トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

メガサイズモデル

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

メガサイズモデル

  • [模型シリーズ]

 データ

項目データ
発売時期2010/03〜
価格7800円〜

 説明

 バンダイのプラモデルシリーズのひとつ。2010年にガンプラ誕生30周年記念商品としてリリースされた。第1弾は,当時展示が行われていた1/1立像をモデルにしたバージョンで発売された「RX-78-2 ガンダム」。

 1/48スケールという大型作品であり,価格も(従来展開されてきたプラモデルシリーズと比較して)それなりに高額ではあるが,その商品仕様は,従来のプラモデルユーザーに対するものではなく,どちらかと言えば初心者に向けたものとなっている。

 第2弾として発売されたザク,シャア専用ザクのみでシリーズ終了かと思われたが,ガンダムAGE-1の発売もあり,低年齢層(+かつてのガンプラ世代)を親子で取り込もうという戦略的な商品になっていると考えられる。

ビッグスケール

 1980年のガンプラ発売以降,ガンプラの最大サイズは「1/60スケール[1]」であった。このため,1/60スケールにはビッグスケールモデルという通称があり,これが長らく使用されていた。この1/60は,ガンプラの発展に伴い製品の高品位化がすすむと,従来の大型モデルと言う側面に加え,新たに精密なバンダイが持てる技術を投入したブランドとして「パーフェクトグレード」というブランドも与えられるようになった。

 その反面,大型キットはその内部機構なども再現可能であったこともあり,極めて複雑化が進んでいくこととなった。高度に進化したのと引き替えにパーツ数は増え,非常に組立に手間がかかるものとなってしまった。また,モビルスーツの多様化によって,1/100スケールで既存の1/60スケールよりもボリュームのある商品も多く,1/60の「大きさ」に対するインパクトが小さくなっていたのもまた事実である。

 こうした中,ガンプラ30周年に至り,新たに登場したカテゴリが「メガサイズモデル」なのである。
 メガサイズモデルは,1/60よりも更に一回り大きな1/48モデル[2]であり,細かいディテールを加えたデザインでありながらも極めて簡単に組み立てることができるという特徴がある。

初心者向け

 バンダイがこれまで「初心者向け」を謳ってきたガンプラには,ガンダムSEEDシリーズのコレクションシリーズや,ガンダムOOシリーズのファーストグレード,ガンダムAGEシリーズのアドバンスドグレード(あるいはBB戦士など)などがあったが,いずれも組み立ては比較的たやすいものの,商品仕様としてはカラーリングが不完全(多くはシールによってカラーリングの問題を補っている)であったり,可動部が少なかったりといった,不満点も抱えていた。しかし,メガサイズモデルは,「価格の高さ」に目をつぶれば,これらの問題点が解消されており,その価格の高さも,モデルそのものの大きさを考えると,意外にもマイナス面にはなりにくい,という特徴があるのである。

 まず,最大の特徴として,成型色によるパーツ分割が極限まで考慮されており,組み立てるだけで設定のカラーリングがほぼ完全に再現される点が挙げられる。
 プラモデルの組み立てにおいて,塗装は初心者にとって敷居が高い部分の一つであるため,ガンプラでは積極的にいろプラ化が進められ,購入後そのまま組み立てるだけでカラーリングが再現されるキットは多い。現在の主流であるHGUCやMGもそうした方向性ではあるが,メガサイズモデルはさらにその再現性が高まっているのである。

 また,組み立てそのもののストレスを減らす方向性も考慮されている。BB戦士などで現在採用されているタッチゲートを積極的に採用し,ニッパーなどの工具を極力必要としない構造になっている。また,そのパーツを切り離すためのパーツセパレータもセットされており,組み立てに工具を必要としない。また,かつてBB戦士で導入された「ランナーロック[3]」が採用されており,組み立て時のわかりやすさも向上している。

 他に,ポーズを確実に支持するクリック機構ポリキャップの採用など,プラモデルを作り慣れていない人が,「簡単に組み立て,簡単に飾る」ことが可能な商品となっているといっていいだろう。

 例えば,第1弾として発売されたRX-78ガンダムは,パーツ段階で完全に色分けが達成されていながらも,そのパーツ数は1/100マスターグレードVer.2.0よりも少なく,組立もストレスいらず。しかも,ほぼ全てがタッチゲート&アンダーゲートと配慮されており,キットそのものの組み立てやすさと完成後の見栄えの良さは非常にバランスのとれたものとなっている。

リスト

 完全であるとは限りません。情報がある方はフォローをお願いします。

No.Scale商品名価格(税抜)発売BOX ART備考
-1/48ガンダム78002010/03/
-1/48シャア専用ザク78002010/12/
-1/48量産型ザク78002011/03/
-1/48ガンダムAGE-1ノーマル85002011/12/
-1/48ガンダムAGE-2ノーマル88002012/03/
限定販売品・非売品等
-1/48MS-06S ザク CANON PIXUS CUSTOM非売品2014/08/None[4]
-1/48ガンダム ANAオリジナルカラーバージョン85002010/07/[5]
-1/48ガンダム Ver.G30th RG1/1GUNDAM PROJECT78002010/07/[6]
-1/48ガンダム プレミアムゴールドバージョン非売品2011/12/[7]
-1/48ガンダム プレミアムシルバーバージョン非売品2011/12/[8]
-1/48シャア専用ザク プレミアムゴールドバージョン非売品2012/07/[9]
-1/48シャア専用ザク プレミアムシルバーバージョン非売品2012/07/[10]
-1/48ガンダム エクストラフィニッシュバージョン140002011/11/[11]
-1/48ガンダム Ver.GFT78002012/04/[12]
-1/48シャア専用ザク Ver.GFT78002012/12/[13]
-1/48ガンダム ペプシネックスオリジナルカラーバージョン非売品2012/11/[14]
-1/48ガンダムAGE-1ノーマル ゴールドトロフィーVer.非売品2012/08/[15]
-1/48ガンダムAGE-1ノーマル シルバートロフィーVer.非売品2012/08/[16]
-1/48ガンダムAGE-1ノーマル ブロンズトロフィーVer.非売品2012/08/[17]
-1/48シャア専用ザク シャア専用オーリスCOCEPTバージョン非売品2013/04/[18]
-1/48ガンダム エクストラフィニッシュバージョン不明2012/12/[19]

 関連項目


 編集者


[模型用語]


最終更新時間:2014年06月23日 18時51分25秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ちなみにバブルキャストモデル(発泡スチロールモデル)は1/30,塩ビモデルのジャンボグレードでは1/35,限定生産品のHHMで1/12と,メガサイズモデルを上回る商品も存在するが,いずれも「プラモデル」ではない。
  • [2]1/35であればU.C. HARD GRAPHシリーズと組み合わせることができて,別な楽しみ方もできたのだが,さすがにそうした層に対して企画された商品ではないだろう。
  • [3]二つのランナーを組み合わせるだけで,パーツが完成するしくみのこと。BB戦士に導入された際には,ニッパーが必要だったこともあり,ゲートからの切り出しにも困難が生じたため,その後採用されなくなっていた。メガサイズのランナーロックはその発展版といえるもので,パーツセパレータによって簡単に切り離せる点が大きなポイントとなっている。
  • [4]キヤノン:PIXUS GUNDAM PROJECT CAMPAIGN・PIXUS限定 シャア専用ザク ガンプラプレゼントキャンペーン(2014/5/17〜8/3,応募は8/10消印有効)における賞品。抽選500名。
  • [5]ANAの国内線・国際線に搭乗した際にもらうことのできる座席備え付けのカタログから注文を行うもの。販売期間は2010/07/01〜2011/02/28。価格は税・送料込。カラーリング変更,メッキあり。
  • [6]1/1モニュメントに合わせたマーキングデカールの特別版。模型の世界首都静岡ホビーフェア(2010/07/24)にて発売,以後プレミアムバンダイで限定受注。初回(2010/09/24〜11/30,12/10発送),再販(1回目2010/12〜2011/01/12,2011/01/21発送,2回目2011/01〜02/15,02/24発送),最終生産(2011/02〜03/27,04/15発送)。
  • [7]エスカップ×ガンダムコレクションVol.1(2011/09/26〜11/30)のエスカップオリジナル金のガンプラコース賞品。抽選250名で,シリアル入りの台座が付属する。
  • [8]エスカップ×ガンダムコレクションVol.1(2011/09/26〜11/30)のエスカップオリジナル銀のガンプラコース賞品。抽選250名で,シリアル入りの台座が付属する。
  • [9]エスカップ×ガンダムコレクションVol.2(2012/04/02〜06/30)のエスカップオリジナル金のガンプラコース賞品。抽選250名で,シリアル入りの台座が付属する。
  • [10]エスカップ×ガンダムコレクションVol.2(2012/04/02〜06/30)のエスカップオリジナル銀のガンプラコース賞品。抽選250名で,シリアル入りの台座が付属する。
  • [11]ガンプラEXPOワールドツアージャパン2011(11/04〜06)販売品。価格は税込。
  • [12]ガンダムフロント東京での専売品。1/1立像のバージョンアップに伴って設定されたマグネットコーティング版としてリリースされ,肘,膝,足首の円筒形パーツ(マルイチパーツ)が,変更されている。価格は税込み。
  • [13]ガンダムフロント東京での専売品。DOME-Gでの映像に登場するバージョンとして新規マーキングを付属させたバージョンとしてリリースされた。価格は税込み。
  • [14]PEPSIガンプラプレゼントキャンペーン(2012/08/07〜10/29)プレゼント品。抽選1500名。
  • [15]ガンプラビルダーズ選手権コロコロカップ(2012/06/15〜08/31)金賞賞品。
  • [16]ガンプラビルダーズ選手権コロコロカップ(2012/06/15〜08/31)銀賞賞品。
  • [17]ガンプラビルダーズ選手権コロコロカップ(2012/06/15〜08/31)銅賞賞品。
  • [18]ジオニックトヨタ新規社員登録キャンペーン(2013/01/09〜03/31)B賞賞品。1名のみ。
  • [19]ガンプラEXPOワールドツアー香港2012(2012/12/06〜11)限定。