トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ネェル・アーガマ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ネェル・アーガマ

  • [艦艇]
  • 分類:ネェル・アーガマ級強襲揚陸艦 / ネェル・アーガマ級宇宙戦艦
  • 区分:宇宙世紀
  • 作品:機動戦士ガンダムZZ
  • 作品:機動戦士ガンダムUC(改装後)

 説明

 アーガマに代わるエゥーゴの旗艦としてアナハイム・エレクトロニクス社が建造した宇宙戦艦。その名称は,「アーガマに近いもの」というところからとられている。
 ネェル・アーガマは,アーガマ級を全体的に強化した艦艇としてプランニングされたネェル・アーガマ級の1番艦として進宙しているが,同じアーガマ級を発展させたアイリッシュ級が火力重視で発展させたのに対して,こちらはMS運用を含めた総合的な発展艦である。

 その外観は,モビルスーツの射出カタパルトが艦首に張り出し,両舷にも同様のカタパルト・デッキが装備されている。艦橋は船体中央に馬の首のごとく佇立しており,太陽電池パネルを内蔵した巨大な翼が二枚,ブリッジの後方を付け根にして左右に広がっており,船体を挟み込む形で装備された二基のエンジン・ブロックを後ろ足,両舷のカタパルト・デッキを前足に見立てれば,翼を生やしたスフィンクスか,巨大な木馬に見えなくもなく,その点では,一年戦争時に活躍したペガサス級強襲揚陸艦ホワイトベースの意匠を,強く引き継いだ艦と言える。

 艦の構造としては,アーガマ同様左右のカタパルトに加えて,正面にもMSデッキとカタパルトを追加しており,さらに左右カタパルトは,裏面も利用できる為,一度に5機のMSを射出することが出来,戦力の展開能力は格段に上がっている。
 また,アーガマで問題となった,帰還MSの着艦によるカタパルトの占有も,後部に着艦デッキを備えたことにより解決している。

 武装は,アーガマ級の配置をほぼ受け継いでいるが,中央部カタパルトの裏面にコロニーレーザー級とまで言われるほど強力なハイパーメガ粒子砲を装備しており,火力も当時最大級であった。(ただし,当然ながら運用目的が異なるので,本級は戦艦的運用は無理である。)
 本級は,アイリッシュ級よりも巨大な艦であったが,ほぼ全ての業務がコンピュータによるサポートで運用でき,メインブリッジ,戦闘ブリッジから外部コントロールできる為,艦の運用要員はわずか5人で済むと言われている。(むろん,メカニックやMSパイロットは別である。)
 実際に,進宙/実戦投入された艦はネームシップたる,ネェル・アーガマのみであるが,そのときはわずかな少年少女とアーガマから乗り移ったナビゲートクルー,医療スタッフ,メカマンだけで運用されており,本館の優秀さを証明している。

 第1次ネオ・ジオン戦争では,実質的にエゥーゴ唯一の実働部隊としてアクシズ軍と戦火を交えた艦である。
 本来は,ブライト大佐が,アーガマに引き続いて運用を行うはずであったが,エゥーゴ上層部(ただし,かつてのグリプス戦役時の上層部と比較するとかなり戦況判断に疑問点が残るため,管轄が変わっている可能性もある)が,ジュドーらアーガマで戦ってきたガンダムチームをネェル・アーガマには,乗せない方針(要するにクビにして,正規兵で運用しようと考えた)を示したため,ブライトがこれに反対し,ビーチャを艦長代理として独自に運用させた。

 コア3沖の最終決戦では,もっとも激しい戦場に位置し,ジュドーとハマーンの最終決戦を見守っていた。

改装後

 第1次ネオ・ジオン戦争後は,新設されたロンド・ベル隊に組み込まれ,一時的に旗艦を務めたが,同型艦が存在しない互換性の無さや特殊な運用が前提となっている取り回しの悪さから,結果的に艦隊運用には用いられることはなく,単艦での特殊任務艦という位置づけの艦となった。
 このため,艦隊編成が確立してからは,ロンド・ベル第4群という形で特務艦という扱いとなった。

 特務艦としての運用になった際に,大規模近代化改修が行われ,クラップ級の装備等を導入した結果,大きくその姿を変えることとなった。
 元々規格外のMSを運用することが多かったネェル・アーガマは,そのMS運用システムについては,当時から高い拡張性を持っていたため,これを拡張し,RGM-89《ジェガン》5機,RGZ-95《リゼル》8機を運用できるようなMS搭載量の増加を行っている。
 これも単艦運用が前提であるためと考えられる。
 特徴的な武装であるハイパーメガ粒子砲は,元々急造の不完全な代物で,大規模近代化改修で,撤去されなかったのは単に予算の問題といわれる。

 スペック/データ

データ

  • 所属:エゥーゴ→地球連邦軍
  • 艦長:ブライト・ノア(艦長代理:ビーチャ・オーレグ)→オットー・ミタス大佐

スペック

スペック
全長380m[1]
全幅Unknown
基準排水量Unknown

搭載機

U.C.0088
  • ZZガンダム / フルアーマーZZガンダム
  • Zガンダム
  • ガンダムMk-
  • 百式

U.C.0096
  • リゼル 機番NAR-001〜(コード:ロメオ001〜)
  • ジェガン 機番NA-J001〜(コード:ジュリエット001〜)

 武装

  • ハイパー・メガ粒子砲
  • 2連装大型砲 x2
  • 単装砲 x2
  • 単装副砲 x2
  • 連装メガ粒子砲 x2

 関連項目

 編集者


[艦艇]
[艦艇・ZZ]
[艦艇・シャアの帰還]
[艦艇・ユニコーン]


最終更新時間:2016年11月27日 07時14分02秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]280mとする資料(ジ・アニメ1986/11『オフィシャルレポート「ガンダムΖΖ読本 これは買いだ!」』第1回)も存在する。