トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ヒートロッド(アフター・コロニー)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ヒートロッド

 説明

 OZ-00MS2B《トールギス掘佞OZ-13MS《ガンダムエピオン》に搭載された武装。
 熱源発生装置を内蔵した小型の刃を連ねた鞭状の武装で,近接戦闘用装備として用意されたもの[1]

 元々エピオンは,騎士としての戦いを全面に押し立てた機体であり,いわゆる飛び道具を排除した装備となっていたため,シールド(飛行形態時には,ワイバーンの尾部を形成する)の先端に装着されたこのヒートロッドが最も遠距離を攻撃できる装備であった。
 エピオンのパイロットとなったゼクス・マーキスにとって,本装備は相性が良かったのか,非常に大きな戦果を挙げた装備であり,その後トールギス靴魃人僂靴榛櫃砲發海料備が用意されていた。

 関連項目


 編集者


[用語]
[用語・W]


最終更新時間:2015年08月12日 20時01分32秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]グフのものとは異なり,電撃を発する機能はない。