トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

スメラギ・李・ノリエガ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

スメラギ・李・ノリエガ

  • [キャラ]

 データ

パーソナルデータ
所属ソレスタルビーイング
階級戦術予報士
主な搭乗機プトレマイオス/プトレマイオス
年齢26歳→31歳(A.D.2012)
製作データ
登場世界西暦(ガンダムOO)
声優本名陽子

 解説

 ソレスタルビーイングの実働部隊における戦術予報士。
 母艦となるプトレマイオスには艦長というポジションがないため,実質的なリーダーである。紛争介入行動に於ける作戦立案を一手に引き受け,メンバーの作戦行動をフォローする立場にある。

 本名は「リーサ・クジョウ」。かつてエイフマン教授の下,ビリー・カタギリやカティ・マネキンらと同じ学舎で過ごしており,ユニオン国際大学で戦術予報士の資格を取得している。その後,AEUの戦術予報士となり,その能力を発揮したものの,参加した作戦でミスを犯し,部隊が同士討ちをおこし,恋人のエミリオを失った。
 これがトラウマとなり,酒浸りの生活となる。

 ソレスタルビーイングへの参加は,自らこのトラウマを払拭することと,二度とこういった惨劇が起きない様に紛争の芽を摘むのが目的だった。

 戦術予報そのものは,非常に高い精度を誇るが,ソレスタルビーイングの活動(およびヴェーダの指示)もあって,マイスター達が不利な状況に陥ることが多く,それもまた彼女を悩ませる理由の一つである。(故に,最悪の戦術予報となっていた三国合同演習の予報が外れた時の彼女のほっとした顔は,非常に意義深い。)
 作戦立案能力に関しては有能ではあるが,(予想範囲を逸脱した)突発的事象に対する部分ではどうも後手に回ってしまう様な場面が多い。

 国連軍との最終決戦では,ヴェーダの支援が受けられない状況で,最小限の作戦立案を行ったが,犠牲を避けることはできなかった。(ただし,ソレスタルビーイングの壊滅を避けたという意味では,彼女の能力面を否定することはできない。この際も,アレハンドロのアルヴァトーレという予測を逸脱した機体が存在していたためである。)

 彼女は生き残るが,戦いの末に世界が変わらなかったことに失望し,他のメンバーとは袂を別ち,放浪の末,ビリー・カタギリの元に身を寄せる。

 だが,およそ2年後(前決戦から4年後),再び現れた刹那によって,その正体を晒され,強引に連れ戻される。当初は,再び戦術予報を行うことに及び腰であったが,仲間達の戦いにいてもたってもいられず,また,その懇願によって再び戦術予報を行う様になった。
 最大の敵となったアロウズが解体された後,刹那らとともに「世界の脅威」でありつづけることを選択する。

 備考


 登場作品

/公式・準公式作品/

機動戦士ガンダムOO
機動戦士ガンダムOOP

/非公式作品/

 関連キャラ


 関連項目


 編集者


[キャラクタ・す]
[キャラクタ・ガンダムOO]
[キャラクタ・ガンダムOOP]


最終更新時間:2015年03月15日 19時31分11秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注