トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

アーガマ級強襲揚陸艦

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

アーガマ級強襲揚陸艦 / アーガマ級強襲機動巡洋艦


 説明

 エゥーゴで建造された強襲揚陸艦。一部資料では,機動巡洋艦というカテゴリで分類されている場合がある。

 エゥーゴの創設者であるブレックス・フォーラ准将がスウィートウォーターで極秘に開発を進めていた艦で,完成後はエゥーゴの象徴として運用された。
 基本設計思想は1年戦争時のペガサス級強襲揚陸艦ホワイトベースを参考にしているため,当初はホワイトベース兇噺鴇里気譴討い拭
 しかし,進宙時にスポンサーである,アナハイム会長メラニーによって,アーガマと名付けられ ,以後,本級のことをアーガマ級と呼称することとなった。

構造

 ペガサス級の流れをくむ為,その艦構造も準じており,ペガサス級のカタパルト兼MSデッキブロックが,カタパルトに置き換えられた以外は,外見もよく似ている。しかし,内部構造は大幅に見直されており,MSデッキは艦中央のブロックに移され,ペガサス級では重力制御ブロックとして艦中央部にあった居住区が外部に露出,アームをのばして回転させる遠心重力を発生させるタイプに変更になっている。(なお,後に建造されたペガサス靴任蓮げ鹽昭圧鐔札屮蹈奪は廃止されている。)
 また,ペガサス級ではそのまま大気圏突入/脱出が可能であったが,アーガマ級では,突入時にはバリュートが,離脱時には大型ブースターが必要となっている。これは,機能面での見直しが進んだためであり,必要最小限の機能を持たせ,それ以外の機能をオプションで対応するという,万能型を目指したペガサス級とは異なる部分である。

武装

 火力は,ほぼペガサス級に準ずるが,対空砲が少なくなっており,防空能力は,後のアイリッシュ級よりも劣っている。これは,機動巡洋艦というもう一つの艦種が示す様に,あくまでも機動性に富んだ遊撃艦としての運用が前提にあったためであり,1番艦アーガマは,エゥーゴの月軌道艦隊(グラナダ艦隊)に所属していながら,実際には遊撃部隊として運用されていた事例もこれを証明している。
 なお,後に,メガ粒子砲を強力なハイパーメガ粒子砲に載せ替えており,数隻建造されたといわれる同型艦も同様の改修が行われたものと思われる。

 登録艦


 関連項目


 編集者


[用語]
[艦種]
[用語・UC]


最終更新時間:2011年08月11日 18時26分49秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注