トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

デメジエール・ソンネン

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

デメジエール・ソンネン

  • [キャラ]

 データ

パーソナルデータ
所属ジオン公国軍
階級少佐
主な搭乗機ヒルドルブ
製作データ
登場世界宇宙世紀
声優天田益男

 解説

 ジオン公国軍の戦車兵。ヒルドルブの実用試験のためにヨーツンヘイムに配属された。なお,ヨーツンヘイム配属時の階級は少佐。
 戦車教導団の教官を務めるほど優秀な戦車兵だったが,MSの転科適性試験に落ちて以来,自堕落な生活を送っていた。

 U.C.0079年5月,試作MT(モビルタンク)ヒルドルブの評価試験を行なうために第603技術試験隊に配属された。MSが戦場の主流となった1年戦争においてヒルドルブが実戦配備される可能性は皆無であり,この評価試験は二線級配備の口実だったが,ソンネン自身はこれを戦車兵としての誇りを取り戻す絶好の機会と信じて疑わなかったようで,自らの力を証明すべくヨーツンヘイムに乗り込んできたのだった。
 同年5月9日,北米アリゾナ地区で評価試験が開始されたのだが,地表降下の直前に歯獲したザクJ型を運用する地球連邦軍コマンド部隊(セモベンテ隊)と接触。ヒルドルブの性能を十全に使いこなしたソンネンはセモベンテ隊を全滅に追い込んだが,自分も敵隊長(フェデリコ・ツァリアーノ)と相討ちとなり,大破したヒルドルブを墓標としたのだった。

 モニク・キャディラックはソンネンと顔見知りであり,モニクは教官として活躍する彼を尊敬していた。だからこそ自暴自棄となったソンネンに侮蔑的な態度を取ったのだが,これには彼の再起を願う気持ちが多分に込められていたようである。だからこそ,批判を行いながらも,彼の死を悲しんでいたのだった。

 ソンネンは,発作的に痩撃のような症状を起こす持病を抱えており,発作を抑えるための薬をドロップと称して乱用していた。そこまで荒んでしまったソンネンだが,セモベンテ隊との交戦を見る限り,戦車兵としての技量は少しも衰えていなかった。
 ヒルドルブの実用試験が,皮肉にも戦車兵の活躍の場を奪ったMS「ザク」との実戦になってしまったが,ソンネンはその実力を遺憾なく発揮し,これを全滅せしめた。
 ソンネン本人も命を落とし,ヒルドルブも破壊されたが,この戦果は評価試験としては高い戦果であり,過去のヒルドルブの不本意な評価を覆したとも言える。
 だが,逆に言えば,それはソンネンの技量があったためともいえ,彼の戦車兵としての信念の強さが見せつけられたとも言えよう。

 登場作品

/公式・準公式作品/

機動戦士ガンダム MS IGLOO 一年戦争秘録/黙示録0079
MS-IGLOO 603
SDガンダムGジェネレーション スピリッツ

/非公式作品/

 関連キャラ

 関連項目

 編集者


[キャラクタ・て]
[キャラクタ・MS-IGLOO]


最終更新時間:2015年12月05日 17時44分39秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注