トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔ZMP-47D〕105mmマシンガンの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!105mmマシンガン
*[武器]
!!データ
,製作データ{COLS:2}
,デザイナー,大河原邦男
,初出作品,機動戦士ガンダム
,参考文献,MG ザク汽ぅ鵐好肇薀ション

!!スペック
,項目,内容
,制式番号,ZMP-47D
,兵器区分,105mmマシンガン
,所属,ジオン軍
,運用MS,MS-05 ザク
,推奨ジェネレータ出力,/
,口径,105mm{{br}}120mm
,総弾数,100/145発
,出力,/

!!概要
MS-05で採用された105mmマシンガン。
後に口径が120mmに変更された。

!!引用
!MIA データシート
:モビルスーツ時代の幕開けを告げた号砲 戦乱のエポックメーカー:
ZMP-47Dは,ジオン公国軍主力モビルスーツ「ザク」のために開発された初の専用マシンガンだ。原型となった「ZXM-1試製マシンガン」は既存の100ミリ速射砲の改造機で,操作性,信頼性などすべての点において関係者を満足させることはできなかった。この結果を踏まえてジオン技術陣が新たに開発したのが,このZMP-47Dである。当初,口径105ミリの威力は必要十分と思われたが,威力不足を指摘する声が相次ぎ開戦直前には120ミリへ引き上げられ,以後この口径はジオン軍のメインキャリバーとなる。特徴的な右側面縦置きのドラムマガジンと再度スイング式フォアグリップは,ザクの肩部関節の自由度を考慮した妥協の結果だ。しかしその結果,この銃を構えるためには一度ドラムマガジンをはずすことが必要となり,操作性には少なからぬ課題を残すこととなった。

:TOPICS:
ユニークな縦置きドラムマガジン方式が採用された主力兵器はZMP-47Dが最初で最後である。

!1/100MG 黒い三連星専用ザク インストラクション{{br}}1/100MG ザク機淵薀鵐弌Ε薀訐賤儺  インストラクション
 MS-05Aタイプの,いわゆる"ザクマシンガン"のファーストモデル。旧ザクのもっとも一般的な携行武装で,一年戦争勃発までの戦闘において多用されていた。
※これらのインストラクションでは,47Dは120mmであるとされている。

!!備考

!!関連項目
*[[〔ZXM-1〕試製マシンガン]]

!!編集者
*あさぎり
----
{{category 武器}}
//{{category モビルスーツ・}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。