トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

機甲神伝説編

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

SDガンダム外伝・機甲神伝説編

  • [作品]

 概要

第4シリーズである,機甲神伝説は,前作聖機兵物語編での積み残しを処理する形で,前作のキャラと新規キャラを融合させた形で展開する。
前作が,どちらかといえば0083にウエイトを置いた展開であり,同時期に展開されていたシルエットフォーミュラにウエイトを置いたのが,本作といっていいだろう。
新たな主人公,ネオガンダムは記憶喪失であり,謎の機甲神を呼び出すことができるという設定であり,この機甲神に関わる謎解きがメインとなっている。
80年代にアニメブームを経験した人は,この設定と機甲神のデザインを見てピンと来ると思うが,基本的なストーリーベースは,「六神合体ゴッドマーズ」である。(※)

基本設定は,明神タケル=ネオガンダムで等しく,機甲神エルガイヤー=ガイヤーということである。

 ストーリー概要

宜箸凌脆覽(

カードダスストーリー

ダバードにおける聖機兵同士の戦いは,お互いが消滅することで集結した。
ダバード軍は,ネオジオン族との決着のため,パンゲア界に攻め込み,スペリオルドラゴンの力を借りることで,決着をつけることに成功した。
その3年後,突如謎の機兵軍団が各地を襲い始めたのである。ダバードも例外ではなく,ガンレックスを失った穴を新たな機兵で埋め,国の守りを固めていた。
ある日,GP01は,森で一人の騎士を救い,ダバード城に連れ帰った。騎士は名前すら覚えて無く,ただ昏々と眠り続けるだけであった。
そんな中,デラーズ国を名乗る軍勢がついにダバードへと侵攻してきた。ダバード軍は,必死の抵抗を続けるが,圧倒的戦力差に押され,ついにはダバード城の近くにまで追いやられるのだった。
そこに重魔騎士アトミックガンダムが現れる。そう,かつてのGP02である。
彼の目的は,GP01に救われた謎の騎士,すなわち「神秘騎士ネオガンダム」であった。

ストーリー補足

機甲神編の第1弾は,聖機兵編のダイレクトな続編となっており,前作で解決していないGP02がいきなり重要な役割を持って登場する。
この時点では,先の展開が不明であり,GP02が0083のように敵のままで終わるか,それとも復帰するか不明であり,購入者をやきもきさせた物である。

僅斬里竜々耽

カードダスストーリー

ネオガンダムの危機に現れた謎の機兵エルガイヤーは,その力でアトミックガンダムに深手を負わせ,天空魔城ゲルニカを退けることに成功した。
己の名前こそ,他人に教えられたネオであったが,エルガイヤーに搭乗したことで唯一思い出せた「6つの影」。
この「6」こそ,国を守鍵となると直感したGP01は,ネオと共に旅立った。

占い師の言葉を元に,ラビアン砂漠のフレメン村に立ち寄った一行は,再び天空魔城の攻撃を受ける。薔薇騎士の助けによりこれを退けた一行は,さらにアバロン山へと向かい,そこで2体のゴーレムの姿を見るのだった。

ストーリー補足

訓震燭了圧鎧

カードダスストーリー

フレメン村で機甲神オルフェリス,アバロン山で機甲神アクアリウス,機甲神マーキュリアスを手に入れた一行は,残りの機甲神を探す旅を続けていた。
一方,一行を助けた薔薇騎士ことネオの兄ルナガンダムは,アトミックガンダムに倒されていた。
南海の孤島で次なる機甲神,機甲神ギガンティスを発見する一行であったが,そこへエルガイヤーに酷似した謎の機甲神の襲撃を受ける。
これこそが影機甲神カオスガイヤーであり,その操手こそ,アトミックガンダムに倒され,洗脳されたルナガンダムであったのだ。

一方,ダバードでは天空魔城による侵攻が苛烈を極めていた。
総力を持って対抗するダバード軍ではあったが,劣勢を覆すことは出来なかった。
しかし,魔の楯を粉砕されたことにより,GP02が正気を取り戻し,ダバードへと帰還したのである。そして,運命の三騎士が力を合わせたとき,装甲馬車オーキスが真の力を解放し,劣勢を覆すのだった。
だが,その目の前で五体の機甲神がカオスガイヤーへと合体したのである。

ストーリー補足

幻の超機甲神

カードダスストーリー

五体の機甲神と合体したカオスガイヤーは,闇機甲神ガンジェノサイダーとなった。
その圧倒的な力は,ダバード軍を追いつめる。
しかし,解放されたオーキスの真の力である,飛空機スーパーオーキスの力を得て,エルガイヤーはカオスガイヤーを倒し,五体の機甲神は合体が解け,いずこかへ消えるのだった。
しかし,デラーズ軍はダバードへの侵攻をあきらめたわけではなかった。
苦戦を続けるダバード軍であったが,ここにラクロア騎士団が援軍へと加わる。
起死回生の一手として,天空魔城内部への進撃を女王は決断する。
運命の三騎士とネオは,天空魔城へと突入する。
そしてその中核にいたモンスターを排除すると天空魔城は,崩れ去るのだった。

だが,そのなかから巨大な脳「ジークブレイン」があらわれたのである。これこそが,これまでの戦乱の元凶,エルガイヤーは再び戦いを挑むべくジークブレインと対峙するが・・・
圧倒的力を持つジークブレインに対して,消えていった機甲神が再び現れ,エルガイヤーと合体する。
そして,ガンジェネシスは,ジークブレインを破壊するのだった。

ストーリー補足

外伝・キャラ・機甲神伝説編


 編集者


最終更新時間:2009年10月17日 11時13分16秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注