トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

機動戦士ガンダムAGEの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!機動戦士ガンダムAGE
*[TVアニメ]
!!データ
,作品データ{COLS:2}
,放映期間,2011/10/09〜2012/--/--
,放映系列,MBS/TBS系列
,放映時間,日曜夕方17:00〜17:30

 なお,インターネット配信も同時(2011.10.28より)に行われており,日本国内向けだけではなく,中国語(広東語・北京語),韓国語,英語での配信も実施されている。

!!概要
 2011年10月9日よりスタートした作品。
 テレビ放映の連続シリーズとしては,初代「機動戦士ガンダム」から数えて14作目(ただし,機動戦士ガンダムOOは,1st,2ndシーズン合わせて1作品とカウント)となる。
 機動戦士ガンダムSEED以降の21世紀シリーズとしては,3つめの世界観「アドバンスド・ジェネレーション(A.G.)」を持ち人類の宇宙進出後既に数百年を経過した時代設定となっている。(そのため,A.G.歴への移行の経緯などについては,明らかになっていない{{fn 第4話放映時状況。}}。)

 ダンボール戦機,イナズマイレブンなどを手がけたゲームメーカー「レベルファイブ」が企画協力として参加しており,当初からゲーム化を前提としたシフトが敷かれており,PSPを始め,多くのプラットホームで関連ゲームが登場する予定となっている。
 同様に,ガンダム最大のスポンサーである[[バンダイ]]では,プラモデルやフィギュア(玩具)を用いたゲームを提案し,これを量販店などに設置することで,玩具やプラモデルを購入するだけでは無く,遊ぶためにも量販店や玩具店を活用するといった仕組みを作り出した。(詳細は「ゲイジングバトル」を参照。)

 従来,ガンダムのテレビ作品に関しては,講談社が雑誌展開媒体となり,[[テレビマガジン]]や[[コミックボンボン]](後に[[マガジンZ]]なども)等で展開を行っており,近年ではこれに角川書店(ガンダムエース)やホビージャパン(ホビージャパン),アスキー・メディアワークス(電撃ホビーマガジン)が,外伝の展開媒体として加わるというフォーマットであった。
 しかし,本作はシリーズで初めて小学館を雑誌展開の中心に据え,[[コロコロコミック]](番組情報+外伝コミック)と[[てれびくん]](番組情報+ゲーム情報)を中心雑誌としている。また,同時に週刊少年サンデーに前後編で導入部分をコミカライズ,さらには少年サンデー超(スーパー)での本編コミカライズも行われ,幅広い展開を行うこととなった{{fn その理由として取りざたされているのは,イナズマイレブンなどレベルファイブ作品の展開がコロコロコミック中心で行われていることが挙げられるが,ボンボンの休刊,ケロケロエースで展開した三国伝の盛り上がりに欠けた部分などが考慮されたものと思われる。}}。

 また,もう一つの特徴として,これまでガンダムシリーズでは,「作品を横断した大河ドラマ」という方法論は採られてきたが,本作では作中で100年にわたる長期間,主人公も三世代にわたって移り変わっていくという舞台構成が挙げられる。
 こうした手法は,これまでほとんどとられてこなかったが,これによりこれまでの作品で定番化していた「主役機の乗り換え」や「複数のガンダムが登場」といった状況をうまくコントロール出来るだけではなく,数多くの世代を超えたモビルスーツを描写することが可能となり,多数の関連商品を生み出すことも可能となった。また,その時代に登場するガンダムは原則1機(外伝を除く)のみでありながらも,換装によるバリエーションを豊富に設定出来るというメリットもあり,希少観とバリエーションを両立させることができるようになった。

!「子ども向け」ガンダム
 第1作たる「機動戦士ガンダム」は,子ども向けロボットアニメでありながら,その作中で描かれる物語のリアリティ{{fn あくまでも当時のレベルとしてのリアリティであることには注意が必要である。}}が多くの視聴者を引きつけ大ヒットとなった。
 しかし,劇中ドラマだけでは無く,メカニックやキャラクタ,設定などが掘り下げられていくにつれ,その対象年齢はどうしても想定した年齢層よりも高くなって言ってしまった。[[機動戦士Ζガンダム|機動戦士Zガンダム]](厳密には既にMSVでそうした傾向はあった)では,ドラマの内容も子ども向けとは言いがたい重いものとなり,これが[[ガンダムΖΖ|機動戦士ガンダムZZ]]での迷走を呼んだのは周知のとおりであるが,同様の混乱は以後ガンダムシリーズにつきまとうのである。
 本作は「[[機動戦士ガンダムSEED]]」が目指した年齢層よりも更に下,小学校低学年や児童層をターゲットに含め,その両親の世代までをも巻き込んだ幅広い層をターゲットとしている。このため,従来のガンダム作品よりもデフォルメの効いたキャラクターデザインが採用されており,この点は批判の対象ともなった。

 しかし,全般的に言えばファン層の高年齢化と,玩具分野でのプラモデルユーザーの高年齢化(プラモデルがスマッシュヒットを飛ばしたSEED世代も,既に20歳前後に突入しようとしている状況なのである)のため,再び低年齢層へ向けたアピールが必要とされていたのである。
 こうした状況が,玩具・プラモデル・ゲームの連動と,それを媒体として展開する誌面構成に長けたコロコロコミックとの連携が必要とされたのである。

 番組全般を見ると,ガンダム作品でよく見受けられた専門用語を使う台詞回しが意外にも少なく,逆に意識的に避けられていた説明台詞が目立つ。これも,低年齢層に対する配慮だと思われ,こうした作品構成が旧来のファン層には「ガンダムらしくない」と見える原因のひとつになっているものと思われる。
 とはいえ,ストーリーラインは旧作同様のフォーマットをとり,且つ主人公の置かれた立場は,従来の作品の主人公以上に厳しいものであり,シリアスな要素が廃されたわけではない。
 なお,本作では各種情報がギリギリまで伏せられていた点が,近年の作品とは異なっている。(ただし,連携ミスからか,一部媒体が情報を流してしまった例はあるが。)
 近年の作品では,インターネット上に下請けやスタッフと思われる人間からの情報流出が頻発し,これが作品としての寿命に大きな影響を与えていたことは事実である。
 こうした情報管理の面でも本作は一つの試金石になり得る可能性がある。
!!ストーリー
 スペースコロニーへの移民が始まって数百年が過ぎた宇宙時代。
 地球圏の覇権をめぐる戦争は終わり,平和な時代が到来するかに思われた。
 しかし,その平和は,はかなくも崩れ去った。

 A.G.101年−(Advanced Generation)
 突如,出現した正体不明の敵『UE(Unknown Enemy=アンノウン・エネミー)』によって,スペースコロニー『エンジェル』が攻撃を受け,崩壊した。多くの犠牲を出したこの大惨事は後に『天使の落日』と呼ばれた。その後もUEは地球圏に住む人々を,長きにわたり苦しめることになるのである。
 A.G.115年,7歳の時にUEの襲撃で母親を失ったフリット・アスノは,コロニー『ノーラ』の連邦軍アリンストン基地で遂に救世主たるモビルスーツ『ガンダム』を完成させる。
 だが,ノーラにもUEの影が迫り,平和な時代は終わりを告げようとしていた。
{{category_list モビルスーツ・ガンダムAGE}}
{{category_list キャラクタ・ガンダムAGE}}
{{category_list 艦艇・ガンダムAGE}}
{{category_list 用語・ガンダムAGE}}
!!サブタイトル
,No.,サブタイトル,脚本,演出,絵コンテ,作画監督,作画監督(メカ),放映,ガンダペディア
,1,救世主ガンダム,日野晃博,山口晋,山口晋,千葉道徳,大塚健,2011/10/09,ガンダム
,2,AGEの力,日野晃博,山口晋,古田丈司,松川哲也,金世俊,2011/10/16,アンノウンエネミー
,3,ゆがむコロニー,兵藤一歩,角田一樹,角田一樹,大貫健一,有澤寛,2011/10/23,AGEシステム
,4,白い狼,木村暢,酒井和夫,酒井和夫,牧孝雄,進藤ケンイチ,2011/10/30,ガフラン
,5,魔少年,中瀬理香{{br}}日野晃博,寺岡巌,京極尚彦,しんぼたくろう,松田,2011/11/06,ジェノアス
,6,ファーデーンの光と影,日野晃博,うえだしげる,うえだしげる,森下博光,阿部邦博,2011/11/13,ザラムとエウバ
,7,進化するガンダム,兵頭一歩,角田一樹,孫承希,池田佳代,大塚健,2011/11/20,バクト
,8,決死の共同戦線,兵頭一歩,加瀬充子,鈴木健一,大貫健一,有澤寛,2011/11/27,タイタス
,9,秘密のモビルスーツ,中瀬理香{{br}}日野晃博,古田丈司,古田丈司,牧孝雄,進藤ケンイチ,2011/12/04,マッドーナ工房
,10,激戦の日,木村暢,寺岡巌,池野昭二,しんぼたくろう,松田寛{{br}}金世俊,2011/12/11,スパロー
,11,ミンスリーの再会,日野晃博,酒井和男,酒井和男,松川哲也,金世俊,2011/12/18,ハロ
,12,反逆者たちの船出,木村暢,うえだしげる,うえだしげる,森下博光,阿部邦博,2012/01/01,Gエグゼス
,13,宇宙要塞アンバット,兵頭一歩,京極尚彦,孫承希,池田佳代,阿部宗孝{{br}}久壽米木信弥,2012/01/08,ゼダス{{fn 衛星・配信のみ}}
,14,悲しみの閃光,兵頭一歩,酒井和男,綿田慎也,大貫健一,大塚健,2012/01/15,宇宙要塞
,15,その涙、宇宙に落ちて,日野晃博,古田丈司,古田丈司,石野聡,有澤寛,2012/01/22,ヴェイガン
,16,馬小屋のガンダム,日野晃博,酒井和男,酒井和男,牧孝雄,進藤ケンイチ,2012/01/29,コールドスリープ
,17,友情と恋とモビルスーツ,木村暢,亀井治,亀井治,しんぼたくろう,松田寛,2012/02/05,ゼダスR
,18,卒業式の戦闘,兵頭一歩,うえだしげる,うえだしげる,松川哲也,金世俊,2012/02/12,Gバウンサー
,19,アセムの旅立ち,日野晃博,古田丈司,古田丈司,森下博光,阿部邦博,2012/02/19,ガンダムAGE2
,20,赤いモビルスーツ,加藤陽一{{br}}日野晃博,綿田慎也,綿田慎也,石野聡,大塚健,2012/02/26,ゼイドラ
,21,立ちはだかる幻影,木村暢,鈴木健一,鈴木健一,大貫健一,有澤寛,2012/03/04,ビッグリング
,22,ビッグリング絶対防衛線,日野晃博,寺岡巌,角田一樹,しんぼたくろう,松田寛{{br}}阿部宗孝,2012/03/11,クロノス
,23,疑惑のコロニー,兵頭一歩,酒井和男,孫承希,池田佳代,進藤ケンイチ,2012/03/18,アデル
,24,Xラウンダー,加藤陽一{{br}}日野晃博,京極尚彦,京極尚彦,牧孝雄,金世俊,2012/03/25,AGE2 ダブルバレット
,25,恐怖のミューセル,木村暢,古田丈司,古田丈司,松川哲也,阿部邦博,2012/04/01,ミューセル{{fn 衛星・配信のみ}}
,26,地球 それはエデン,日野晃博,長崎健司,長崎健司,大貫健一,有澤寛,2012/04/08,司令官と参謀
,27,赤い夕陽を見た,日野晃博,酒井和男,酒井和男,森下博光,阿部邦博,2012/04/15,大気圏
,28,地球圏の動乱,兵頭一歩,うえだしげる,うえだしげる,しんぼたくろう,松田寛,2012/04/22,地球連邦軍と地球連邦政府
,29,じいちゃんのガンダム,日野晃博,大塚健{{br}}古田丈司,綿田慎也,池田佳代,大塚健,2012/04/29,ヴェイガンの刺客
,30,戦場になる街,加藤陽一{{br}}日野晃博,京極尚彦,孫承希,牧孝雄,進藤ケンイチ,2012/05/06,ディーヴァ
,31,戦慄 砂漠の亡霊,木村暢,酒井和男,酒井和男,松川哲也,金世俊,2012/05/13,ディーヴァの進路
,32,裏切り者,兵頭一歩,古田丈司,古田丈司,大貫健一,阿部邦博,2012/05/20,ロストロウラン
,33,大地に吠える,日野晃博,寺岡巌,角田一樹,森下博光,有澤寛,2012/05/27,AGE3フォートレス
,34,宇宙海賊ビシディアン,加藤陽一{{br}}日野晃博,うえだしげる,うえだしげる,しんぼたくろう,久壽米木信弥,2012/06/03,AGE2 ダークハウンド
,35,呪われし秘宝,木村暢,池野昭二,池野昭二,池田佳代,松田寛,2012/06/10,EXA-DB
,36,奪われるガンダム,兵頭一歩,加瀬充子,南康宏,牧孝雄,進藤ケンイチ,2012/06/17,司令官専用機
,37,ヴェイガンの世界,日野晃博,酒井和男,酒井和男,松川哲也,有澤寛,2012/06/24,火星圏{{fn 衛星・配信のみ}}
,38,逃亡者キオ,加藤陽一{{br}}日野晃博,孫承希,孫承希,森下博光{{br}}大貫健一,阿部邦博,2012/07/01,セカンドムーン
,39,新世界の扉,木村暢,古田丈司{{br}}うえだしげる,うえだしげる,しんぼたくろう,阿部宗孝{{br}}金世俊,2012/07/08,ガンダムレギルス
,40,キオの決意 ガンダムと共に,日野晃博,古田丈司{{br}}酒井和男,三好正人,池田佳代{{br}}牧孝雄,大塚健,2012/07/15,ガンダムAGE-FX
,41,華麗なフラム,兵頭一歩,西澤晋,角田一樹,牧孝雄,進藤ケンイチ,2012/07/22,ルナベース
,42,ジラード・スプリガン,加藤陽一{{br}}日野晃博,加瀬充子,池野昭二,松川哲也,松田寛{{br}}久壽米木信弥,2012/07/29,ティエルヴァ
,43,壮絶 トリプルガンダム,木村暢,酒井和男{{br}}うえだしげる,酒井和男,大貫健一,有澤寛,2012/08/05,プラズマダイバーミサイル{{fn 配信・衛星のみ}}
,44,別れゆく道,日野晃博,古田丈司,名取孝浩,しんぼたくろう,阿部宗孝,2012/08/19,イゼルカントの計画{{fn 配信・衛星のみ}}
,45,破壊者シド,兵頭一歩,西澤晋{{br}}加瀬充子,孫承希,池田佳代,金世俊{{br}}阿部邦博,2012/08/26,シド{{fn 配信・衛星のみ}}
,46,宇宙要塞ラ・グラミス,加藤陽一{{br}}日野晃博,うえだしげる{{br}}古田丈司,うえだしげる,牧孝雄{{br}}森下博光,進藤ケンイチ,2012/09/02,宇宙要塞ラ・グラミス{{fn 配信・衛星のみ}}
,47,青い星 散りゆく命,木村暢,西澤晋{{br}}酒井和男,綿田慎也,松川哲也,松田寛{{br}}久壽米木信弥,2012/09/09,ジルス・ベイン{{fn 配信・衛星のみ}}
,48,絶望の煌めき,日野晃博,古田丈司{{br}}寺岡巌,古田丈司,しんぼたくろう{{br}}大貫健一,阿部宗孝{{br}}有澤寛,2012/09/16,ディグマゼノン砲{{fn 配信・衛星のみ}}
,49,長き旅の終わり,日野晃博,長崎健司{{br}}酒井和男,角田一樹{{br}}酒井和男,千葉道徳,大塚健{{br}}阿部邦博,2012/09/23,二つ星条約{{fn 配信・衛星のみ}}
!予告編
 [[機動戦士ガンダムAGE・予告編]]を参照のこと。

!!スタッフ
企画:サンライズ
原作:矢立肇/富野由悠季
監督:山口晋
ストーリー/シリーズ構成:日野晃博
キャラクターデザイン原案:長野拓造
キャラクターデザイン:千葉道徳
メカニックデザイン:海老川兼武/石垣純哉/寺岡賢司
チーフメカアニメーター:大塚健
美術デザイン:中島美佳
美術監督:近藤由美子
色彩設計:手嶋明美
SF考証:白土晴一
シリーズ構成補佐:兵頭一歩
撮影監督:葛山剛士,田中唯
編集:野尻由紀子
音楽:吉川慶
音響監督:藤野貞義
音響効果:蔭山満
エグゼクティブプロデューサー:竹田惻◆さ棆篭撹
プロデューサー:丸山博雄,小川正和
企画協力:レベルファイブ
制作協力:創通/ADK
製作:サンライズ/毎日放送
!オープニング
,,タイトル,歌,作詞,作曲,編曲,備考
,1,明日へ,ガリレオ・ガリレイ,尾崎雄貴,尾崎雄貴,岩井郁人,ガリレオ・ガリレイ,#1〜15
,2,sharp ♯,ねごと,蒼山幸子,沙田瑞紀,蒼山幸子,ねごと,#6〜28
,3,REAL,ViViD,シン,イヴ,ViViD{{br}}宅見将典,#29〜39
,4,AURORA,藍井エイル,Eir,重永亮介,重永亮介,下川佳代,重永亮介,#40〜49
!エンディング
,,タイトル,歌,作詞,作曲,編曲,備考
,1,君の中の英雄,栗林みな実,栗林みな実,栗林みな実,飯塚昌明,#1〜15
,2,My World,SPYAIR,MOMIKEN,UZ,SPYAIR,#6〜28
,3,WHITE justice,飛蘭,飛蘭,上松範康,藤田淳平,#29〜39
,4,forget-me-not 〜ワスレナグサ〜,Flower,川村結花,三橋隆幸,Jin Nakamura,#40〜49
!挿入歌
,,タイトル,歌,作詞,作曲,編曲,備考
,1,Memorial days,KOKIA,KOKIA,KOKIA,伊藤真澄,#11,#14
,2,君と僕はそこにいた,AiRI,AiRI,宮崎京一,宮崎京一,#17
,3,君といた日々,飛蘭,飛蘭,rino,戸田章世,#38
,4,君の中の英雄(ballade version),栗林みな実,栗林みな実,栗林みな実,虹音,#49
!!備考
 公式サイト gundamage.net
 公式アカウント @GundamAGE

!情報公開
 2011/06/13 13:00,GUNDAM.INFOなどで制作発表会を同時に生中継。これが,情報公開の第1弾となった。

!WEBラジオ
 公式サイトにて,「ガンダムAGE×3ラジオ(ガンダムエイジアゲアゲラジオ)」を定期更新配信。

!!編集者
*あさぎり
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。