トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

ジークジオン編の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!SDガンダム外伝・ジークジオン編
*[作品]
!!データ
,作品データ{COLS:2},
,展開期間,1989/--〜

!!概要
1989年にカードダスで発売がスタートしたSDガンダム外伝シリーズの第1弾。
主人公は,騎士ガンダムで,これは一見,初代ガンダムを騎士風にアレンジした物に見える。
しかしながら,そのストーリー展開に当たっては,カードダスとは別の展開も行われている。
それが,横井孝二氏の元祖SDガンダムとコミックボンボンでの連載版,および,BB戦士のコミックワールドである。

ストーリーは,元は一つのガンダムが正義と悪の二つに分かれてしまい,それぞれ勇者と魔王という立場となって対立,最後はまた一つの体に戻り大いなる敵を倒すという話となっているが,カードダスやコミックボンボン連載版では,「何故ガンダムが二つの体に分かれてしまったか」については,きちんと説明されていない。
結局,そのストーリーを補完するには,他の作品も必然的に見る必要があり,そういう意味では,非常に商品展開がうまかったといえるだろう。
すなわち,カードダスで展開されたストーリーが基本的な物となり,他の作品でその隙間を埋めていくという流れであったということである。(現在のSEEDとASTRAYの関係といえば分かりやすいだろうか)

ちなみに,騎士ガンダムは,武者頑駄無真悪参の正義の心が具現化した物,魔王サタンガンダムは,悪の心が具現化した物,ということであり,武者ワールドとのリンクがなされている。(これは,後に武者シリーズの伝説の大将軍編,超機動大将軍編でさらなる補完が行われることとなる。)

キャラクタは,主にガンダム,Z,ZZのキャラクタやメカをアレンジした物で,それ以外のシリーズが追加されているという感じで,既にモチーフがわかりにくくなりつつあった戦国伝シリーズと比較するとだいぶあっさりとしたデザインである。
また,カードダスでは,カードゲーム以外にもカードに暗号を隠すなどの試みがなされており,様々な楽しみがあったと言えるだろう。

なお,このシリーズは,ファミコンでのゲーム化,OVA化などがなされている。
!!ストーリー概要
!汽薀ロアの勇者
:カードダスストーリー:

現在とは違う時代、どこかにあるという「スダ・ドアカワールド」。
この世界では,人間とMSが平和に暮らしていた・・・
ある日,一閃のイナズマと共に巨大な影がこの世界を覆った。「ジオンの魔王,サタンガンダム」だ。
魔王はこの世界から人間を追放し,MSだけの世界を作ると宣言した。
辺境の国、ここ「ラクロア王国」にも魔王の魔の手がのびてきた。
「ラクロアの国王,[[レビル|レビル王]]」は一人の勇者を選び、彼にこの世界を救うよう命じた。勇者の名は「騎士ガンダム」。
冒険の旅は,今,はじまった・・・・
:ストーリー補足:

漫画版やその他では,若干違う部分もあるが,基本的にストーリー展開は,カードダス版と同じである。
一部異なっているのは,サタンガンダムが目指したのが,MS族の世界というのとジオン族の世界という点だろうか。
また,他にも細かい点では差異が見受けられるが,総じて誤差の範囲と言っていいだろう。

横井氏の元祖SDガンダムでは,武者真悪参が雷に打たれ,異世界へ転移するシーンが描写されており,明確に武者世界との繋がりが示されている。
この関係で,伝説の大将軍編の武者頑駄無真駆参のBB戦士は,真悪参としても組むことができるようになっている。
また,現在にいたって,様々な作品での武者世界と騎士世界の連携は,当初から考えられていた,ということになるのである。

この分裂した真悪参の二つの人格の内,一足先にスダ・ドアカに転移していたサタンガンダムは,その配下を使って,ラクロアに侵攻を始める。
そこへ現れた騎士ガンダムの力と心を見たレビル王は,戦士ガンキャノン,僧侶ガンタンク等とともにサタンガンダムの討伐を命じるのである。
その後,騎士シャアとセイラが絡み,サタンガンダムを倒すための三種の神器争奪戦となるのだが,最終的には,三種の神器は騎士ガンダムへと渡り,サタンガンダムが変化したブラックドラゴンを倒すことに成功する。(しかし,その代償に炎の剣を失うのだが。)

また,元祖SDガンダムでは,力の盾も復活したファントムサザビーによって破壊されてしまい,三種の神器は,事実上失われてしまう。
その後,鍛冶屋テムの尽力で,力の盾と霞の鎧は,バーサル騎士ガンダムの鎧として生まれ変わるのだが,それはまた別の話である。

!凝狙發竜霓
:カードダスストーリー:

騎士ガンダムとの死闘の果てに敗れ去ったブラックドラゴンは,火口へと消えて行った。
再び平和な時が訪れるはずであった・・・・
ところが帰国した騎士ガンダム一行を待ちうけていたのは,廃墟と化したラクロア王国であった。
人影はまばらで,あたり一面に瓦礫の山が連なっている。
瀕死の重症を負ったレビル王がつぶやいた。伝説の巨人が現れた,と・・・
伝説の巨人打倒のため一行は再び旅立って行った。
:ストーリー補足:

カードダス第2弾をベースとしたストーリー。
こちらも展開については,ラクロアの勇者と同様の手法で行われている。

ブラックドラゴンを倒した騎士ガンダム一行だが,ラクロア王国へと帰ってみると,街は廃墟と化し,王城も破壊されているというショッキングな導入部となっている。
レビル王は,ダメージを受けており,王国はフラウ姫が守っている状態で,フラウ姫の言葉によれば,ラクロアを襲ったのは,伝説の巨人であったとのこと。そこで,騎士ガンダム等は,伝説の巨人を倒すために,再び旅に出るという流れである。
ところが,ここでまたひとつ裏があって,伝説の巨人の力を手に入れようとしたジオン族が泥の巨人(マッドゴーレム)を大量生産しており,さらに,,伝説の巨人こと石の巨人(サイコゴーレム)をも操ろうとしており,これによって,サイコゴーレムは暴れ,町を破壊していたというのがそのカラクリであった。

このストーリーには,もう一つ裏のストーリーがあり,こちらはブラックドラゴンの復活のストーリーとなる。
前話で倒されたブラックドラゴンだが,その精神は戦士ガンキャノンに乗り移り,巨人打倒を利用して復活に必要なアイテムを集めさせていたのだが,これに,ブラックドラゴンの子どもである,ドラゴンベビーの復讐がからみ,ストーリーが展開錯綜することになるのである。
結果,ブラックドラゴンは復活するが,それはまた第4弾のストーリーとなる。

!轡▲襯ス騎士団
:カードダスストーリー:

緑萌える地「ノア地方」。
だが,美しいこの地もジオン族によって完全に支配されようとしていた。
コンスコン王の治めるムンゾ帝国が,ジオンの三魔団の力を借り,その勢力を拡大しているのだ。
それに対し,ブレックス王の治めるアルガス王国は,ガンダム族の末裔率いるアルガス騎士団を建て,長く抵抗してきた。
しかし,騎士団の将である騎士アレックスは,ムンゾ帝国に囚われ,アルガス騎士団は窮地に追い込まれた・・・・。
その頃,一人の男がこの地にたどり着いた。
厳しい修行の旅でたくましく成長した,騎士アムロだった・・・・。 
:ストーリー補足:

カードダスストーリーをベースとした第3弾。
ここで物語は初めてラクロア王国を離れ,スダ・ドアカワールドの展開が大きく始まったといってもいいだろう。

また,このシリーズでもう一つ大きな設定が行われている。すなわち,「ガンダム族」という設定で,これまでは「あくまで武者頑駄無真悪参のスダ・ドアカワールドでの姿」でしかなかった,「ガンダム」というキャラクタをその世界の中の一員として取り込んいるのである。
つまり,武者世界では,数多くの「ガンダム」が存在するが,騎士世界でもまた「ガンダム」は特別な一族であるが,やはりそれなりの数,存在していることを示したのである。

むろん,このころに数多く登場していた「ガンダム(Zガンダム,ZZガンダム,etc.)」をこの世界に取り込むため方便であるわけだが,この設定が存在したことから,これから後,数多くの「騎士ガンダム」が登場することができるようになったのである。

ストーリー的には,アムロ編とも言うべきもので,ラクロアの勇者の後日談で旅に出たアムロが一流の騎士として成長し,個々のの力は優れているものの,騎士アレックス不在でその力を出し切れていなかったアルガス騎士団をまとめることがストーリーの柱となっている。
また,本作で登場したアイテム(梟の杖など各ガンダムの所持しているもの)は,後のストーリーで重要な役割を果たすこととなり,いわばこれが故に,外伝は,その展開において大きな可能性を作り出したことになるのである。

!幻の騎士
:カードダスストーリー:

騎士アレックスとアルガス騎士団は,騎士アムロに導かれラクロア王国にたどり着いた。
復興した町で,バーサル騎士ガンダムらが一行を暖かく迎えた。
その夜,歓迎の席で騎士アレックスの腰のハープがフラウ姫に反応した。心清らかなる者のみが,真の力を引き出せるという「導きのハープ」,フラウ姫は意を決し,ハープを奏で始めた。
突然,ガンダム達の体が光に包まれ,そのまま宙に浮かび上がり,その光の中に消えて行った。
残された人々は,ただ呆然とするだけだった・・・・。
:ストーリー補足:

ジークジオン編の完結編。
アルガス騎士団とバーサル騎士ガンダムが合流し,当時映像として存在したガンダムの全て(バーサル騎士=初代ガンダムと扱って)が騎士へとアレンジされて登場したことになった。

ストーリー的には,それほど大きな起伏はなく,導きのハープによってムンゾ界へと転送されたガンダム達が最後のボス,ジーク・ジオンと戦い勝利するまでが描かれている。
そして,復活したネオブラックドラゴンとバーサル騎士ガンダムとの戦いを描いて,本作は終了することになる。
なお,媒体によってネオブラックドラゴンの復活劇には若干の差異がある。(漫画版ではドラゴンベビーが死亡しているが,他の媒体ではブラックドラゴンと融合する場合もある。)

{{category_list 外伝・キャラ・ジークジオン編}}
!!関連項目
*カードダスリスト・ジークジオン編

!!編集者
*あさぎり
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。