トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

機動戦士ガンダム 戦場の絆

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

機動戦士ガンダム 戦場の絆

  • [ゲーム]

 データ

作品データ
発売日2006/11/07(正式稼動日)
バージョンアップ2007/02/14(REV.1.03)
2007/02/18(REV.1.03)
2007/03/28(REV.1.04)
2007/06/06(REV.1.06)
2007/07/28(REV.1.06)
2008/12/上旬(#1)
定価--
プレイ料金1プレイ(2ゲーム)500円
プレイヤーカード300円
対応機種アーケードゲーム
ジャンルアクション
発売元バンダイナムコゲームズ
開発元

#1:ボイスチャット用のデラックスシート導入/シンボルチャット関連導入

 概要

大型筐体を使用したアクションゲーム。
カプセル型の筐体1台が1機のMSのコクピットとして設定され,プレイヤーはそのMSをコントロールするという形でゲームが進行する。
最大の特徴は,複数連動プレイが最初から前提となっている点で,プレイヤーは連邦なら連歩,ジオンならジオンでインカムを利用したコミュニケーションを取りながらのチームプレイという形になる。
CPU戦の場合,筐体の数に応じてそのチーム編成が決定され,対戦プレイの場合,筐体の数の1/2が双方のプレーヤーとして配分される。最大4対4のプレーが可能となるが,筐体の数が不足している場合,CPUキャラが追加される。

ゲームそのものは,バンダイ/カプコンから発売されたVSシリーズに近いともいえるのだが,本作の特徴は,機体そのもののバランスが大きく,格闘戦型,近距離戦型,中距離戦型,後方支援型とわけられており,それぞれに得手不得手が設定されている点である。
これは,どんなに強い機体であっても,苦手なレンジで戦うとたちまち行動不能に追い込まれることを意味しており,チームプレイによる苦手なレンジのフォローが大きなウェイトを占めることとなる。

 概要(プレス抜粋)

『戦場の絆』は,「ガンダム」に登場する「地球連邦軍」と「ジオン公国軍」とにわかれて戦い,最大8 人対8 人での全国オンライン対戦が可能です。プレイヤーは「P.O.D.」(パノラミック・オプティカル・ディスプレイ)と称する半球型ドームのスクリーン(180cm×180cm)に,一人称視点で映し出されるゲーム画面を見ながら,両手レバーと両足のペダルを使って「モビルスーツ(ロボット)」を操作します。また,ゲーム中,同一店舗内であれば通信用マイク(ボイスチャット)を介して同軍内での通信会話が可能となっており,刻々と変化する戦況に応じた戦術をチーム内で交信し仲間と協力しながら楽しむことができます。視界全体に広がる迫力の映像と,リアルタイムで行われる仲間との交信により,あたかも自分が本当に「ガンダム」の世界でパイロットとなり,戦場にいるかのような臨場感を得ることができます。

■ターミナルを通じてひろがる「ガンダム」の世界

ゲームで遊ぶためには,ターミナルで「地球連邦軍」か「ジオン公国軍」いずれかの「パイロットカード(1 枚300 円)」を購入し,筐体内のカード差込口に挿入します。
プレイヤーの戦績はカードの中にデータとして蓄積され一定のポイントがたまると,階級があがるとともに新たな「モビルスーツ」や「武器」が使用できるようになり,遊びの幅がひろがっていきます。
また,ターミナル上部のスクリーンでは,第三者視点のゲームリプレイ画面を客観的に見ることができ,「仲間同士で次回の作戦をたてる」などのコミュニケーションツールとして機能します。

■マシンコンセプトは“絆”

『戦場の絆』は,アミューズメント施設でゲームを通してユーザー同士がもっと“コミュニケーション”をはかれるよう仲間同士の“絆”をマシンコンセプトとしています。敵軍に勝利するためには,個人の熟練度よりも仲間と助け合うチームプレイが最大の戦法となっており,仲間との“絆”が強いほどゲームで勝ち続けることができます。また,マシンは全国のネットワークでつながれており,同店舗以外でも通信対戦・チーム編成が可能となっているため,全国のプレイヤーとネットワークをもつことができます。

■『機動戦士ガンダム 戦場の絆』概要

・サイズ:ステーション(P.O.D) W1870×D1730×H2060(mm) 重量:380kg
ターミナル W1025× D780×H2300(mm) 重量:190kg
・プレイ人数:P.O.D 1 台につき1 人
ネットワークを介して最大8 人対8 人の16 人対戦が可能
・プレイ料金:500 円(2 プレイ),カード料金:300 円
・ジャンル:ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム

シンボルチャット機能

他店舗の仲間達と連携を取るために「了解」「発見!」などの定型文を送受信する機能。

ボイスシンボルチャット機能

プレイ中に交わされる「ありがとう」「応援頼む」といったキーワードを発音すると、音声認識機能により自動的に声優の声に変換され仲間へ送信されます。

 ストーリー

無し

 登場機体

登場機体については,基本的に「機動戦士ガンダム」,「MSV」,「機動戦士ガンダム〜第08MS小隊」といった一年戦争に関わりのある機体(及び0083に登場したデラーズ・フリートの機体)が中心となり,これに「ハーモニー・オブ・ガンダム」プロジェクトによる新規デザインの機体が追加されるという形になっている。
従って,機体解説については,それぞれの作品からジャンプするか,直接機体を検索してもらいたい。

なお,登場機体のバランス設定は以下の通りである。
(情報不足分は,下記フォローをお願いしたい。)

格闘戦型

  • ジム・寒冷地仕様
  • ジム・ストライカー
  • ジム・ライトアーマー
  • 陸戦型ジム
  • アッガイ
  • ギャン
  • グフ
  • ゴッグ
  • シャア専用ズゴック

近距離戦型

  • ガンダム
  • ジム
  • ジム・コマンド
  • 陸戦型ガンダム
  • ザク
  • ザク S型
  • デザート・ザク
  • ドム・トローペン(サンドブラウン)

中距離戦型

  • ガンキャノン
  • ガンダムGP02A(MLRS仕様)サイサリス
  • ジム・キャノン
  • 陸戦型ガンダム(ジム頭)
  • ザクキャノン
  • ズゴック
  • ドム

後方支援型

  • ガンタンク
  • ザクタンク
  • ドムキャノン

狙撃型

  • ジム・スナイパーカスタム
  • ザク機Ε好淵ぅ僉璽織ぅ

 スタッフ


 編集者


機動戦士ガンダム 戦場の絆 ポータブル

  • [ゲーム]

 データ

作品データ
発売日2009/03/26
価格6090円(税込)
ジャンルアクション
対象年齢全年齢対象
プラットホームプレイステーションポータブル
発売元バンダイナムコゲームス
開発元

 概要

2006年11月より稼働中の「機動戦士ガンダム 戦場の絆」をPSP向けにアレンジした作品。好きなモビルスーツを選んで仲間とチームを組み,チャット機能を利用して最大4対4の対戦ができる。

ゲームモード


チーム戦

ワイヤレス通信機能を使用することで,最大8人(4人対4人)での同時プレイが楽しめる。プレイヤーは好きなモビルスーツを選び,仲間と連携を取りながら敵チームと対戦。モビルスーツには「格闘」「近距離」「遠距離支援型」など得意な戦い方があるので,チームバランスを意識したモビルスーツの選択や,方向キーを利用しての簡易チャット機能などを使いこなすことが重要となりそうだ。なお,チームメイトや対戦相手はプレイヤーの実力に応じて自動的にマッチングされる。

オリジナルモード

初心者向けのチュートリアルミッションや,上級プレイヤー向けの高難易度ミッションが収録され,1人プレイ時でも戦略性の高いチームバトルがプレイできる。こちらは,最大4人で協力してのプレイも可能。

 ストーリー



 艦艇等


 用語


 ステージタイトル

No.タイトル

 スタッフ


 関連項目


 編集者


最終更新時間:2010年09月02日 19時02分37秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注