トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

エンドラ級宇宙巡洋艦

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

エンドラ級宇宙巡洋艦


 説明

 ムサイ級をその設計の根底におき,小惑星衛星基地アクシズで開発された新造艦艇。基本コンセプトであるモビルスーツを運用のためのサポート艦という部分はムサイ級そのままに,全ての面において強化された艦艇である。そのため,単艦,あるいは2〜3艦での作戦行動が可能で,第1次ネオ・ジオン戦争の主力となった。なお,こうした経緯から,エンドラ級と呼ばずに,ムサイ級の一種(あるいは発展型)として,ムサイ級の一部に分類する資料も存在している。
 なお,本級はネオ・ジオン艦隊の主力艦として,第1次ネオ・ジオン戦争では数多くの艦が実戦参加しているが,一部はグリプス戦役時すでに就役し実戦参加している。

構造

 基本構造は,ムサイ級のものを踏襲しており,船体がブロック構造化されているのが特徴である。しかしながら,内部構造は大きく見直され,作戦運用物資のカーゴやコムサイの係留を行っていた前部ブロックは,ほぼ全てをモビルスーツ運用のための格納庫やカーゴブロックとしている。

 前部ブロックには,ムサイ級には存在しなかったモビルスーツ用リニアカタパルトが設置されており,カタパルトの射出距離を稼ぐためか,X字に交差しているため,MSは交互射出を行うようになっている。(ムサイ級には射出設備はあったが,カタパルトは存在しなかった。)
 搭載モビルスーツの総数は不明であるが,一説では常時6機が稼働状態(同時運用可能)であるとされており,この点で既にムサイ級の運用数を超えている。また,モビルスーツデッキとは別にユニット単位で分解された機体を搭載することも可能で,実際にはかなりの数のモビルスーツを運用することが可能である。サイド1の1バンチに投入されたネームシップ・エンドラでは,試作モビルスーツ以外にもガザタイプが確認されるなど,かなりの数のモビルスーツを運用しており,実際の搭載数はムサイ級の比ではないと考えられる。

 ムサイ級では,2つの独立したブロックであったエンジンブロックは,本級ではひとつの大型ブロックに変更されている。

 本級に搭載されるコムサイは,ブリッジ後方へと移動しており,ブリッジから直接移動可能となっている。しかし,コムサイを搭載してはいるが,専用のバリュートも存在し,艦自体が大気圏突入を行うことも可能である。(ただし,単艦での大気圏離脱は不可能であり,ブースターを装着するなどの措置が必要。)
 実際に,第2次ネオ・ジオン戦争中期には,多くの艦がダカール制圧のために大気圏内に降下しており,ミノフスキー・クラフトによる大気圏内航行中の姿が確認されている。

武装

 本級の武装は,単装型のメガ粒子砲が5門に加え,エンジンブロック上部の収納式メガ粒子砲2門,ミサイルランチャーなどとなっている。基本的にモビルスーツ運用に特化した艦であり,過剰な武装が装備されていないため,対艦戦に向くとは言いがたい艦となっている。
 メガ粒子砲のうち下部2門は,当初から横方向に向けられており,同一方向への同時射撃は基本的に不可能である。これは,横腹を向けて敵艦と併走しながら同航砲撃戦を行うのが前提となっているためであり,このことからも一撃離脱戦闘や大規模艦隊戦を想定した艦ではないことをうかがい知ることができる[1]

 しかしながら,第2次ネオ・ジオン戦争末期には,ネオ・ジオン軍の内部分裂もあり,想定した運用法で用いられないことも多く,無駄に消耗した艦も多かったとされる。

 登録艦


 関連項目


 編集者


[用語]
[艦種]
[用語・UC]


最終更新時間:2012年11月28日 18時35分27秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]宇宙空間での艦隊戦は,海上艦隊戦とは異なり,遠距離からの撃ち合いが主となる。このため,投影面積を減らすために艦の正面を敵艦に向けるのが常識的な戦闘配置となる。(詳細は,「宇宙空間での艦隊戦闘」を参照のこと。)エンドラ級はこうした常識を覆す武装配置であり,あくまでもコロニー制圧を前提としたものであると想定できる。