トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

ウィルゲム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ウィルゲム


 説明

 イングレッサ領の近郊,キングスレー地方オーバニー渓谷のマウンテン・サイクルに埋蔵されていた宇宙戦闘艦。かつてディアナが地球にやって来た際に一時の逢瀬を重ねた青年,ウィル・ゲイムの子孫が,再びディアナとの邂逅を夢見て発掘をつづけていた。

 黒歴史の遺産として,かつて用いられていた宇宙艦艇をナノマシンが復元した艦艇であるが,そのベースとなった艦種については,はっきりと判ってはいない。

 全長百メートル,全幅七十数メートル(最大幅八十メートル余り)の長大な三角形をした艦艇で,生命維持装置を含めた機関部と,モビルスーツ格納庫,計6門のメガ粒子砲を賄う大容量コンデンサに大部分が占められ,居住区はそれらに追いやられる形で艦橋構造部周辺に集中している。
 直径二十メートルのメインノズルが三基と,それより二回り小さいサブノズルが四基,艦尾に設置されており,推進器として機能している。推力は,噴射から十秒後には音速の二百数十倍の速度に達するほどのもので,小型の艦艇としては大きなものとなっている。 この形状は,大気圏内でも行動可能なリフティング・ボディの機体となっており揚陸ブースターとの合体により単独で衛星軌道へ再離床する性能を持っている。
 各ブロックごとに外周監視用モニターが設置されており,舷窓さながら外の風景を伝える三十センチ四方のモニターには,各種情報を投影することが可能。
 通路は人がすれ違うのにも苦労する狭さで,戦闘用艦艇の機能性などは望むべくもなく,どちらかといえば,試作艦的な印象が残る。
 武装は,主砲にメガ粒子砲を備え,船尾にはCIWS(近接防御システム)が設置されている。

 ミリシャとムーンレィスの混乱の最中,今代のウィル・ゲイムがその命を落とした後は,ミリシャが発掘を引き継ぎ,ムーンレィス側の技術者の協力により修復され,再び空を舞うこととなった。
 ウィルゲムの名称は,グエンが発掘者であるウィル・ゲイムの名前から命名している。
 発掘後は,ミリシャ側の旗艦として運用され,マニューピチよりザックトレーガー経由で月へと向かうこととなる。
 しかし,月においてグエンが離反,ギンガナム艦隊の一員として地球へと戻った。その後,∀とターンXの戦いの最中ブリッジが損壊し,艦はミリシャに回収され,修復されることとなった。
 その後,ディアナ・ソレル(実際はキエル・ハイム)の月への帰還に用いられている。

 なお,一説[1]によれば,グエンの野望に用いられた本艦は,カイラス・ギリのビームによって,蒸発したともいわれる。

 スペック/データ

データ

  • 所属:ミリシャ
  • 艦長:グエン・サード・ラインフォード

スペック

スペック
全長100m
全幅70数m
最大幅80m余
基準排水量Unknown

搭載機

  • ∀ガンダム
  • カプル
  • ボルジャーノン
  • ゴドウィン

 武装

  • メガ粒子砲
  • CIWS

 関連項目

 編集者


[艦艇]
[艦艇・∀]


最終更新時間:2011年11月27日 10時40分11秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]福井版小説では,カイラス・ギリの照射により蒸発している。