トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

機動戦士ガンダム外伝〜宇宙,閃光の果てに…

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

機動戦士ガンダム外伝〜宇宙,閃光の果てに…
機動戦士ガンダム外伝〜宇宙,閃光の果てに…if

  • [ゲーム/コミック/小説]

 データ

作品データ
発売日2003/09/04(機動戦士ガンダム〜めぐりあい宇宙)
2005/02/17(GUNDAM THE BEST)
価格6800円
2990円(税込/BEST)
発売元バンダイ
プラットホームプレイステーション2
ジャンルアクション

作品データ(漫画版)
掲載期間//
掲載誌ガンダムエース
刊行形態角川コミックスエース
発行日2004/03/26(1)
2004/08/26(2)
2005/01/26(3if)
2005/01/19(3特装版)
価格567円(1〜3)
1995円(3特装版)
ISBN4-04-713603-4(1)
4-04-713650-6(2)
4-04-713693-X(3if)
4-04-900769-X(3特装版)
刊行元角川書店
著者夏元雅人

作品データ(小説版)
掲載期間/--
刊行形態角川スニーカー文庫
発行日2003//
価格
ISBN
刊行元角川書店
著者宮本一毅

 概要

PS2で発売されたアクションゲーム「機動戦士ガンダム〜めぐりあい宇宙」に収録されているオリジナルモードのサブタイトル,および,それをコミカライズした夏元雅人氏のコミックのこと。

元来M-MSVで設定されたガンダム4号機,5号機は,MSV発表当時にあったガンダム4号機,5号機の「改装中であった4,5号機」という記述を元に設定されたものである。(つまり,一部で言われているねつ造という言い方は根本的に間違っている。)
本作では,このM-MSVで設定されたものを更に明確な形で世に送り出したということが言えるだろう。
とはいえ,元々M-MSVが大河原邦男コレクションとして展開されていたSDクラブでは,ストーリーまで小説で展開されたこともあり,オリジナルモードの展開がこの小説版と異なる(敢えて言えば,ガンダムそのもののデザインも異なる)ことから,一部ではその点に不評がでていたことも確かである。
だが,SDクラブという狭いマーケットで展開された作品であったことともあり,MS大全集などで掲載されたMSデザイン画はともかく,このストーリー自体は,余り知られていなかったこともあり,世に出て来たという点では本作は評価されるべきであろう。

夏元氏によるコミカライズ版は,さらにこのオリジナルモードの「ひとつの分岐」を描き出した物であるといえ,実際,一度完結した後,別分岐のストーリーをIf版として展開している。(これはコミックでは3巻目にあたる。)
このように考えるとSDクラブの小説版や角川スニーカー文庫で発売された小説版も「ひとつの分岐」であると考えることは可能であり,受け入れやすくはなるだろう。

ストーリーについて

ストーリーについては,先に述べたように基本設定のみがM-MSVより流用されており,展開そのものは異なっている。(M-MSV版がア・バオア・クー海戦であったのに対して,本作はグラナダ周辺での戦闘が中心となっている点など。)
ストーリーラインは,いわゆる外伝としてのフォーマットであり,これまで製作されたOVAやコミックなどと変わるところはない。
しかし,ゲームがベースとなっている為,「正史」となるストーリーラインがいずれであるかが曖昧である点は否定できないだろう。(おそらく送り手側は,漫画版又はマスターグレードのインストラクションのものあたりを中心に考えているとは思われるが。)
この点に関しては,バンダイ or サンライズ側の明確なストーリー提示が欲しいところではある。これも実際,のちの作品(夏元氏のガンダムレガシー)との兼ね合いをみると徐々に明らかになっていくような感じは受けるが。

メカデザイン・キャラデザインについて

メカデザインについては,先に述べたようにM-MSVにおける大河原邦男氏のデザインがベースとなっている。
これをカトキハジメ氏がリファインした物がゲーム,コミック中に登場するものである。
また,キャラクタについても画稿そのものは新規であるが,ガンダムのパイロットについては,M-MSV版の小説に登場したキャラクタの基本設定がベースとなっている点は触れておきたい。

 ストーリー


モビルスーツ・閃光の果てに

キャラクタ・閃光の果てに

※ゲーム登場キャラとコミック登場キャラが混ざっています。

 艦艇等


 用語


 サブタイトル(漫画版)

No.タイトル掲載号
#1初陣ガンダムエース 011 2003/7
#2連携ガンダムエース 012 2003/8
#3閃光ガンダムエース 013 2003/09
#4月面ガンダムエース 014 2003/10
#5爆光ガンダムエース 015 2003/11
#6希光ガンダムエース 016 2003/12
#7和平ガンダムエース 017 2004/01
#8終結ガンダムエース 018 2004/02
#if5光芒ガンダムエース 020 2004/04
#if6激戦ガンダムエース 021 2004/05
#if7帰還ガンダムエース 022 2004/06

 スタッフ

原作:矢立肇・富野由悠季
キャラクター原案:逢坂浩司・川元利浩・菅野宏紀
メカニカルデザイン:カトキハジメ・高倉武史
シナリオ:千葉智宏

 編集者


最終更新時間:2010年01月12日 20時25分16秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注