トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔YMS-18〕プロトタイプケンプファー(アキラ機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

プロトタイプケンプファー / ケンプファー(試作機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号MS-18F
兵器区分汎用攻撃型モビルスーツ
所属ジオン公国軍残党
パイロットアキラ
製作データ
デザイナー福地仁
コミック用アレンジ:美樹本晴彦
初出作品機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル
参考文献1/144 ケンプファー インストラクション

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

 YMS-18系は,武装は基本的にすべてオプションで供給するというのが設計段階からのコンセプトであった。ここに提示している武装は,MS-18Eを含め,使用が想定される武装である。

60mm機関砲

ビームサーベル x2

 機体の大腿部に装備される専用タイプ。
 グリップの末端の形状が異なり,ビームの形状も"反り"の入ったバイアスタイプ。
 デバイスはMS-14用の物の派生型らしい。
 次世代量産機のプロトタイプとして少数が先行量産された。

ショットガン

 MS-18専用のショットガン。作動の確実性を重視したスライドアクションである。9発の金属球の入ったOOパックの弾体(弾体にルナ・チタニウムを使用している)を撃ち出す。

360mm ジャイアントバズーカ x2

 リック・ドム凝が標準的に装備するのと同型のジャイアント・バズ。
 実体弾を射出するMS用の武装としては、最大級の威力を発揮する代表的な大型火器。

チェーンマイン x1

 円盤状の炸薬弾を複数個つなげ,あたかもムチのように敵MSにからませ,爆発させる兵器。
 実戦使用例は少なく,強襲用MSケンプファーが使用した唯一の格闘用兵器でもあった。

シュツルム・ファウスト

 一年戦争後期に多用された使い捨てのロケットランチャー。
 自動追尾装置などはなく,移動する標的に命中させるのは非常に難しいが,携帯用の武装としては強力。

 概要

 MS-18F《ケンプファー》は,一年戦争末期にジオン公国軍が開発したモビルスーツである。

 一年戦争末期,公国軍はその劣勢から,様々な劣勢の打開のためのプランを実施しているが,その中でも後年有名となったのが,統合整備計画とペズン計画である。(これ以外にも様々な新兵器開発プランが存在しており,中には巨大モビルアーマーの建造プランすら存在している。)
 これら2種のプランは,一年戦争後の地球連邦軍のモビルスーツ開発に対しても大きな影響を与えたため,様々な場面で目にすることが多いことが理由のひとつであるが,実際に開発されていた機体が,高性能なものであったことが立証されていることもまた,有名となった理由のひとつである。
 こうした計画の中に,公国軍の末期開発モビルスーツプランとして,YMS-16系,YMS-17系,YMS-18系の3種のプランが存在していた。
 YMS-16系は,モビルスーツの多機能化(あるいは単機能への極端な特化も含まれる)を想定したプランで,ニュータイプ対応型や長距離砲撃型,多機能汎用型など,多数のプランが提示されており,16ナンバーを付与された機体そのものは数種が確認されている。
 YMS-17系は,様々な状況下での対モビルスーツ戦に特化した機体の開発というプランであり,これはペズン計画における次世代高級機MS-17系へと集約されている。
 一方,YMS-18系は,既存のカテゴリーに拘らない,モビルスーツそのものの新たな運用法やコンセプトを開拓することを目標としたプランだったと言われている。(なお,派生プランとして,MS-19系が存在するとも言われる。)

 本機,YMS-18は,YMS-18構想における各プランのじつげんのための素体と位置づけられる機体であり,フレーム部分を共通にし,装甲と装備によってその運用時における戦術を変えることが可能であった。

 なお,YMS-18系のメインフレームそのものは,MS-06系を元にしており,各部部材もMS-07系やMS-06系のものをベースとしている。これは,統合整備計画による恩恵のひとつで,結果として極めて生産性も高い機体となっている。
 しかしながら,初号機を含む生産型のロールアウトは,先行したE型ですら終戦のわずか数日前であったといわれており,F型の実際に配備された機体は確認されていない。

 引用

ガンダムエース 2009/10付録 ガンダムエースコミックス MS COLLECTION

 大推力のスラスター及び姿勢制御用バーニアを全身に装備した強襲型MSケンプファーのプロトタイプ。通常機とは頭部や肩部アーマー,胸部の形状に違いがある。多彩な武装を全身に装備し,ティターンズのMS部隊を1機で全滅させた。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・Y]
[モビルスーツ・Ecole]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年08月15日 20時23分57秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注