トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ネェル・アーガマ級強襲揚陸艦

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ネェル・アーガマ級強襲揚陸艦 / ネェル・アーガマ級宇宙戦艦

  • [用語]
  • 分類:艦種
  • 区分:宇宙世紀
  • 出典:機動戦士ガンダムΖΖ

 説明

 アーガマに代わるエゥーゴの旗艦としてアナハイム・エレクトロニクス社が建造した宇宙戦艦。
 その名称は,「アーガマに近いもの」というところからとられている。

 アーガマ級を全体的に強化したタイプで,アイリッシュ級が火力重視で発展させたのに対して,こちらはMS運用を含めた総合的な発展艦である。
 アーガマ同様左右のカタパルトに加えて,正面にもMSデッキとカタパルトを追加しており,さらに左右カタパルトは,裏面も利用できる為,一度に5機のMSを射出することが出来,戦力の展開能力は格段に上がっている。また,アーガマで問題となった,帰還MSの着艦によるカタパルトの占有も,後部に着艦デッキを備えたことにより解決している。

 武装は,アーガマ級の配置をほぼ受け継いでいるが,中央部カタパルトの裏面にコロニーレーザー級とまで言われるほど強力なハイパーメガ粒子砲を装備しており,火力も当時最大級であった。(ただし,当然ながら運用目的が異なるので,本級は戦艦的運用は無理である。)

 本級は,アイリッシュ級よりも巨大な艦であったが,ほぼ全ての業務がコンピュータによるサポートで運用でき,メインブリッジ,戦闘ブリッジから外部コントロールできる為,艦の運用要員はわずか5人で済むと言われている。(むろん,メカニックやMSパイロットは別である。)
 実際に,進宙/実戦投入された艦はネームシップたる,ネェル・アーガマのみであるが,そのときはわずかな少年少女とアーガマから乗り移ったナビゲートクルー,医療スタッフ,メカマンだけで運用されており,本館の優秀さを証明している。

 なお,本級は,エゥーゴが実質的に連邦軍の主導権を握った後,新たな艦種としてのクラップ級,ラー・カイラム級の設計へと移行したため,ネームシップたるネェル・アーガマ1艦の建造で終わっている。

 登録艦

 関連項目


 編集者


[用語]
[艦種]
[用語・UC]


最終更新時間:2014年11月23日 10時57分28秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注