トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

エドワード・ハレルソンの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!エドワード・ハレルソン
*[キャラ]
!!データ
,パーソナルデータ{COLS:2|LEFT}
,所属,地球連合軍→南アメリカ軍
,階級,中尉
,主な搭乗機,ソードカラミティ{{br}}レイダー制式仕様
,異名,切り裂きエド{{br}}南米の英雄
,年齢,28歳
,タイプ,ナチュラル
//,血液型,etc
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,登場世界,コズミック・イラ
,声優,松本保典(ASTRAY)
!!解説
 地球連合軍のモビルスーツパイロット。
 元々は戦闘機乗りで,南米での戦闘において搭乗するスピアヘッドの翼でザフトのAMF-101《ディン》を切り裂いたことから「切り裂きエド」の異名で呼ばれるようになった。

 その後,連合がモビルスーツ開発に成功すると,第2期GAT-Xシリーズの開発機のひとつGAT-X133《ソードカラミティ》を与えられ,大きな戦果を挙げることとなる。彼の駆るソードカラミティは,敵を倒すたびにまるで返り血を浴びたように敵のオイルで汚れていたことから,さらに「切り裂きエド」の異名が広がることとなった。

 この後,軌道上でサーペント・テールの叢雲劾と一戦交えた後,連合本部ジョシュアなどでの連合(大西洋連邦)のやり口に疑問を持ち機体ごと脱走,故郷である南アメリカのために戦い続けることとなった。
 ここでも彼の活躍はめざましく,故郷である南アメリカ合衆国の独立戦争では「南米の英雄」と呼ばれるようになる。
 こうした活躍の結果,これを疎ましく思う大西洋連邦によって数多くの刺客を送り込まれることとなるが,かろうじてそれらを退け続けていた。最終的には,彼の恋人でもあったレナ・イメリアが送り込まれ,そのソードカラミティと相討ちとなり重傷を負う。
 その後,これを取材していたジェス・リブルらの尽力により,ミハイル・コーストの元で療養することとなる。
!!登場作品
:/公式・準公式作品/:
[[機動戦士ガンダムSEED ASTRAY]]
[[機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY]]
機動戦士ガンダムSEED MSV
機動戦士ガンダムSEED MSV戦記
[[機動戦士ガンダムSEED MSV 切り裂きエド]]

:/非公式作品/:

!!関連キャラ

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
*だっちん
----
{{category キャラクタ・え}}
{{category キャラクタ・ASTRAY}}
{{category キャラクタ・D-ASTRAY}}
//{{category キャラクタ・作品コード}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。