トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ヘンケン・ベッケナー

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ヘンケン・ベッケナー

  • [キャラ]

 データ

パーソナルデータ
所属地球連邦軍/エゥーゴ
階級中佐
主な搭乗機スルガ(艦長),アーガマ(艦長),ラーディッシュ(艦長)
製作データ
登場世界宇宙世紀
声優小杉十郎太

 解説

アーガマの初代艦長を務めるエウーゴの中核メンバーのひとり。ブレックス・フォーラやクワトロ・バジーナと共にグリーン・オアシスへの威力偵察に参加し,ガンダムMk-橋奪に協力したカミーユ・ビダンを保護した。これは,カミーユがニュータイプであることを期待しての処遇である。同じようにティターンズを離反したエマ・シーンも保護しているが,これはエマを即戦力として期待しただけでなく,彼女に一目惚れした要素が大きいらしい。実際,ヘンケンは事あるごとにエマにアプローチをしているが,生真面目なエマは彼の想いに応えようとしなかった。それでもめげずにエマを慕い続けたのがヘンケンという人物である。U.C.0088.02.21に発生したコロニー・レーザーを巡る戦闘で,被弾したエマのガンダムMk-兇鬚ばったのも,彼女を気遣ってのことである。そしてエマの無事を確認したのち,艦の爆発に巻き込まれて命を落としたのだった。

ラーディッシュの艦長として知られるヘンケンだが,実はアーガマの初代艦長でもある。ブライト・ノアがエゥーゴヘの参加を表明したのを受け,アーガマの艦長職を譲ったのだ。しかしアーガマには想いを寄せる工マが所属しており,それがラーディッシュに移る彼にとって,唯一の心残りだったのではないだろうか。

一年戦争時には,サラミス級スルガの艦長であったが,沈められており,本人はかろうじて脱出したようだ。

 登場作品

/公式・準公式作品/
機動戦士Zガンダム
ガンダム・ザ・ライド〜ア・バオア・クー

/非公式作品/

 関連キャラ


 関連項目


 編集者


[キャラクタ・へ]
[キャラクタ・Z]
[キャラクタ・ガンダム・ザ・ライド]


最終更新時間:2009年04月05日 22時30分47秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注