トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

バルカンポッド

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

バルカンポッド


 説明

 RX-178ガンダムMk-兇悩陵僂気譴審杏佞韻離丱襯ン砲に端を発する外付けの機関砲システムのこと。(ただし,厳密に言えば「バルカン砲」とは異なった兵器である。)

 連邦軍が開発した実戦型モビルスーツであった,RX-77ガンキャノンとRX-78ガンダムでは,頭部に60ミリバルカン砲を内蔵していた。これは,近接兵器として主に牽制を用途としたものであったが,意外にもその効果は高く,量産配備されたRGM-79ジムタイプにも引き続き搭載される兵器となった。
 しかしながら,600発程度の装弾数しかなく,トリガーを引きっぱなしにすると1分も持たずに弾切れを起こしてしまう点が問題となった。
 バルカンポッド(システム)は,この点を改善するために開発されたもので,発射口は片側(頭部左側)のみとなるが,反対側に弾倉を装着する形をとり,その装弾数を大幅に増加したのである。
 このシステムは,ティターンズが開発したものであり,同種のシステムは同じくティターンズが開発したRX-121ガンダムTR-1や,RMS-154バーザムなどに採用されている。
 しかし,これらバルカン砲が高い効果を上げる近接戦闘が,当時起こりにくい状況(モビルスーツ戦の多くが遠距離からの射撃戦)になっており,それほど大きな効果を上げたとは言いがたい状況であった。

 だが,RGM-89ジェガン系列にも,同種の兵装が採用されるなど,運用面での効率化は評価され,長い間量産MSのスタンダードとなった。

 関連項目


 編集者


[用語]
[用語・UC]


最終更新時間:2011年11月04日 18時15分23秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注