷稔,杉島邦久,杉島邦久,山田きさらか,1985.04.27
,10,再会,大野木寛,斧谷稔,今川泰宏,関田修,金山昭博,1985.05.04
,11,大気圏突入,鈴木裕美子,斧谷稔,網野哲郎,横山広行,北爪宏幸,1985.05.11
,12,ジャブローの風,平野靖士,斧谷稔,知吹愛弓,斧谷稔,川瀬敏文,小林利充,1985.05.25
,13,シャトル発進,大野木寛,斧谷稔,杉島邦久,斧谷稔,横山広行,山田きさらか,1985.06.01
,14,アムロ再び,鈴木裕美子,斧谷稔,今川泰宏,今川泰宏,金山昭博,1985.06.08
,15,カツの出撃,丸尾みほ,斧谷稔,横山広行,関田修,北爪宏幸,1985.06.15
,16,白い闇を抜けて,鈴木裕美子,斧谷稔,本橋鷹王,本橋鷹王,小林利充,1985.06.22
,17,ホンコン・シティ,遠藤明吾,川瀬敏文,川瀬敏文,山田きさらか,1985.06.29
,18,とらわれたミライ,鈴木裕美子,斧谷稔,横山広行,杉島邦久,杉島邦久,金山昭博,1985.07.13
,19,シンデレラ・フォウ,遠藤明吾,甚目喜一,平林淳,北爪宏幸,1985.07.13
,20,灼熱の脱出,遠藤明吾,関田修,関田修,小林利充,1985.07.20
,21,ゼータの鼓動,大野木寛,斧谷稔,斧谷稔,本橋鷹王,本橋鷹王,山田きさらか,1985.07.27
,22,シロッコの眼,丸尾みほ,斧谷稔,川瀬敏文,川瀬敏文,金山昭博,1985.08.03
,23,ムーン・アタック,鈴木裕美子,斧谷稔,杉島邦久,杉島邦久,北爪宏幸,1985.08.01
,24,反撃,遠藤明吾,横山広行,関田修,小林利充,照日四郎,1985.08.17
,25,コロニーが落ちる日,鈴木裕美子,斧谷稔,平林淳,山田きさらか,1985.08.24
,26,ジオンの亡霊,遠藤明吾,井内秀治,本橋鷹王,北爪宏幸,1985.08.31
,27,シャアの帰還,鈴木裕美子,斧谷稔,川瀬敏文,川瀬敏文,金山昭博,1985.09.07
,28,ジュピトリス潜入,遠藤明吾,森一浩,関田修,小林利充,1985.09.14
,29,サイド2の危機,鈴木裕美子,杉島邦久,世良邦男,杉島邦久,大森英敏,1985.09.21
,30,ジェリド特攻,遠藤明吾,横山広行,平林淳,山田きさらか,1985.09.28
,31,ハーフムーン・ラブ,鈴木裕美子,斧谷稔,斧谷稔,森一浩,妻方仁,瀬尾康博,1985.10.05
,32,謎のモビルスーツ,遠藤明吾,井内秀治,本橋鷹王,金山昭博,1985.10.12
,33,アクシズからの使者,遠藤明吾,甚目喜一,関田修,小林利充,1985.10.19
,34,宇宙が呼ぶ声,鈴木裕美子,川瀬敏文,川瀬敏文,山田きさらか,1985.10.26
,35,キリマンジャロの嵐,鈴木裕美子,森一浩,平林淳,瀬尾康博,1985.11.02
,36,永遠のフォウ,鈴木裕美子,杉島邦久,遠藤明吾,北爪宏幸,1985.11.09
,37,ダカールの日,鈴木裕美子,横山広行,横山広行,金山昭博,1985.11.16
,38,レコアの気配,遠藤明吾,斧谷稔,世良邦男,関田修,小林利充,1985.11.24
,39,湖畔,鈴木裕美子,川瀬敏文,川瀬敏文,山田きさらか,1985.11.03
,40,グリプス始動,遠藤明吾,斧谷稔,森一浩,平林淳,寺東克己,1985.12.07
,41,目覚め,鈴木裕美子,杉島邦久,杉島邦久,瀬尾康博,1985.12.14
,42,さよならロザミィ,遠藤明吾,横山広行,横山広行,恩田尚之,1985.12.21
,43,ハマーンの嘲笑,遠藤明吾,世良邦男,関田修,金山昭博,1986.01.04
,44,ゼダンの門,鈴木裕美子,川瀬敏文,川瀬敏文,小林利充,1986.01.11
,45,天から来るもの,遠藤明吾,森一浩,平林淳,山田きさらか,1986.01.18
,46,シロッコ立つ,鈴木裕美子,杉島邦久,杉島邦久,瀬尾康博,1986.01.25
,47,宇宙の渦,遠藤明吾,横山広行,横山広行,恩田尚之,1986.02.01
,48,ロザミアの中で,鈴木裕美子,滝沢敏文,関田修,金山昭博,1986.02.08
,49,生命散って,遠藤明吾,世良邦男,平林淳,敷島博英,1986.02.15
,50,宇宙を駆ける,遠藤明吾,川瀬敏文,川瀬敏文,小林利充,1986.02.22

!!予告編
*機動戦士Zガンダム・予告編

!!スタッフ
総監督:富野由悠季
企画:日本サンライズ
原作:矢立肇・富野由悠季
キャラクターデザイン:安彦良和
メカニカルデザイン:大河原邦男,藤田一己
美術:東潤一
デザインワークス:永野護
音楽:三枝成章

オープニングテーマ:「Z・刻を越えて」
  作詞:井萩麟
  作曲:ニール・セダカ
  編曲:渡辺博也
  歌:鮎川麻弥
オープニングテーマ2:「水の星へ愛をこめて」
  作詞:売野雅勇
  作曲:ニール・セダカ
  編曲:馬飼野康二
  歌:森口博子
エンディングテーマ:「星空のBlieve」
  作詞:竜真知子
  作曲:ニール・セダカ
  編曲:渡辺博也
  歌:鮎川麻弥

プロデューサー:森山瓠別掌轍TV),内田健二(サンライズ),大西邦明(創通エージェンシー)
制作:名古屋テレビ,創通エージェンシー,日本サンライズ
メカニカル作監:内田順久
特殊効果:千場豊
仕上処理:前林文恵
背景:スタジオ・イースター,矢島洋一,清水隆夫,鈴木国生,アトリエ・ラスコー,白樺幸子,福島智子,鈴木光英
動画チェック:江山梨恵
撮影:旭プロダクション,小林一太,奥井敦,酒井幸徳
編集:布施由美子(井上編集室)
現像:東京現像所
音響監督:藤野貞義
効果:横山正和
録音:ニュージャパンスタジオ
制作デスク:高森宏治
設定制作:吉村信明,高松信司
設定ベース:永瀬唯
デザイン協力:伸童社
撮影監督:斉藤秋夫

//!!キャスト
//カミーユ・ビダン:飛田展男
//クワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル):池田秀一
//ファ・ユイリィ:松岡美幸
//フォウ・ムラサメ:島津冴子
//エマ・シーン:岡本麻弥
//レコア・ロンド:勝生真砂子
//ヘンケン・ベッケナー:小杉十郎太
//ブレックス・フォーラ:藤堂貴也
//アムロ・レイ:古谷徹
//ブライト・ノア:鈴置洋孝
//フラウ・コバヤシ:鵜飼るみ子
//ミライ・ノア:白石冬美
//カイ・シデン:古川登志夫
//ハヤト・コバヤシ:鈴木清信
//カツ・コバヤシ:難波圭一
//レツ・コバヤシ:頓宮恭子
//キッカ・コバヤシ:荘真由美
//チェーミン・ノア:水谷優子
//ハサウェイ・ノア:花中優子
//ジェリド・メサ:井上和彦
//ジャミトフ・ハイマン:池田勝
//バスク・オム:郷里大輔
//カクリコン:藤堂貴也
//ジャマイカン:キートン山田
//パプティマス・シロッコ:島田敏
//サラ・ザビアロフ:水谷優子
//ハマーン・カーン:榊原良子
//ベルトーチカ・イルマ:川村万梨阿
//アストナージ:広森信吾
//トーレス:阿部健太
//アポリー:阿部健太
//ロベルト:塩谷浩三
//ウォン・リー:名取幸政
//シンタ:坂本千夏
//クム:荘真由美
//フランクリン・ビダン:石森達幸
//ヒルダ・ビダン:高島雅羅
//マウアー・ファラオ:榊原良子
//ヤザン・ゲーブル:大塚芳忠
//ライラ・ミラ・ライラ:佐脇君枝
//ロザミア・バダム:藤代佳代子
//ナレーション:小杉十郎太

!!備考
!ガンダムコレクションコンプレックス解説文
1985.3.2〜186.2.22放送。全50話。ガンダムブームによる爆発的な人気を受けて制作されたシリーズ第2弾。前作から7年後の物語として,主人公も全く新しいキャラクターで描かれ,当時の続編の概念を見事に覆した作品だった。その後の2005年に劇場版3部作が公開され話題となった。

!!関連項目
*[[機動戦士Zガンダム・あらすじ]]
*[[機動戦士Zガンダム・スタッフロール]]

!!編集者
*あさぎり
----
!!!機動戦士Zガンダム
*[小説]
!!データ
,作品データ{COLS:2}
,刊行形態,講談社ノベルズ
,刊行元,講談社
,発行日,1985/02/19(第一部 カミーユ・ビダン){{br}}1985/06/24(第二部 アムロ・レイ){{br}}1985/09/24(第三部 強化人間){{br}}1986/01/15(第四部 ザビ家再臨){{br}}1986/02/19(第五部 戻るべき処)
,価格,各880円
,著者,富野由悠季
,刊行形態,角川スニーカー文庫
,刊行元,角川書店
,発行日,1987/11/25(第一部 カミーユ・ビダン){{br}}1987/11/25(第二部 アムロ・レイ){{br}}1987/12/10(第三部 強化人間){{br}}1987/12/10(第四部 ザビ家再臨){{br}}1987/12/20(第五部 戻るべき処)
,ISBN,ISBN4-04-410104-3(第一部 カミーユ・ビダン){{br}}ISBN4-04-410105-1(第二部 アムロ・レイ){{br}}ISBN4-04-410106-X(第三部 強化人間){{br}}----(第四部 ザビ家再臨){{br}}----(第五部 戻るべき処)
,価格,460(第一部 カミーユ・ビダン){{br}}420(第二部 アムロ・レイ){{br}}490(第三部 強化人間){{br}}460(第四部 ザビ家再臨){{br}}540(第五部 戻るべき処)
,著者,富野由悠季
!!概要

!!ストーリー

!!編集者
*あさぎり
----
!!!機動戦士Zガンダム
*[コミック]
!!データ
,作品データ{COLS:2}
,連載期間,1985/03〜1986/02
,掲載誌,コミックボンボン
,刊行形態,KCボンボン
,発行日,1985/06/18(1){{br}}1985/11/18(2){{br}}1986/02/18(3)
,価格,370円
,ISBN,ISBN4-06-100458-1(1){{br}}ISBN4-06-100465-4(2){{br}}ISBN4-06-100468-9(3)
,発行元,講談社
,刊行形態,B-CLUBコミック
,発行日,1990/05/15(上){{br}}1990/11/30(下)
,価格,各880円
,ISBN,ISBN4-89189-088-6(上){{br}}ISBN4-89189-089-4(下)
,発行元,バンダイ
,刊行形態,電撃コミックス
,発行日,1994/04/15(1){{br}}1994/05/20(2){{br}}1994/06/15(3)
,価格,各560円
,ISBN,ISBN4-07-301026-3(1){{br}}ISBN4-07-301204-5(2){{br}}ISBN4-07-301351-3(3)
,発行元,メディアワークス(主婦の友社)
,刊行形態,電撃コミックス
,発行日,1999/--/--(1){{br}}1999/--/--(2){{br}}1999/--/--(3)
,価格,560円
,ISBN,ISBN4-84-020102-1(1){{br}}ISBN4-84-020120-X(2){{br}}ISBN4-84-020135-8(3)
,発行元,メディアワークス(角川書店)
,刊行形態,電撃コミックスセレクション
,発行日,2002/11/15
,価格,600円
,ISBN,ISBN4-84-022258-4
,発行元,メディアワークス(角川書店)
,著者,近藤和久

!註
ボンボン版は,アニメ設定画を用いた解説が掲載されていたが,バンダイ版では近藤氏書き下ろしのイラストに変更された。この書き下ろしは,メディアワークス版でも同様に用いられた。(なお,バンダイ版とメディアワークス版では,収録形態が異なる。)
電撃コミックスセレクションでは,いわゆるコンビニコミック形態の出版である為,表紙カバーが存在しない。また,表紙へのコピーがあるため,出版された版によっては,表紙のコピーが異なっている。(このセレクションではコラムなどは一切カットされている。)

!!概要
コミックボンボンで連載されたコミカライズ版。執筆は,MS戦記で人気を博していた近藤和久氏である。
基本的に,MS戦記での執筆ラインがそのままZガンダムに移行したといった描写であった。
いわゆる近藤ディテールがほどこされたZガンダム登場MSは,前作MS戦記同様好評であり(実際ジム兇蓮ざ疇氏のデザインがクリンナップされた物である),受け容れられていた。
ストーリー的には,アニメ展開とは若干異なっており,当初のシナリオ(コンテ)準拠のラインから,徐々にオリジナル展開へとシフトしており,基本ラインこそ同じであるが,後半はかなりオリジナル色が強いといえるだろう。

!!ストーリー

!!サブタイトル
,No.,サブタイトル,初出
,第1巻{COLS:3},,
,第1話,始動!ガンダムマーク兇隆,1985/03
,第2話,父よ!母よ!大宇宙の死闘の巻,1985/04
,第3話,迫撃!ガルバルディβの巻,1985/05
,第4話,激戦!ジャブローの熱い風の巻,1985/06
,第2巻{COLS:3},,
,第5話,サイコガンダム登場!の巻,1985/07
,第6話,出現!ゼータガンダムの巻,1985/08
,第7話,アポロ作戦開始!の巻,1985/09
,第8話,マウアー,死す!の巻,1985/10
,第3巻{COLS:3},,
,第9話,ジオン軍栄光の進撃の巻,1985/11
,第10話,悪魔の兵器!コロニーレーザー砲の巻,1985/12
,第11話,総決戦!サイド2は地獄だ!の巻,1986/01
,第12話,宇宙の叫び!死の対決の巻,1986/02

!!編集者
*あさぎり
----
!!!機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-
*[劇場アニメ]
!!データ
,作品データ{COLS:2}
,上映日,2005/05/28
,上映系列,松竹系
,上映時間,96分
,上映館数,83館
,興行収入,8.3億円
,VHS発売日,
,価格,
,品番,
,発売元,バンダイビジュアル
,DVD発売日,2005年10月28日
,媒体,DVD(初回生産分は2枚組)
,価格,6300円(税込)
,収録時間,本編96分
,スペック,【本編ディスク】ドルビーデジタル(5.1ch・ドルビーサラウンド){{br}}片面2層{{br}}16:9(スクイーズ)/ビスタサイズ{{br}}日本語字幕付(ON・OFF可能)
,初回特典,特典ディスク(53分){{br}}「メイキング オブ Zガンダム―星を継ぐ者―編」{{br}}・富野由悠季総監督やGacktのインタビュー{{br}}・Gacktのミュージックビデオ「Metamorphoze〜メタモルフォーゼ〜」{{br}}・静止画「星を継ぐ者ギャラリー」{{br}}ピクチャーレーベル(本編ディスク,特典ディスク共に){{br}}特製ケース
,毎回封入特典,ライナーノート
,毎回映像特典,劇場特報,劇場予告
,30周年記念版発売日,2009/07/24(2010/07/23までの限定生産)
,価格,税込3000円
,品番,BCBA-3589
,仕様,従来版と同じ(ジャケットは新規書き下ろし)
,発売元,バンダイビジュアル

!!概要

※各種データに関しては,上記TV版に集約。
!!ストーリー

!!スタッフ

!!編集者
*あさぎり
----
!!!機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-
*[漫画]
!!データ
,作品データ{COLS:2}
,連載期間,----/--〜----/--
,掲載誌,ガンダムエース
,刊行形態,角川コミックスエース
,発行日,2005/02/25
,価格,567円
,ISBN,4-04-713786-3
,発売元,角川書店
,著者,田巻久雄

!!概要

※各種データに関しては,上記TV版に集約。
!!ストーリー

!!サブタイトル
,No.,タイトル,掲載号
,#1,黒いガンダム,Zガンダムエース 001 2005/07月増刊号
,#2,,ガンダムエース 036 2007/08
,#3,地球圏へ,ガンダムエース 037 2005/09
,#4,再会,ガンダムエース 038 2005/10
,#5,大気圏突入,ガンダムエース 039 2005/11
,#6,ジャブローの嵐,ガンダムエース 040 2005/12
,#7,アムロ再び,ガンダムエース 041 2006/01

!!編集者
*あさぎり
----
!!!機動戦士Zガンダム-恋人たち-
*[劇場アニメ]
!!データ
,作品データ{COLS:2}
,上映日,2005/10/29
,上映系列,松竹系
,上映時間,
,上映館数,104館
,興行収入,
,DVD発売日,2006年2月24日
,媒体,DVD(初回生産分は2枚組)
,価格,6300円(税込)
,収録時間,155分
,スペック,【本編ディスク(100分)】{{br}}ドルビーデジタル(5.1ch・ドルビーサラウンド){{br}}片面2層{{br}}16:9(スクイーズ)/ビスタサイズ{{br}}日本語字幕付(ON・OFF可能){{br}}【特典ディスク(55分)】{{br}}ドルビーデジタル(ステレオ){{br}}片面1層{{br}}スタンダード
,初回特典,●特典ディスク{{br}}・富野由悠季総監督のインタビューおよび全国各地での初日舞台挨拶の密着ドキュメント{{br}}「メイキング オブ Zガンダム―恋人たち―編」{{br}}・主要キャラクターの声優によるスペシャル対談{{br}}「VOICE MAGIC―声を操る者たち―」{{br}}・静止画「恋人たちギャラリー」{{br}}●ピクチャーレーベル(本編ディスク,特典ディスク共に){{br}}●特製ケース
,毎回封入特典,●ライナーノート(8P)
,毎回映像特典,●速報,劇場予告編
,30周年記念版発売日,2009/07/24(2010/07/23までの限定生産)
,価格,税込3000円
,品番,BCBA-3590
,仕様,従来版と同じ(ジャケットは新規書き下ろし)
,発売元,バンダイビジュアル

!!概要

※各種データに関しては,上記TV版に集約。
!!ストーリー

!!スタッフ

!!編集者
*あさぎり
----
!!!機動戦士Zガンダム-恋人たち-
*[漫画]
!!データ
,作品データ{COLS:2}
,連載期間,----/--〜----/--
,掲載誌,ガンダムエース
,刊行形態,角川コミックスエース
,発行日,2005/02/25
,価格,567円
,ISBN,4-04-713794-4
,発売元,角川書店
,著者,白石琴似

!!概要

※各種データに関しては,上記TV版に集約。
!!ストーリー

!!サブタイトル
,No.,タイトル,掲載号
,#1,雲の上,霧の中,Zガンダムエース 002 2005/11月増刊号
,#2,天に届く,ガンダムエース 041 2006/01
,#3,Wings of Zeta,ガンダムエース 042 2006/02
,#4,光条雨,ガンダムエース 043 2006/03

!!編集者
*あさぎり
----
!!!機動戦士Zガンダム-星の鼓動は愛-
*[劇場アニメ]
!!データ
,作品データ{COLS:2}
,上映日,2006/03/04
,上映系列,松竹系
,上映時間,本編99分
,上映館数,104館
,興行収入,
,DVD発売日,2006年8月25日
,媒体,DVD(初回生産分は2枚組)
,価格,6300円(税込)
,スペック,【本編ディスク(101分)】{{br}}ドルビーデジタル(5.1ch・ドルビーサラウンド){{br}}片面2層{{br}}16:9(スクイーズ)/ビスタサイズ{{br}}日本語字幕付(ON・OFF可能){{br}}【特典ディスク(60分)】{{br}}ドルビーデジタル(ステレオ){{br}}片面1層{{br}}スタンダード
,初回特典,●特典ディスク{{br}}・「メイキング オブ Zガンダム―星の鼓動は愛―編」{{br}}・「スペシャル対談 富野由悠季×Gackt」{{br}}・「星の鼓動は愛」ギャラリー(静止画){{br}}●ピクチャーレーベル(本編ディスク,特典ディスク){{br}}●特製ケース
,毎回封入特典,●ライナーノート(8ページ)
,毎回映像特典,●特報,劇場予告編
,30周年記念版発売日,2009/07/24(2010/07/23までの限定生産)
,価格,税込3000円
,品番,BCBA-3591
,仕様,従来版と同じ(ジャケットは新規書き下ろし)
,発売元,バンダイビジュアル

!!概要

※各種データに関しては,上記TV版に集約。
!!ストーリー

!!スタッフ

!!編集者
*あさぎり
----
!!!機動戦士Zガンダム-星の鼓動は愛-
*[漫画]
!!データ
,作品データ{COLS:2}
,連載期間,----/--〜----/--
,掲載誌,ガンダムエース
,刊行形態,角川コミックスエース
,発行日,2006/08/25
,価格,567円
,ISBN,4-04-713853-3
,発売元,角川書店
,著者,津島直人

!!概要

※各種データに関しては,上記TV版に集約。
!!ストーリー

!!サブタイトル
,No.,タイトル,掲載号
,#1,三つ巴,Zガンダムエース 003 2006/04月増刊号
,#2,宇宙の天秤,ガンダムエース 045 2006/05
,#3,渦巻く宇宙…,煌めく魂…,ガンダムエース 046 2006/06
,#4,散りゆく生命,ガンダムエース 047 2006/07
,#5,星の鼓動は愛,ガンダムエース 048 2006/08

!!編集者
*あさぎり
----
!!!機動戦士Zガンダム フィルムコミック
*[漫画]
!!データ
,作品データ{COLS:2}
,刊行形態,ジ・アニメ・フィルムコミックス
,発行日,1985/--/--(1)〜1986/--/--(10)
,価格,
,ISBN,
,発売元,近代映画社

!!概要
フィルムを元に再構成したコミック。

!!編集者
*あさぎり
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。