トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ミネバ・ラオ・ザビ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ミネバ・ラオ・ザビ

  • [キャラ]

 データ

パーソナルデータ
所属ネオ・ジオン
階級無し
主な搭乗機無し(伝説巨神)
誕生日U.C.0079/09/02
製作データ
登場世界宇宙世紀
声優伊藤美紀(Ζ)
藤村歩(ユニコーン)

 解説

 ドズル・ザビとゼナ・ザビの間に生まれた娘。ドズルにとっては,待ち望んだわが子であり,その厳つい外見とは裏腹にミネバを溺愛するほどであった。

 一年戦争時には,ドズルと共にソロモンにあったが,ソロモン攻防戦によってソロモンが陥落したため,母と共に脱出,マ・クベ艦隊に救出されている。
 その後,(ア・バオア・クーを経由したとの説がある)アクシズへと逃れるが,身体の弱かった母,ゼナは程なくして亡くなってしまう。
 このため,結果的にミネバの存在によって,ザビ家というジオン公国の象徴が存在し続けることとなり,彼女が望む・望まないにかかわらず,政争の道具となってしまう。
 後に,アクシズにおける勢力争いが一段落すると,ハマーン・カーンによって,ジオンの正当後継者として担ぎ出されることとなる。(この際,ジオンの後継者としての教育が施されたともいわれ,後にミネバを見たシャアが,その子どもらしさを奪う教育を行ったハマーンらに対して激高している。)

 U.C.0087年,アクシズの地球圏帰還に際して,ハマーンという強力なニュータイプの為政者の存在によって,ジオン再興を旗頭にエゥーゴとティターンズの争いに介入し,ミネバはその際にジオンの象徴として扱われてしまうこととなった。
 その後,グリプス戦役は三つどもえの戦いの中,エゥーゴがティターンズを破り終結する。
 だが,この直後にミネバはハマーンのもとから連れ去られ,ジオン・シンパのもとに預けられることとなる。(ハマーンは,影武者を立て,自らがネオ・ジオンの代表として立つこととなる。このことが,後にグレミー・トトの反乱を呼ぶことになる。)

 その後のミネバの所在については諸説あり,U.C.0091年に木星で確認されたという話題もあったが,この説については否定的な意見も多い。(ただし,全く別の資料でU.C.0090年に木星へ向かうジュピトリス兇法屮献ン共和国の関係者のイニシャルMの重要人物」が亡命を求めてきたという記録もあるため,ミネバが木星で確認されたという記録を全くの眉唾物と断言するには難しいものもある。)

 U.C.0096年,ラプラス戦争と通称される事件の際に,オードリー・バーンと名乗るミネバが確認されている。
 この時には,インダストリアル7の学生で,後にRX-0《ユニコーンガンダム》のパイロットとなるバナージ・リンクスと行動を共にしており,「ラプラスの箱」と呼ばれる連邦とアナハイム・エレクトロニクス社の間に存在する秘密を公衆回線で放送した際に,宇宙世紀の始まりにおける事件(ラプラス事件)の内容を明らかにし,自らの正体を放送上で述べている。
 この事件後の消息は明かではないが,一説にはU.C.0099年にミネバとされる人物が月を舞台にしたテロに関係していたとも言われるが,この時使用された艦艇であるレウルーラそのものが既にU.C.0096年にコロニーレーザーによって戦没しており,ネオ・ジオンを標榜した別組織であった可能性も否定できない。このため,この際のミネバは,ミネバの影武者であった可能性もあるが,詳細は分かっていない。

 登場作品

/公式・準公式作品/

機動戦士ガンダム
機動戦士Zガンダム
機動戦士ガンダムUC
機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像
(GUNDAM EVOLVE ../10)

/非公式作品/

機動戦士vs伝説巨神〜逆襲のギガンティス
機動戦士ガンダム ムーンクライシス

 関連キャラ


 関連項目


 編集者


[キャラクタ・み]
[キャラクタ・1st]
[キャラクタ・Z]
[キャラクタ・逆襲のギガンティス]
[キャラクタ・ユニコーン]
[キャラクタ・若き彗星の肖像]


最終更新時間:2014年11月08日 08時50分31秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注