トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ホワイトベース(オリジン版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ホワイトベース

 説明

 ペガサス級2番艦として承認された艦であるが,実際にはペガサスより1週間早く進宙して1番艦となった数奇な艦がホワイトベースである。ペガサスが航宙機母艦からモビルスーツ母艦へと設計変更を受けたのに対してこちらは起工時に既にモビルスーツ母艦として建造が始まっているため,建造にかかった期間が結果として短くなったものである。
 ノンオプションで大気圏突入が可能で,重力下でもミノフスキークラフトを使用することで巡航が可能という万能艦であり,一年戦争期間中において,最も著名となった艦のひとつである。

 ホワイトベースの建造は南米の連邦軍本部ジャブローで行われているが,V作戦の実施によって誕生したモビルスーツを受領するため,パオロ・カシアス中佐の下,宇宙にあがっている。
 しかし,ルナツーからサイド7への行程に際して,シャアの艦隊に追けられることとなり,サイド7の1バンチコロニー内で強襲を受けたことで,主要乗組員が死傷してしまった。このため,士官候補生,訓練生,民間人の手で運用されることとなる。

 彼らは,なんとかルナツーまでホワイトベースを回航したものの,民間時の下艦やクルーの補充もかなわず,そのままジャブローへと向かうこととなった。シャアの部隊による追撃を受けながらも地球へと降下に成功した後,各地を転戦,ようやくジャブローへと到達する。(なお,民間人は北米にて補給隊によって引き取られており,残りのクルーによって運用が継続されている。この際,民間協力者のほとんどが事実上の軍属として艦に残っている。)

 なお,ルナツーにてパオロ艦長が死亡したため,代理としてブライト・ノア少尉が指揮を執ることとなったが,少尉は後にジャブローにて正式に艦長に就任し,大尉任官を受けている。
 ジャブローで正式に部隊編成が行われた後,再び宇宙へと旅立ったホワイトベースは,連邦軍の囮艦隊として,サイド6へと移動,連邦軍本隊と歩調を合わせ,ソロモン戦に参加している。この後,ア・バオア・クー攻防戦に参戦,要塞近傍でエンジンに被弾したことから,強制着底を実施,乗組員はランチで脱出している。(その直後ア・バオア・クーの弾薬庫やエネルギー炉の破壊に伴う爆発に飲み込まれて爆沈している。)

 スペック/データ

データ

  • 所属:地球連邦軍
  • 艦長:パオロ・カシアス→ブライト・ノア
  • 艦籍番号:SCV-70 / LMSD-71

スペック

スペック
全長262m
全幅202.5m
全高93m
重量3万2000t
基準排水量Unknown
推進システム4連装熱核ハイブリッドエンジン・システムx2
出力55万馬力
最高速度マッハ12

※データについては,アニメーション本編のものだが,異説も多い。

搭載MS

  • ガンダム02
  • ガンキャノン
  • ガン・タンク

 武装

  • 880mm2連装主砲
  • 2連装メガ粒子砲x2
  • 前部ミサイル発射装置x24
  • 後部ミサイル発射装置x6
  • 対空機銃座x35

※データについては,アニメーション本編のもの。

 備考

 デザイン的には,アニメ版のものを踏襲しているが,より「母艦」的なアレンジが加わっている。
 最も大きな差異は,大気圏突入後に展開している翼だろうか。

 関連項目

 編集者


[艦艇]
[艦艇・オリジン]


最終更新時間:2016年06月16日 21時30分23秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注