トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

ダカール宣言の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!ダカール宣言
*[用語]
//*読み:
*分類:歴史
*区分:宇宙世紀
*出典:機動戦士Ζガンダム
!!説明
 [U.C.0087/11/16]

 ダカール演説と言われる場合も。
 エゥーゴのクワトロ・バジーナ大尉(シャア・アズナブル=キャスバル・レム・ダイクン)によるティターンズを告発する演説。

 エゥーゴがカラバと協力し,年次総会を開催中の連邦議事堂を占拠,電波を乗っ取ってシャアによる演説を全盛会へと放送した。この演説の中でシャアは自分がジオンの息子であることを公表,ティターンズの実態と,砂漠化の進む地球の危機の現状を訴えた。
 この演説により連邦軍と関係各機関はティターンズから距離を置きはじめ,劣勢だったエゥーゴはティターンズと五分にまで勢力を盛り返した。

 以後,エゥーゴは反連邦軍ではなく準正規軍として扱われ,ティターンズが反連邦軍として扱われることとなる。すなわち,従来,反連邦組織として認識されていたエゥーゴによる反乱として扱われていた一連の騒乱が,ティターンズによる反乱であるという位置づけに入れ替わってしまったのである。
 しかし,裏を返せば,この宣言はザビ派のジオン系エゥーゴの人々(要するに「反連邦」という立場からエゥーゴに参加していた人たち)をエゥーゴから離脱させる原因となったとも言え,続く第1次ネオジオン戦争時のエゥーゴの混乱のもととなったともいえる。

!!全文
 議会の方とこのテレビを見ている連邦国国民の方には突然の無礼を許していただきたい。

 私は,エゥーゴのクワトロ・バジーナ大尉であります。
 話の前にもう一つ知っておいてもらいたい事があります。
 私は,かつてシャア・アズナブルと呼ばれていた男だ。

 私はこの場を借りてジオンの意志を継ぐ者として語りたい。
 もちろんジオン公国のシャアではなく,ジオン・ダイクンの子としてである。
 ジオン・ダイクンの意志はザビ家のような欲望に根ざしたものではない。
 ジオン・ダイクンがジオン公国を創ったのではない。

 現在ティターンズが地球連邦軍をわがものにしている事実は,ザビ家のやり方よりも悪質であると気付く。
 人が宇宙に出たのは,地球が人間の重みで沈むのを避けるためだ。
 そして宇宙に出た人類は,その生活圏を拡大したことによって人類そのものの力を身につけたと誤解して,ザビ家のような勢力をのさばらしてしまった歴史を持つ。 

 それは不幸だ。
 もうその歴史を繰り返してはならない。

 宇宙に出ることによって人間はその能力を広げることが出来ると,なぜ信じられないのか。
 われわれは人の手で地球を汚すなと言っている。
 ティターンズは地球に魂を引かれた人々の集まりで,地球を食いつぶそうとしているのだ。

 人は長い間この地球というゆりかごの中で戯れてきた。
 しかし,時はすでにときはすでに人類を地球から,巣立たせるときが来たのだ。
 その後に至ってなぜ人類同志が戦い,地球を汚染しなければならないのだ。
 地球を自然のゆりかごの中に戻し,人間は宇宙で自立しなければ,地球は水の惑星ではなくなるのだ。

 このダカールさえ砂漠に飲み込まれようとしている。
 それほどに地球は疲れ切っている。
 いま,誰もがこの美しい地球を残したいと考えている。
 ならば,自分の欲求だけを果たすためだけに,地球に寄生虫のようにへばり着いていて良いわけがない。

 現にティターンズは,このようなときに戦闘を仕掛けてくる。
 見るがいい,この好虐な行為を。(ティターンズのMS部隊がダカール上空で行っている戦闘がスクリーンに映し出される)

 彼らはかつての地球連邦軍から膨れあがり,逆らう者の全てを悪と称しているが,それこそ悪であり人類を衰退させていると言い切れる。
 テレビをご覧の方々はおわかりになるはずだ,これがティターンズのやり方なのです。
 我々が議会を武力で制圧したのも悪いのです。
 しかしティターンズはこの議会に自分たちの味方となる議員がいるにも関わらず,破壊しようとしている。
 私の話はここで終えるが,人類は終わる事なく歩み続けねばならぬのだ!!

!!関連項目
*[[グリプス戦役]]
*[[ダカール攻略作戦]]
!!編集者
*あさぎり
----
{{category 用語}}
{{category 用語・UC}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。