トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔YRMS-106〕先行量産型ハイザック(ビグウィグ運用時改装型)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔YRMS-106〕先行量産型ハイザック]]
!!!先行量産型ハイザック / ハイザック先行量産型
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,YRMS-106
,兵器区分,汎用量産MS先行量産型
,所属,ティターンズ
,パイロット,カール・マツバラ
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,ベースデザイン:藤田一己{{br}}アレンジ:藤岡建機
,初出作品,ADVANCE OF Ζ〜ティターンズの旗のもとに
,参考文献,GUNDAM WAR ほか
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,18.0m
,本体重量,38.7t
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,1428kw
,スラスタ推力,Unknown
,装甲材質,ルナチタニウム
!!武装
!ビームライフル
 ハイザック用に開発されたビーム・ライフル。
 EパックはT3部隊で使用されているタイプに変更されている。他のT3部隊のMS同様,Eパック・ホルダーも装備している。
!ビームサーベル
!!概要
 YRMS-106《先行量産型ハイザック》は,一年戦争後に地球連邦軍が本格量産に至った初の新型量産機とされるモビルスーツであるRMS-106《ハイザック》の量産に際して,各種評価のために建造された先行量産型である。
 ハイザックは,RX-106の型式で試作が行われた後,アナハイム・エレクトロニクス社によって量産モデルが開発され,世に送り出された機体である。

 かつてジオン公国軍が運用した名機MS-06《ザク供佞鰈牌覆箸気擦覽‖里蓮ぅ競兇魍発したメーカーであるジオニック社を吸収合併したアナハイム社が,既存の生産設備を流用することで生産が可能な形に再設計されたものである。
 外観のみならず,内部構造もこうしたジオン系の技術が使用されており,この点から言えば,連邦系とジオン系の技術が中途半端に融合したとも言え,ハイザックの評価に影響を与えていることも間違いない。
 しかしながら,ザク兇覇世蕕譴慎蚕僂投入されたことで,生産性と稼動における信頼性は高く,ビーム兵器の運用はもちろん,量産機としてはじめて「リニアシート」と「全天周囲モニター」を標準装備するなど意欲的な機体として評価されるものとなった。

 本機の生産時点で連邦軍ではほぼ制式採用が内定しており,ティターンズでも採用を検討するためT3部隊にも評価試験機が納入されている。
 しかし,あまりにもザクを連想させる外観から,ティターンズ隊員には不評であったが,組織の拡大に伴いティターンズでもMSの数の確保が必要となり,結果的には制式採用を余儀なくされている。

 本機は,テスト運用に際して,大型メガランチャーであるBL85X「ビグウィグ」との連動が行われている。
 この際に,機体を小改造しており,右肩のシールドが取り払われ,左肩スパイクアーマーのスパイクも取り外されている。
!!引用

!!備考
!出自について
 先行量産型ハイザックの原案は,月刊OUT 1985年8月号に掲載された「Ζ World」に書き下ろされた機体である。
 デザイン的にはほぼ完成したもので,白黒ページであったことから,カラーリングが明らかでは無かった点と,機体の詳細がはっきりとしていなかった。
 これがAOZにおいて,同じ型式で登場し,明確な立ち位置が設定されたのである。
 このため,この機体は,Ζ Worldの機体と同一機として扱っている。
!!関連項目
*[[〔RMS-106〕ハイザック]]
*[[MS-LEXOCONのデータを参照する|MS-LEXICON:ハイザック先行量産型]]
!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・Y}}
{{category モビルスーツ・AOZ}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。