トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔ZMT-S16G〕メッメドーザの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔ZMT-S16G〕メッメドーザ]]
!!!メッメドーザ
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,ZMT-S16G
,兵器区分,-
,兵器区分,陸戦飛行型試作モビルスーツ
,所属,ザンスカール帝国軍
,パイロット,クワン・リー
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,石垣純哉
,初出作品,機動戦士Vガンダム
,参考文献,GUNDAM WAR{{br}}GジェネレーションF{{br}}Gジェネレーションポータブル

,参考文献,GUNDAM WAR{{br}}GジェネレーションF{{br}}Gジェネレーションポータブル ほか
!!スペック
,項目,内容
,全高,UN
,頭頂高,14.7 m
,本体重量,8.5 t
,全備重量,26.2 t
,ジェネレータ出力,5570 kW
,スラスタ推力,26960 kg x 2,10840 kg x 2
,全高,Unknown
,頭頂高,14.7m
,本体重量,8.5t
,全備重量,26.2t
,ジェネレータ出力,5570kw
,スラスタ推力,26960kg x2,10840kg x2
,アポジモーター数,6
,装甲材質,ハイチタン合金ネオセラミック複合材
,黒歴史コード,05-2374867

!!武装
!メガマシンキャノン x2
!ビームサーベル x1
!メガビームガン x2
!ビームライフル x1

!!概要
地球上におけるMSの機動性の確保を目指して開発された機体の一つである。
ザンスカール帝国軍のMSは地球上ではビームローターを利用した機動を行っていたが,ビームローターによる機動は,左腕を拘束されるという欠点があり,MSモードでの戦闘力には疑問点が投げかけられていた。(ただし,ゾロやトムリアットはMAモードを基準とした運用を前提,すなわち掃討戦を前提としていたため問題視されにくかった。)
この点は,シャッコーやゴッゾーラ等非可変MSでは大きな問題であったため,ビームローターの取付位置の試験機として本機が開発されたのである。
 ZMT-S16G《メッメドーザ》は,ザンスカール帝国軍が開発した陸戦用モビルスーツの一種である。この機体は,地球上におけるモビルスーツの機動性の確保を目指して開発された機体のひとつで,ビーム・ローターによる飛行能力を有している。
 元々,ザンスカール帝国軍のモビルスーツは,地球上ではビーム・ローターを利用した機動を行っていたが,従来型のビーム・ローターによる機動は,左腕を拘束されるという欠点があり,モビルスーツ形態の戦闘力には疑問点が投げかけられていた。(ただし,ZM-S08G《ゾロ》やZM-S09G《トムリアット》は飛行形態を基準とした運用を前提,すなわち掃討戦を前提としていたため問題視されにくかった。)
 この点は,ZMT-S12G《シャッコー》やZMT-S13G《ゴッゾーラ》といったモビルスーツ形態のみの非変形モビルスーツにおいて大きな問題点となっていた。
 このため,ビーム・ローターの取り付け位置や運用法の試行錯誤が行われ,その中で開発されたのが,本機,メッメドーザなのである。

本機の特徴として,両肩部に取り付けられたツインビームローターがある。これにより,通常のMSの運用に比較して格段に腕の自由度が上がり,様々な局面に対応することができるようになった。また,両脚部には大型ジェットエンジンが内蔵されており,空中での機動性はかなり高いと言える。
しかしながら,本機はいくつもの問題点を抱えており,さらにザンスカール帝国軍のMS運用の方針が変わってしまったため,制式採用されることはなかった。

 本機の特徴として,両肩部に取り付けられたツイン・ビーム・ローターがある。
 これにより,通常のモビルスーツの運用と比較して格段に腕の自由度が上がり,様々な局面に対応することができるようになった。また,両脚部には大型ジェットエンジンが内蔵されており,空中での機動性はかなり高いと言える。
 しかしながら,本機は飛行時の安定性など,いくつもの問題点を抱えており,さらにザンスカール帝国軍のモビルスーツ運用の方針そのものが変わってしまったため,制式採用されることはなかった。
!!引用
!GUNDAM WAR 革新の波濤 ザンスカール帝国 U-Z16
特徴的な2基のビームローターと,両足のファンによる,空中戦闘能力を追求した機体。クワン・リーが搭乗し,アーティ・ジブラルタルの攻防で投入された。

!GUNDAM WAR 変革の叛旗 ザンスカール帝国 U-Z92
べスパの試作MS。ビームローターの問題点を解消すべく開発された機体で,空中での機動力が大幅に向上している。アーティ・ジブラルタルの戦闘でシュラク隊のケイト機を撃破した。

!テレビランド 93/08
新型の地上用MS。両肩のビームローターをつかって,変形しないで空をとべるぞ。武器はビームライフルや,肩のビーム砲などだ。

!ガンダムメカニクス
ビーム・ローターと変形機構の導入により,ZM-S08Gゾロを始めとするベスパの可変MSは,空中でも高い機動性を得た。しかし,飛行形態がMS形態に比べて攻撃面で劣ることは否定できず,いかに戦闘力を維持するかが課題とされた。ZMT-S16Gメッメドーザの設計コンセプトは「MSによる空中戦闘」である。両肩にビーム・ローター2基,両足にターボ・ファン・エンジンを内蔵,MS形態のまま飛行できる。解放された両腕には,ビーム・シールドや強力な火器を自由に装備可能で,空中でも地上と遜色のない攻撃能力を発揮できる。

!GジェネレーションF / Gジェネレーションポータブル
ザンスカール帝国の地上用試作MS。
空中戦闘能力の向上を主眼に置いて開発された機体で,変形を行わずに大気圏内長距離飛行を行なうことができる。
両肩にビームローター,両足にターボ・ファン・エンジンを装備しており,極めて高い飛行性能を発揮する。
また肩部にローターを装備しているため,飛行中も両腕を使って戦闘を行うことができる。
性能的には問題はなかったが機体のコストが高く,量産は行われていない。
試作機1機がアーティ・ジブラルタルの戦いに投入されたが,Vガンダムによって撃破されている。

!New MSV ハンドブック2
ベスパの地上用MS投入で問題になったのは,ビームローターが装備される腕部の自由度が減少することにあった。実際には,戦闘状況に陥ったMSは,ビームローターの機動性だけでは交戦しておらず,機体各所に配置されたアポジモータなどで機動していたのだが,それでは戦闘への柔軟な対応が困難であったため,状況によらない固定武装としての爛咫璽爛蹇璽拭/ビームシールド″の開発が待望されていたのである。
これに前後して,空間戦闘用のMSにおいても,ビームシールドの設置部分の再検討が行われていたのは周知の事実である。ビームローターの開発当初,ローターの基部をどこに設置するかは徹底的に検討されたが,結局ゾロやトムリアットなどでは,巡航状態とMS形態での設置場所を変更するという方法が採用されていた。
メッメドーザは,その中で採用されたツインビームローターを搭載した機体である。無論,他の機動を伴わせるため,脚部には熱核ジェットを装備し,機動性は格段に向上している。

 新型の地上用MS。両肩のビームローターをつかって,変形しないで空をとべるぞ。武器はビームライフルや,肩のビーム砲などだ。
!!備考

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・Z}}
{{category モビルスーツ・V}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。