トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

サナリィ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

S.N.R.I / サナリィ / 戦略海軍研究所

  • [用語]
  • 分類:企業
  • 区分:宇宙世紀
  • 出典:機動戦士ガンダムF91

 説明

 [Strategic Navalre Sea Rchinstitute]

 サナリィとは海軍戦略研究所(STRATEGIC NAVAL RESEARCH INSTITUE)の略称が社名化したもので,元々は地球連邦軍の宇宙艦隊の戦術や新兵器の開発を研究する直属の機関であった。
 前身はサイド1を手掛けたスペースコロニー建設企業連合体まで遡り,地球連邦軍に買い取られた後,戦略兵器の研究所として発展したようだ。
 コロニー公社との関係も深く,内戦状況に対しては中立を貫いている。

 U.C.0093年の「シャアの反乱」以降,平和な時代が続いたことで,従来軍用でしかなかったモビルスーツからのスピン・オフ技術も無視出来ない状況となったため,軍がMS研究機関を発足させたものである。なお,その際に組織の一部を再編しており,公的機関に準ずる企業体でありながらも利益による運営も考慮はされていた。

 U.C.0100年代に入ると,運用されてきたモビルスーツが,一年戦争当時の機体と比較して2割以上も巨大化しており,運用コスト(特に,各種設備や艦艇)の増大が連邦軍の予算執行において大きな問題となっており,これを削減するための提言として,U.C.0102年「小型モビルスーツの開発」を地球連邦軍に提唱している。
 だが,この要請を受けたAE社が開発した「RGM-109」の性能は低く,独自に「F90」を完成させ,コンペでその性能と技術差を見せつけた。
 以後,「Fシリーズ」を展開し,数々の高性能小型MS群を独自に開発している。

 本部は元々地球にあったが,フォン・ブラウン市に遷都したのに合わせて移転し,新興サイドのフロンティア気MS研究施設本部が設けられた。

 U.C.0128年頃から,宇宙海賊クロスボーン・バンガードとも接触を持ち,試作MSを数体貸与している。
 なお,木星戦役後は,サイド2支部がザンスカール帝国軍に接収され,ベスパの母体となった。

参考データ
代表取締役不明
資本金(#1)不明
年間売上(#1/2)不明
従業員(#3)不明

#1:特に断りが無い限り,単位は「億」。通貨単位は「クレジット」だと思われる。
#2:特に断りが無い限り,U.C.0099年期
#3:単位は「名」

S.N.R.I.第2月面開発実験所

  • 出典:機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人

 F99の開発を進めていたサナリィの研究施設。

 関連項目

 編集者


[用語]
[用語・UC]


最終更新時間:2015年09月04日 21時58分42秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注