トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ジャブロー侵攻作戦

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ジャブロー侵攻作戦


 説明

 一年戦争当時,ジオン公国軍によって行われた地球連邦軍本部ジャブローへの攻撃作戦のこと。
 U.C.0079年9月に行われた第1次侵攻作戦と同年11月末に行われた第2次侵攻作戦の2回が確認されている。
 特に,第2次作戦は,オデッサ作戦に敗退した公国軍の起死回生の作戦でもあったため,その規模は大きなものとなった。

第1次ジャブロー侵攻作戦

 [U.C.0079/09/--]

 U.C.0079年9月に実施された地球連邦軍総司令部ジャブローへのジオン公国軍の侵攻作戦。
 ジャブローに対する爆撃を中心とし,その後に侵攻を行うという作戦であったが,分厚いジャブローの防御網と,堅固な地下要塞であったことから,連邦軍部隊をいぶり出すにも至らず,事実上の失敗に終わっている。
 その後も,定期的に爆撃は繰り返したため,連邦軍からは定時爆撃と揶揄される状況であった。

第2次ジャブロー侵攻作戦

 [U.C.0079/11/30]

 オデッサを連邦軍に占拠されたジオン軍が地上での起死回生を図って敢行した作戦。
 同年9月に行われた第1次作戦はいわば力押しのため失敗しており,その点を反省し,ジャブロー外部,内部からの2面作戦をとっている。(厳密に言えば,ジャブローへの入り口を発見したことから,この第2次を実施することを決定したため,主従は逆である。)

 当初,特務MSによる突入抗を掘削し,そこからの突入を考えていたが,マッドアングラー隊のMSによりジャブローMS用出入り口(機材搬入口との説あり)が発見され,そこから潜入を行った。

 マッドアングラー隊を始めとするMS部隊が,内部への破壊工作を行うものの全て阻止されている。また,ガウ攻撃空母による降下作戦の方は圧倒的な対空砲火と航空戦力の前に,その大半が降下前に撃墜されており,地上での作戦行動は大きく制限された。それにより降下したMS部隊も連邦軍のMS部隊や地上砲台にその大半が撃破され,事実上作戦は失敗に終わっている。
 これにより,その戦力の大半を失うことになったジオン軍,キャリフォルニア・ベースは直後に連邦軍の反抗を受け,占拠,陥落している。

戦闘経過

 宇宙世紀0079年11月27日,地球を一周し,連戦によってそのダメージを大きく蓄積したホワイトベースは,ようやく地球連邦軍総司令部のある南米ジャブローへと到達する。
 だが,この帰投がシャア大佐率いるマッドアングラー隊によって追跡されており,ホワイトベースの反応が消えた地点により,それまで不明であったジャブローの正確な位置が発見されてしまうこととなった。

 この連絡を受けたキャリフォルニア・ベースでは,直ちに攻撃部隊を編成,連邦の堅固な要塞であるジャブローに風穴を開けるべく,攻撃を実施することとなった。
 本作戦に投入されたMSは,53機とも54機とも(あるいはそれ以上とも)言われており,様々な説が存在する。一説には,MS-06型22機(06F/11,06F2/2,06S/3,06K/6),MS-07型13機(07B/11,07C-3/2),MS-09型7機,MSM-03型2機,MSM-04型6機,MSM-07型3機,MSM-10型1機と記録[2]されているが,様々な記録と照合すると,この機体数を上回るMSが投入されていたと考えて間違いではないだろう。

 0079年11月30日午前3時20分,マッドアングラーから水陸両用MS部隊が,先行してMSや地上兵装の探索のため出撃し,アマゾン川をさかのぼった。およそ2時間後の5時40分,ジャブローの入口が発見され,情報がマッドアングラー経由でキャリフォルニア・ベースに連絡される。ほぼ同時刻にジャブローでは先発部隊の存在を察知し,警戒警報が発令されている。

 午前6時30分,キャリフォルニア・ベースからガウ攻撃空母18機が出撃した。(これはキャリフォルニアの保有する全戦力であった。)一説には,ほぼこの時間帯にシャア大佐等が,内部で破壊工作を行ったとする説もある。
 午前7時20分,ガウ攻撃空母,ジャブロー上空でMS部隊の降下を開始するが,ジャブロー防空網の厚い対空砲火のなかで,半数余りのMSが効果前に撃破,あるいは乗機を撃墜されるという惨状であった。

 一方,先遣隊を始めとする内部への侵入部隊も,RX-78を始めとする連邦軍のMS部隊により,多くが撃破され,撤退を余儀なくされていた。

 午前8時30分,公国軍は撤退信号を上げ撤退を開始する。
 この時点で,半数以上のMSが撃破された上,輸送してきたガウ攻撃空母は,8機を撃墜されるという惨憺たる負け戦であった。

 備考

 戦略戦術大図鑑では,「第1次侵攻作戦は9月に失敗した」という情報しかない。
 内容については,機動戦士ガンダム劇中の描写を元に構成したものであるので,公式な描写では無い点を記しておく。

 関連項目


 編集者


[用語]
[用語・UC]


最終更新時間:2014年11月08日 17時36分36秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]劇中のジャブロー攻防戦が「第2次」であることは,戦略戦術大図鑑で触れられている。
  • [2]戦略戦術図鑑記載。